11月2日から5日までAbemaTVで放送された「72時間ホンネテレビ」。稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の元SMAP3人が、覚えたてのSNSを駆使しながら、生身の姿や思いを発信したこの番組は多くの注目を集めました。番組関連ワードのツイート数は508万以上とのことですが、その中には共に活動した中居正広、木村拓哉のサプライズ登場を熱望する声も多くあったようです。

SMAPが解散しても、一挙手一投足に注目が集まる5人。そんな彼らにも、もちろん「国民的アイドル」になる前のブレイク前夜がありました。今回はそんな時代を振り返り、自らも芸能界で活躍する5人の同級生たちを紹介しましょう。

稲垣のクラスは美女ぞろい、草なぎの幼なじみはあの芸人!

稲垣は「72時間ホンネテレビ」でロケ地のひとつとなった堀越高等学校の出身。同級生には佐藤アツヒロや深津絵里、夏川りみ、「20世紀最後の正統派アイドル」と呼ばれた高橋由美子などがいたようです。

中でも稲垣と高橋は一緒に帰ることも多かったそうですが、高橋は稲垣を異性だと意識してはいなかったとのこと。また、稲垣は「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)で、深津や他の友だちとコンビニに行った覚えがあると発言。しかし深津は記憶にないとのことで、トークは不発に終わりました。

その堀越高校で稲垣の1年後輩だったのが草なぎ。当時、埼玉・春日部市に住んでいた草なぎと幼稚園から中学まで一緒だったのが、ビビる大木でした。

今は芸人として活躍する大木ですが、中学時代は暗かったことを2011年放送の「笑っていいとも!増刊号」(フジテレビ系)で草なぎに暴露されています。また、2人は学校だけでなく、少年野球のチームも同じで、どちらも2軍でプレーしていたとのこと。ちなみにポジションは草なぎがキャッチャー、大木がファーストだったそうです。

「芸能人」見たさに集まっていた小学生の中にいたのは!?

小学生のときからSMAPとして活動していた香取は、周囲にも早くから「芸能人」として認知されていました。そのため、地元・横浜での小学校合同体育大会でも、香取の出場に他校の児童たちは騒然。そんな香取の姿を一目見ようと集まった中には、なんと、同い年であるゆずの2人もいたそうです。

偶然、同じ場所に居合わせた3人は、それから長い時間を経てテレビで共演することになり、「SmaSTATION!!」(テレビ朝日系)など共演の際には、たびたびこのエピソードが語られています。

高校の同級生・中居と木村には、他にも古い知り合いの有名人が!

また、中居正広と木村拓哉は、ともに高校2年で同じ学校に編入し、同じクラスで学んだまさに同級生。さらに中居には、同級生ではありませんが、地元の後輩にタッキー&翼の今井翼やRIP SLYMEのSUとDJ FUMIYAがいます。ちなみにDJ FUMIYAの兄は中居と同級生で、ジャニーズのオーディションにも中居の付き添いとして一緒に行ったそうです。

そして、木村の同級生として、今や有名なのがマツコ・デラックス。マツコは「SMAP×SMAP」にゲスト出演し、互いに同じ高校に通っていたことを認めました。ただ木村は「おれ、どいつがお前になったかわかんない」とコメント。しかし、今年「夜の巷を徘徊する」(テレビ朝日系)で共演したときには、マツコが正月に木村からメールをもらったと話していたので、何らかの交流はあるようです。

かつての姿を知る同級生たち。彼らもファンたちと同じように、稲垣、草なぎ、香取はもちろん、中居、木村の今後の活躍を応援してくれていることでしょう。こうしたつながりも、5人の未来を明るく照らしているのかもしれません。

(文/北舘和子)