元SMAPの中居正広が、11月13日放送の教養バラエティ番組「なかい君の学スイッチ」(TBS系)で、10月上旬に詐欺被害にあったことを明かしました。しかしこの告白の後、中居は意外な発言をし、スタジを騒然とさせたようです。

お人好しすぎる!? 詐欺を仕掛けた犯人に「かわいそう」

中居が巻き込まれたのは、「クレジットマスター」という詐欺。その手法は、コンピューターを使って他人のカード情報を割り出し、その情報をもとに商品を購入するというものです。今回の詐欺事件の犯人は、中居のカード情報を使って炭酸水製造マシーンやハロウィンパーティーグッズ30個、テーマパークのチケット5人分など、計11万円以上もの商品を購入したのだそう。

異変に気が付いたカード会社がカードの利用をストップしたため、ことなきを得たものの、中居は「本当気を付けてほしい。すごい手よ。やべえ手、やべえ手!」と話すなど、当時はかなりの衝撃を受けたようです。

しかし、犯人のもとにそれらの商品が届いていないことを知ると、中居は「あ、届いてないの?そう考えるとかわいそうじゃない?」と発言。さらには「だってお金がなくてさ、家族5人パーティーグッズ買って、ハロウィンのときテーマパークに行こうなんて言ってたんだろうね」と続けました。

詐欺事件の犯人の生活事情に思いをめぐらせ、同情する中居に対し、お笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二やタレントの堀田茜らは「かわいそうじゃないですよ!」とツッコミを入れましたが、SNS上には「優しすぎる」「中居くん、お人好しすぎる」といった声があふれました。

スニーカーを番組スタッフ200人にプレゼント!?

まさに「優しすぎる」中居ですが、中居の人の良さを象徴するエピソードは、まだ他にも。例えば、人気バラエティ番組「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)が最終回を迎えた際のエピソード。同番組は、2016年12月26日をもって終了しましたが、最終回の収録の日、中居は番組スタッフ総勢200人ほどにナイキのスニーカーをプレゼントしたのだそうです。

このエピソードは、最終回翌日である12月27日放送のバラエティ番組「バイキング」(フジテレビ系)で紹介されたものですが、その日同番組に出演していたタレント・ヒロミは、「(中居がスタッフにプレゼントを用意したことを)知っていた」と明かしたうえで、「なかなかできることじゃない」と絶賛しました。

また、ヒロミによると、中居はスタッフたちに、自ら名前と足のサイズを聞いてまわっていたようです。この中居の行動に視聴者は感動したようで、放送直後からSNS上に「中居くんって、本当にステキ」「温かい気持ちになれる」といった声が溢れました。

プライベートで被災地に足を運び、チャーハンを手作り!

さらに中居は、2016年に熊本県で地震が起きた後には、被災地に合計3回訪問し、人々を勇気づけています。3回目の訪問時は元SMAPの香取慎吾を伴っただけでなく、炊き出しとして自作のチャーハンを振る舞ったようです。実際に現地のファンが発信したSNSの中には、笑顔でピースサインをする二人の写真も見られました。

そのほかにも中居の人柄を感じさせるエピソードは数多く、所属事務所の後輩である嵐や舞祭組、関ジャニ∞のメンバーに高額のお年玉をあげたり、お笑い芸人・千原ジュニアが結婚した際は、100万円近いと思われるご祝儀を送ったりもしたそう。

30年以上にもわたり、第一線で活躍してきた“国民的スター”の中居。その肩書きの裏には、「優しすぎる」素顔が隠されているようです。

(文/おがたま)