「72時間ホンネテレビ」より(C)AbemaTV

元SMAP稲垣、草なぎ、香取…これが転換点!? 新しい地図が誘うテレビの未来

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

文=中山治美/Avanti Press

テレビから動画配信の時代へ――。

AbemaTVで配信された「72時間ホンネテレビ」(11月2日~5日)を視聴しながら、その“時代の変わり目”を目撃したような感覚を味わった。単に、国民的アイドルの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人が、インターネットの世界に降臨したというだけではない。地上波のテレビ番組がデジタル放送となり、dボタンで視聴者も番組参加可能となったにも関わらず、どの番組も今一つその効力を生かしきれずにいた。そんな中、「72時間ホンネテレビ」は、コメント機能やTwitterなどのSNSを通じて、出演者と視聴者が一体となって番組を盛り上げていく楽しさを万人に知らしめたのだ。

SNSが改めて教えてくれた配信視聴の面白さ

出演者によるセルフィ「72時間ホンネテレビ」より(C)AbemaTV

筆者自身、同番組にハマったのは Twitterの投稿がきっかけだった。

草なぎがマクドナルドでアルバイト体験する企画の時、瞬時に「浜松では?」との投稿があった。そこから「今日、森くんが浜松でレースだよね?」の情報が入り、「まさか?」とじわじわ話題が広がっていたところに、本当に3人は浜松オートで試合中の森且行選手の元へ。彼らの21年ぶりの共演は大きな話題を呼んだが、その期待を高まらせたのは間違いなくSNSの力だった。

森且行選手と再会する3人!「72時間ホンネテレビ」より(C)AbemaTV

結果的に累計視聴者回数は7400万回を叩き出し、「#森くん」という言葉はTwitterの世界トレンドワード1位を記録した。生放送中にトレンドワードを生み出せるのか? が番組のテーマでもあったため、表面的にはトップアイドルが生配信しながら行動した場合、どれだけ世の中を動かせるか? の壮大な検証番組のようにも見えたのではないか。だが番組で彼らが改めて証明したのは、バラエティも出来るアイドルとして、その道を開拓してきた“実力”と“矜持”だろう。

記事制作 : Avanti Press(外部サイト)