12月16日(土)公開の『彼女が目覚めるその日まで』は、原因不明の深刻な病と闘った女性の実話をもとにした作品。本作で、激しい発作に悩まされながらも諦めずに前を向き続ける芯の強い主人公を演じたのは、クロエ・グレース・モレッツです。

クロエといえば、『キック・アス』(2010年)で演じた“ヒット・ガール”で一躍スターダムにのし上がりましたが、20歳になった今では、美貌も演技力もさらにパワーアップ! ここでは、これまでのクロエの歩みを振り返りながら、その魅力をご紹介します。

プロ並みのナイフさばきに英国なまり…幼い頃から努力の人

5歳から芸能活動を始めたクロエは、『キック・アス』で、バタフライナイフや銃器を駆使してギャングを叩きのめす“ヒット・ガール”を演じ、その名を広く知られることになりました。当時、役と同じ11歳だった彼女は、撮影前に7ヶ月に及ぶ訓練を行い、激しいアクションシーンのほとんどを自らで演じきったのです。

幼い少女が殺しを繰り返す役どころであったため、本作は道徳的な避難を浴びましたが、一方で「モレッツは存在感があり魅力的である」という映画評論家の評価も得ています。クロエは派手なアクションをこなすと同時に、ヒット・ガールの強さの裏に潜む葛藤も滲ませることで、多くの人々から愛されるキャラクターをつくり上げました。

また、その後出演した『ヒューゴの不思議な発明』(2011年)では、全編イギリス英語で構成される作品であることから、英国なまりを習得してオーディションに挑んだクロエ。主要キャストのほとんどがイギリス人に決定する中、アメリカ人の彼女が役を射止めました。劇中でクロエは、初めてのサイレント映画に一喜一憂する少女を表情豊かに演じ、名匠マーティン・スコセッシの映画愛が詰まった本作に華を添えています。

幼い頃から努力を惜しまない姿勢を身につけていたことがうかがえるクロエですが、スキルの習得だけで満足せず、人物の心情を読み解き体現しているからこそ、彼女が演じる役は魅力的なものに映るのでしょう。

世界屈指の美女なのに“変わった役”がやりたい!?

ヒット・ガールの印象が強いだけに、すっかり大人になったクロエの姿に驚いた人も少なくないはずです。かつての愛らしい少女から、美しい女性へと成長したクロエは、今やアメリカの映画サイト「TC Candler」が開催する「世界で最も美しい顔」に連年ランクイン。インスタグラムのフォロワー数は1,300万人を超え、水着姿をアップした際には、わずか7時間で20万“いいね!”を獲得したり、タイム誌の「2014年の最も影響力のある25人のティーン」にも選ばれたりするほどの人気ぶりです。

ところが正統派美人であるにも関わらず、演じる役は一風変わったものが多いのが面白いところ。前述のヒット・ガールを筆頭に、『キャリー』(2013年)では念道力を持つ少女、『モールス』(2010年)ではヴァンパイア、『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』(2014年)では幽体離脱する少女など、特異なものばかりが揃います。

本人は『キャリー』公開時のインタビューで、「変わった役の方が面白いし、やりがいがある。演技を通して自分が知らない境遇やエモーションを体験するのは大きな喜び」と語り、出演作の選び方について、独自のこだわりとチャレンジ精神を見せました。

ベッカム息子との恋に世間もハラハラ

若いながらも女優としての信念を持つしっかり者のクロエですが、恋愛においては同年代の女の子と変わりません。彼女の恋のお相手は、元サッカー選手のデビット・ベッカムの長男であるブルックリン・ベッカムです。

2014年に交際が発覚して以来、SNSで仲睦まじいショットを披露するなどしていた美男美女カップルですが、その後破局と復縁を繰り返してきました。メディアも彼らに注目し、関係が変わるたびにその動向を取り上げています。

昨年も破局し、今後は別の道を歩むと思われていた2人ですが、この秋再び復縁を果たした模様。幼い頃から見てきたファンとしては、等身大の恋愛を謳歌するクロエを応援せずにはいられません!

(C)2016 ON FIRE PRODUCTIONS INC.

『彼女が目覚めるその日まで』でクロエは、夢と希望を胸いっぱいに詰め込んだ駆け出しの記者・スザンナを演じています。仕事も恋も順調なスザンナですが、突然襲いかかった「抗NMDA 受容体脳炎」という症例の少ない病によって、感情のコントロールはおろか、身体の自由がきかなくなり、話すこともできなくなってしまいます。

(C)2016 ON FIRE PRODUCTIONS INC.

泣き叫んだり真っ赤な顔で痙攣したり、虚ろな目で一点を見つめたりと、クロエは徐々に病に蝕まれていくスザンナを体当たりで演じています。これまでの経験を生かした圧巻の演技を、海外メディアは絶賛しています。生きることへの意志と不安を宿すスザンナの瞳には、凛とした強さと年相応の葛藤や儚さを併せ持つクロエ自身が反映されているようにも感じられます。

(C)2016 ON FIRE PRODUCTIONS INC.

原作に深い感銘を受けたオスカー女優のシャーリーズ・セロンがプロデューサーを務め、病に立ち向かうスザンナと、彼女を信じて支え続ける恋人や家族の絆を描いた本作。クロエらがひたむきに紡ぐ勇気と愛の物語に、きっと胸が熱くなることでしょう。

『彼女が目覚めるその日まで』は、12月16日(土)より角川シネマ有楽町他全国ロードショーです。

(鈴木春菜@YOSCA)