いよいよ年末。今年も国内外の話題作がズラリ勢ぞろい! その中から、映画ファンなら“絶対に観たい”SF超大作、“友達と観たい”娯楽作、“恋人と観たい”感動作など、カテゴリー別に厳選したオススメ年末映画をご紹介します。

【絶対観たい!】

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』

(C) 2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に続く新生『スター・ウォーズ』シリーズの最新作。通算ではエピソード8となる。ジェダイ騎士の資質に覚醒したヒロイン、レイが直面する試練とは? そして銀河共和国軍とファースト・オーダーとの戦闘は、どんな局面を迎えるのか? 迫力のスペクタクルを、『LOOPER/ルーパー』のライアン・ジョンソン監督が描く。監督によると、エピソード5でダース・ベイダーがルークの父親だったと明かされたときと同じくらい衝撃的な、驚くべき事実が待っているとのことなので、心の準備をして劇場に足を運ぼう!

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は12月15日より全国公開

【友達と観たい!】

『リベンジgirl』

(C) 2017『リベンジgirl』製作委員会

東大卒の頭脳とミスキャンパスグランプリに選ばれるほどの美貌を持ちながら、性格に難ありのヒロインの恋と成長を描くラブストーリー。 政治家一家の元カレを見返そうと選挙に出馬するヒロイン・宝石美輝にふんするのは、『ヒロイン失格』でコメディエンヌとしての評価を高めた桐谷美玲。高飛車な言動は痛々しい。けれど、空回りするほどまっすぐに恋に選挙に大奮闘する姿はいじらしくもある。そんな美輝と鈴木伸之ふんする秘書との駆け引きも絶妙。ふたりの名コンビぶりに、笑わされたりキュンとさせられたりドキドキが止まらない!

映画『リベンジgirl』は12月23日より全国公開

『鋼の錬金術師』

(C) 2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C) 2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会

荒川弘の人気コミックを、山田涼介(Hey! Say! JUMP)主演で実写映画化。物質を変化させて新たなものに作り変える「錬金術」が存在する世界で、旅を続ける天才錬金術師エドワード。その目的は、ある事情から鎧の姿になってしまった弟アルフォンスを元の身体に戻すことだった。イタリアロケとVFXを駆使したファンタジックなビジュアルに加え、山田がスタントなしで挑んだアクションにドキワク! フルCGでリアルに描かれる鎧姿の弟と、彼を愛してやまない兄との固い絆にキュン! 友人と物語の世界観を共有し、感想を熱く語り合いたくなるアドベンチャー大作だ。

『鋼の錬金術師』は12月1日より全国公開

『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』

「ビルド&エグゼイド」製作委員会 (C) 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

世界滅亡を阻止すべく悪の科学者と戦う仮面ライダービルドと仮面ライダーエグゼイドに、過去シリーズのライダーたちが合流! 6人のライダーが力を合わせて悪に挑む。ライダーが一堂にそろう様子は壮観で、ド派手なバトルシーンに特撮ファンが熱くならないワケがない。さらに、若手俳優の登竜門ともいうべき本シリーズ。今回は福士蒼汰が仮面ライダーフォーゼとして5年ぶりに出演し、いまや人気者となった彼の俳優としての原点をスクリーンで観ることができる。これは、子どもや特撮ファンばかりではなく、女子も必見です!!

映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイド with レジェンドライダー』は12月9日より全国公開

【恋人とラブラブで観たい!】

『DESTINY 鎌倉ものがたり』

(C) 2017「DESTINY 鎌倉ものがたり」製作委員会

『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズの原作者・西岸良平と同シリーズ監督の山崎貴が再タッグを組み、堺雅人と高畑充希が共演するファンタジー。魔物や幽霊が当たり前のようにいる不思議な街・鎌倉で、驚きと幸せに満ちた新婚生活をおくる作家の夫・正和と妻・亜紀子の夫婦愛が描かれる。頼りがいがありながらも子どもっぽい一面もある年上夫と少女のようだけれど母性を感じさせる年下妻の、ふたりの会話やたたずまいが魅力的。自らを犠牲にしても相手を守ろうとするふたりの行動に、恋人やパートナーなど近くにいる人を大切にしようと思わされる。

