映画『氷菓』は11月3日(金)より全国公開

『氷菓』山﨑賢人&広瀬アリス インタビュー

インタビュー

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

未来のために、今を全力投球!

アニメ化もされ人気を博した米澤穂信のミステリー小説を映画化した『氷菓』。ダブル主演を務めるのは、出演作が途切れることのない若手人気俳優の山﨑賢人と広瀬アリス。本作で3度目の共演を果たした二人が、お互いの印象や、いま感じている自身の課題などを語り合った。

4年ぶりの共演で息ピッタリ!

Q:山﨑さん演じる奉太郎は“省エネ探偵”、広瀬さん扮する、えるは“好奇心炸裂お嬢さま”という役柄でしたが、ご自身が演じた役柄にどんな印象を持ちましたか?

山﨑賢人(以下、山﨑):僕自身も合理的でありたいとは思っているのですが、いつもくだらないことばかりしてしまうので、奉太郎みたいな立ち振る舞いに憧れます。

広瀬アリス(以下、広瀬):アニメが人気なので、そちらのえるの印象が強いと思うんです。今回は小説版の実写化なので、あまり意識せずに臨みました。

Q:テレビドラマ「35歳の高校生」以来、久々の共演でしたが、変わったと感じる部分はありましたか?

広瀬:成長していないという意味ではありませんが、撮影現場での居方など全然変わってないです。結構マイペースですが、それが嫌味ではなく、皆の癒やしになっていました。それはテレビドラマ「黒の女教師」で初めて会ったときから本当に変わってないです。

山﨑:アリスもまったく変わらないです。媚びないというか、すごくストイックなところとかも昔のままです。

Q:お互いが感じる役者としての魅力は?

山﨑:迷いが一切ないです。器用だし、普通に芝居もうまいです。あとはハーフだし(笑)。

広瀬:違うから! 純粋な日本人だし! スタッフさんやキャストの方たちと仲良くやっているので、彼が撮影現場にいるのといないのとでは全然違います。あとは本番前にしっかり空気感を作ってくれるのはありがたいです。

山﨑:字がめっちゃキレイ。劇中で手紙が出てくるのですが、あれアリスが自分で書いているんだよね。

広瀬:うちの母親が書道をやっていて、わたしも字がキレイになりたくてずっと練習していたんです。劇中の手紙も志願して書きました。えるっぽい字が書けたのかなって思っています。

壁にぶち当たることも多い

Q:作品が続き、さまざまな役柄を演じていますが、ご自身の現状をどう見ていますか?

広瀬:なかなか満足できないです。うまくいったと思ったらダメな仕事だと思うのですが、謙遜ではなく自分には満足していません。しっかり役をつかみきれていないと感じたり、「もっとこうしたい」と思っても、それを演じきれるだけのスキルが伴ってなかったり……反省点が多いです。同世代の俳優さんの作品を観て嫉妬することもあります。まだまだスタートラインにも立てていないのかなって感じています。

山﨑:壁にぶち当たることも多いです。原作ものと言っても、少女漫画系のものから、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』のようなものまで、結構幅広くて難しいです。

広瀬:原作ものをよくやられる方からは、その難しさを聞きます。原作ファンもいますし、決して賛成意見ばかりじゃないですからね。

Q:非常に多忙だと思われますが、心掛けていることはありますか?

広瀬:わたしの場合、普段の生活と演じるということをどれだけ切り離すかを意識しています。自分のことは、自分が一番知っているので、いかに自分と役を離して、騙せるか。撮影現場を出たら、素の自分に戻ることを大切にしています。

山﨑:僕の場合、役を引きずって抜けないというわけではないですが、役のことを常に考えていることが多いです。あとは撮影現場で「ヨーイ、スタート」がかかる前にはちゃんと息をしようと心掛けています。

制服の賞味期限はいつ!?

Q:この先の俳優人生はイメージできますか?

広瀬:正直あまり先のことまで考えられないです。今は全力で役に向き合って、そうすれば見えてくるものがあるのかなと思っています。いろいろな役に対応できるように、引き出しを増やしていきたいです。

山﨑:未来を想像するのって難しい。怖さもあります。だから、先を想像するより、いま目の前にあるものに全力投球したい。そうしないと後悔してしまうと思っています。

Q:“いま”という部分では、お二人とも高校生の役で制服姿を披露していましたが、ご自身の制服の賞味期限はいつぐらいだと思っていますか?

広瀬:自分はまさに“ナウ”だと思います。この作品の前も1~2年は着ていなかったし、この作品が終わったあとも着ていませんし、もうギリギリですかね(笑)。賢人くんは、かなり着慣れているので、一緒に映っていると、同い年なのになんでこうまで違うんだろうという気持ちでした。

山﨑:まだ全然いけるでしょ。いける、いける! でも賞味期限っていつごろなんだろう。いまのところ制服着ても恥ずかしいとかは思わないです。

広瀬:わたしはスカートがフワーってなる場面とかものすごく恥ずかしかったです。

山﨑:僕の場合、そのあたりは仕事って割り切っていますね。恥ずかしさもあまりないです。どちらかというと、制服自体よりも、制服を着て「THE青春」みたいなシーンを演じる方が恥ずかしいです。

取材・文:磯部正和 写真:奥山智明

記事制作 : シネマトゥデイ(外部サイト)

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。