(C)2017『火花』製作委員会

菅田将暉と桐谷健太は、映画『火花』で実際にどんな漫才を披露していたのか?

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

11月23日に公開された映画『火花』は、芥川賞に輝いた又吉直樹の処女小説『火花』(文藝春秋)を板尾創路監督が映画化した作品で、菅田将暉と桐谷健太のW主演。菅田は「2丁拳銃」の川谷修士という現役最前線のプロ漫才師と、桐谷はかつて芸人として活動していた三浦誠己とコンビを組み、それぞれ「スパークス」、「あほんだら」というお笑いコンビとして、劇中で漫才を披露している。ここでは「スパークス」と「あほんだら」がどんな漫才を繰り広げていたのか、映画撮影現場の取材をもとに具体的に紹介していきたい。

漫才シーンの撮影時は、毎回ひとつのネタをすべて披露

まず、映画『火花』のストーリーを簡単に紹介しておきたい。若き漫才師・徳永(菅田将暉)が、天才的な才能を持ちながら埋もれたままでいる先輩芸人の神谷(桐谷健太)と出逢い、自ら「弟子入り」を志願。本作は、そこから始まる10年に及ぶ交流を描いたものだ。

映画は約2時間という限られた尺の関係もあり、徳永が「あほんだら」の漫才に衝撃を受ける冒頭のシーンと、「スパークス」のラストライブ(ここがある意味、映画のクライマックスとなる)を抜きにすれば、映画本編ではひとつのステージをじっくりとはフォローしていない。本編には、漫才の断片が散りばめられている。だが、菅田と川谷も、桐谷と三浦も、漫才のシーンを撮影するときは毎回、ひとつのネタをすべて通して演じていたのだ。

(C)2017『火花』製作委員会

ズラされながらも、グッとくる「スパークス」のシュールな笑い

それでは、各コンビの漫才に触れていこう。まずは、「スパークス」。菅田扮する主人公、徳永は、原作に比べれば素直なキャラクターとして映画では描かれているが、ボケ担当の彼が創作する漫才には、ちょっとだけひねくれた性格が表出している。

この物語の中で「スパークス」の最も初期にあたる漫才として紹介されるのが「テレビまけて」という演目。設定としては2001年のネタである。テレビを買い換えようと思った徳永は、相方の山下を相手に、家電量販店で値切る練習を始める。

いきなり「乾電池ください」とボケる徳永。さらに、最新モデルの40インチが59,800円と言われ「ちょっと高いかな?」と返す徳永に、山下が「うちは地域最安値でやらせてもらってますんで、これが限界ですね」と断ると、「え?でも、さっき見てきた店の方が安かったけどな〜」と抵抗。山下が「え?うちより、安い値段でありましたか?」と驚くと、「ええ。さっき見てきた牛丼のほうが……もう全然、安かったですね」とすっとぼける。以降は、紅生姜や生卵無料券といった牛丼ネタが続いて、値切るという行為がシュールな方向に転んでいく。

家電量販店で値切る練習が、どんどんズレたものに発展、変化していく展開が徳永は好きなようで、設定としては2008年の「ゾンビの対処法」で、その洗練されたかたちが楽しめる。徳永の「すまん、ちょっとええかな?」で始まるこのネタは秀逸で、「スパークス」の代表作と言ってもいいだろう。

「俺、3日連続お前がゾンビに食われる夢見てんねん」と語りだす徳永。お前にもう死んでほしくはないから、ゾンビの対処法を覚えて帰ってほしい、そうすれば、自分の脳の認識も変わり、夢の内容が変わるからと、徳永は山下に懇願する。山下は当惑しながらも、あくまでも真剣な徳永を受け入れ、練習を開始。だが、光に弱い、視力が弱い、元は人間だから情に訴えると弱い、とその都度徳永に用意された設定を山下が踏襲しては、ゾンビ役の徳永に裏切られ、毎回食べられてしまう。

記事制作 : アドバンスワークス

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。