映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』は12月9日より全国公開

『8年越しの花嫁 奇跡の実話』

(C) 2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会

『何者』の佐藤健と『トリガール!』の土屋太鳳をダブル主演に迎え、岡山県在住のあるカップルに起きた奇跡の実話を基に描く純愛物語。結婚式を目前に意識不明の状態に陥った彼女の生還を、あきらめずに8年間待ち続けた恋人の愛の深さに胸キュン必至。耳元で「愛している」と甘い言葉をささやく恋人の本気度をチェックするためにも、もしこの映画の主人公と同じ立場なら何年待てるのかと相手に聞いてみるのもありかも。そこで話をはぐらかすような相手ならさっさと見切りをつけるべし。同時に自分の胸にも手を当てて、この人なら10年でも20年でも待てると思えたなら、きっとその愛は本物だ。

映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』は12月16日より全国公開

『彼女が目覚めるその日まで』

(C) 2016 On Fire Productions Inc.

『キック・アス』シリーズで若手トップ女優に躍り出たクロエ・グレース・モレッツがヒロインを務め、原因不明の難病を患った女性の闘病記を映画化した感動作。本作同様“抗NMDA受容体脳炎”という珍しい病気が題材の『8年越しの花嫁 奇跡の実話』が、奇しくも同日公開されるのも興味深い。若くて将来有望な彼女がいきなり病に倒れ、まるで映画『エクソシスト』の少女のようにまったくの別人になってしまったとしたら!? 一度暴言と暴力の許容範囲を恋人に聞いてみるといい。メーターが振り切れるほど大暴れしても平気だと言ってくれるような器の大きな相手なら心強いかも?

映画『彼女が目覚めるその日まで』は12月16日より全国公開

【1人でじっくり観たい!】

『探偵はBARにいる3』

(C) 2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

札幌・ススキノの裏社会を知り尽くした探偵の活躍を描く『探偵はBARにいる』シリーズ第3弾。大泉洋演じる探偵と松田龍平ふんする相棒の名コンビが、またもやキナ臭い事件に巻き込まれていく様をコミカルかつエモーショナルに描く。今回の注目ポイントは、北川景子ふんするモデル事務所の美人オーナー・マリの存在だ。探偵にハニートラップを仕掛けるなど、周囲の男たちを翻弄する謎めいたマリ。彼女が身体を張り、命までも懸けて求めたものの真相があまりにも切なくて、思わず涙してしまうかも。映画館で一人、しみじみと感動を噛みしめてほしい。

『探偵はBARにいる3』は12月1日公開

『ビジランテ』

(C) 2017「ビジランテ」製作委員会

『22年目の告白−私が殺人犯です−』などの入江悠監督が、満を持してオリジナルストーリーで紡ぐ衝撃のフィルムノワール。実力派俳優の大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太がそれぞれ行方不明だった長男、地元の市会議員を務める次男、デリヘルの店長の三男を怪演。セックスにDV、荒れ狂う暴力に外国人排斥といったむき出しの欲望が暴走する負の感情を他者と共有するのはなかなかヘビーだ。父親の死をきっかけに再会した三兄弟が、あれよあれよという間に底なし沼の地獄へ堕ちて行くスリルを単独で楽しむのもありかも!? 本作を観て自分の心のダークサイドを解放し、ストレス発散につなげたい。

映画『ビジランテ』は12月9日よりテアトル新宿ほかにて全国公開

『オリエント急行殺人事件』

(C) 2017Twentieth Century Fox Film Corporation

ミステリーの女王アガサ・クリスティによる傑作小説の2度目の映画化。トルコからフランスへと向かう列車内で起こった米国人美術商殺害事件。乗客の中に確実に犯人がいる、この事件の驚くべき真相を、名探偵エルキュール・ポアロが追求する。『シンデレラ』のケネス・ブラナーの演出の下、ジョニー・デップら豪華キャストが結集。疾走する列車の密室性や、乗客たちの嘘交じりの証言、事件の陰に潜んでいる悲劇など、謎解きの要素をちりばめて、大人の観客を魅了する。これまでになくフットワークの軽いポアロとともに、この謎に挑むべし!

映画『オリエント急行殺人事件』は12月8日より全国公開