2017年にリリースされた全韓国ドラマの中から、韓国ドラマ精鋭ライターが選ぶ、今年押さえておくべき韓国ドラマを一挙紹介!総合第1位に輝いた韓国ドラマは……

【総合第1位】「シグナル」

過去と今を繋ぐ無線機で、事件の謎を解く傑作ドラマ

(C)2016 Studio Dragon & ASTORY

古びた無線機を通して繋がった現在と過去に生きるふたりの刑事が、15年前に起きた未解決事件の謎を追うヒューマンドラマ。冒頭から終わりまで張り詰める緊張感と伏線に目が離せない! 若い刑事を演じるイ・ジェフンと、無線機で応答するベテラン刑事に扮するチョ・ジヌンのやり取りにも毎回胸を熱くさせられる。ライターがもっともオススメしたい1作として、見事第1回目の首位に輝いた。

【選出したライターからのレビュー】

壊れた無線機で繋がる過去と現代の刑事。だが、単なるファンタジーでも捜査ものでもない。ドミノ倒しのように次々に現れる謎と事件、過去の因縁に毎回驚かされ、心震わされる。事件の真相や謎が解明される過程、そこで繰り広げられる人間ドラマがあまりに深い。なぜこんな傑作が作れるのか! とうならされる。(選者/ライター&編集者 小田香)

時空を越えてつながった刑事が同一の事件を追うという緊迫の展開にくぎ付け! クライムサスペンスだが、失踪した先輩刑事を想う女刑事スヒョンのほのかな恋心に胸が締め付けられる。演じたキム・ヘスは20年前の新米警察官と現代のベテラン刑事を見事に表現。美しく強い、その存在感に魅せられる。(選者/アジアン・エンタメライター 青木久美子)

【総合第2位】「恋のスケッチ~応答せよ1988~」

パク・ボゴムに胸キュン! 懐かしさ満点の青春ドラマ

(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved.

【選出したライターからのレビュー】

80年代末から90年代にかけての韓国の人々の暮らしがノスタルジックな音楽を背景に詳細に描かれ、1話、1話それぞれが映画のような完成度。紅一点であるヒロインをめぐる三角関係など、若者たちの不器用な恋の行方にときめき、助け合いながら日々を生きる親世代のエピソードに何度も泣かされる。(選者/ライター 佐藤結)

パク・ボゴム演じる天才囲碁棋士テクの天然ズッコケぶりに、母性本能がくすぐられまくり。そうかと思えば、友情で見せる真っすぐさに思わず泣かされ、恋愛で見せる意外な潔さには思い切り胸キュン(ギャップがたまりません)。幼なじみたちが友情と恋の間で一喜一憂する姿が、切なくも温かく胸に響きます。(選者/編集者・ライター 河井佳)

【同率!第3位(2作品)】「太陽の末裔 Love Under The Sun」

軍人と女医のカップルが紡ぐ王道ラブロマンス

Licensed by Next Entertainment World (C)2016 Descendants of the Sun SPC

【選出したライターからのレビュー】

軍人ふ~んな私がユ大尉には完落ち。刻々と変わる状況下で周囲を安心させるべく硬軟自在に振る舞う姿に痺れ、「キスしたこと、謝りましょうか、告白しましょうか」なんて言われた日には心臓フリーズ。「現存する男の中で一番好き。私が見た全ての瞬間、誇り高くて男前だから」と話すモヨンに完全同意! (選者/ライター・編集者 高橋尚子)

【同率!第3位(2作品)】「六龍が飛ぶ」

ユ・アインの飛躍を見るスケール大の英雄譚

(C)SBS

【選出したライターからのレビュー】

朝鮮王朝の黎明期をユ・アイン、シン・セギョン、キム・ミョンミンら新旧豪華キャストで描いた青春群像時代劇! 血の争いの末に第3代王となったイ・バンウォンという実在の人物を中心とした6人の龍たちをはじめ、女剣士、オネェ言葉の悪役まですべてのキャラが魅力的。史実と架空のブレンド具合も巧みな超傑作! (選者/『韓国テレビドラマコレクション』編集部)

【愛憎劇部門】「凍える華」

『福寿草』のイ・ユリが魅せる復讐者VS悪女母子の戦い

Licensed by KBS Media Ltd. (C) 2016 KBS. All rights reserved

【選出したライターからのレビュー】

恋人に裏切られ、愛娘を失ったヒロインが繰り広げる哀しき復讐劇。「福寿草」「私はチャン・ボリ!」のイ・ユリが、生き別れた双子の一人2役(実はそれ以上)の演技で魅せる! 復讐者イ・ユリvs悪女母子の戦いはとにかく強烈のひと言。ヒロインを愛し、その正体に苦悩する2人の男たちの活躍にも注目を! (選者/エンタメ編集者・ライター 杉本真理)

【サスペンス部門】「アチアラの秘密」

平和な田舎町で起きた殺人事件の真相をめぐる新感覚ミステリー

(C)SBS 企画協力:NHKエンタープライズ

【選出したライターからのレビュー】

ミステリー好きにオススメ。よくもこれだけ怪しい人物を集めたと感心するほど怪しい人ばかりで、誰が犯人か最後まで分かりません。田舎町という閉鎖的な場所を舞台に幽霊まで登場し終始重たい空気に包まる中で、巡査役のユク・ソンジェの可愛さが息苦しさを和らげます。俳優たちの怪演も見応えあり!

(選者/字幕翻訳・ライター 平川こずえ)

 

 

ラブストーリー部門やなどその他のランキングやドラマの詳細は、人気の韓国ドラマ約1,000本を紹介した『韓国テレビドラマコレクション2018』にて!

※韓国テレビドラマコレクション大賞とは…
2017年(※2016年10月~2017年12月。リリース途中も含む)に日本で発売された韓流ドラマタイトルの中から 『韓国テレビドラマコレクション』の精鋭・韓流ライター陣が今すぐ皆さんに見ていただきたい“ドはまり確実のイチオシ作品”を選出する賞です。

「シグナル <スペシャル・エディション版>」
■演出:キム・ウォンソク
■出演:イ・ジェフン、キム・ヘス、チョ・ジヌン
■発販:SPO

(C)2016 Studio Dragon & ASTORY 

「恋のスケッチ~応答せよ1988~」
■演出:シン・ウォンホ
■出演:ヘリ(Girl's Day)、パク・ボゴム、リュ・ジュンヨル
■発販:Cセブン/NBCU
(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved.

「太陽の末裔 Love Under The Sun」
■演出:イ・ウンボク、ペク・サンフン
■出演:ソン・ジュンギ、ソン・へギョ
■発販:NBCU
Licensed by Next Entertainment World (C)2016 Descendants of the Sun SPC

「六龍が飛ぶ<テレビ放送版>」
■演出:シン・ギョンス
■出演:ユ・アイン、キム・ミョンミン、シン・セギョン
■発販:フジTV、ポニー/ポニー
(C)SBS

「凍える華」
■演出:チョン・ウソン
■出演:イ・ユリ、ソ・ジュニョン、パク・ハナ
■発販:Cセブン/NBCU
Licensed by KBS Media Ltd. (C) 2016 KBS. All rights reserved

「アチアラの秘密」
■演出:イ・ヨンソク
■出演:ムン・グニョン、ソンジェ(BTOB)、オン・ジュワン
■発販:ポニー
(C)SBS 企画協力:NHKエンタープライズ