12月1日から公開中の映画『探偵はBARにいる3』でヒロイン役を務めている北川景子。ファッション誌の表紙を飾ることもあるスレンダーな北川だが、実は意外にも大食いであることを共演者に暴露されている。しかし「そんなに食べるの!?」と驚かれるくらい大食いの女優は、北川だけではないようだ。

1日9食食べてもあの体型!? 綾瀬はるかは朝食大盛り派

北川は、今年1月5日に出演した「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)で、以前「謎解きはディナーのあとで」(フジテレビ系)で共演した嵐の櫻井翔に「ラグビー部の学生みたいな食い方すんのよ」と暴露された。

櫻井曰く、「明太子パスタ大盛り」「なんとかとハンバーグ弁当」のようなハイカロリーなものを「すっげえ食ってた」という。2012年に出演した「誰だって波瀾爆笑」(日本テレビ系)では、豪快に豚骨ラーメンをすすり、「笑っていいとも!」(フジテレビ系)出演時には、「撮影があるときは頭を使ってお腹がすくので、1日に9食食べる」と豪語していた。

また、先日最終回を迎えた「奥様は、取り扱い注意」(日本テレビ系)で激しいアクションシーンを見事にこなしていた綾瀬はるかも大食い女優の一人。2015年放送の「VS嵐」(フジテレビ系)に出演した際、映画『海街diary』で共演した広瀬すずに「朝ご飯に食べるご飯の量がすごい異常だなって」と暴露された。綾瀬自身も、「おにぎり2つと目玉焼きとハムとお肉とサラダと枝豆…あ、イチゴとバナナも!」と同番組収録当日の朝食メニューを笑顔で語り、大食漢であることを認めていた。

深夜ロケで焼きそば+五平餅をたいらげるのはあの美脚女優!

抜群のスタイルを誇る菜々緒は、『白ゆき姫殺人事件』で共演した井上真央から、「菜々緒ちゃんはすごく大変な殺人のシーンがあって、(血のりで)ドロドロになりながらも、差し入れに頂いた焼きそばを膝に乗せながら、五平餅を食べていた。それがすごく印象に残っています」と食いしん坊ぶりを暴露されている。同映画の監督も、菜々緒のマネージャーが、王将で餃子を8人前くらい買っているのを見たのだそう。

スレンダー女優の代表格ともいえる桐谷美玲は、唐揚げが大好きで、唐揚げなら数え切れないほど食べられると雑誌のインタビューにて豪語。2014年からは毎年、日本唐揚協会より「ベストカラアゲニスト」にも選ばれている。また、昨年「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演した際には、友達と焼肉に行くと「3枚ぐらいお肉食べただけで『お腹いっぱい』って言われる」ことに不満を感じていて、肉をお腹いっぱい食べることが夢だと語っていた。

女優は早朝から深夜まで撮影があったりと意外と体力仕事。もちろん、体型をキープするためにジムに通ったり、撮影前は調整したりしているのだろうが、ハードな撮影をこなすためにはたくさん食べて体力をつけることが必要なのかもしれない。それにしても、好きなものを好きなだけ食べてもあれだけスレンダーなのは羨ましい限りだ。

(文/河村綾香)