文=赤尾美香/Avanti Plus

スイスとフランスの合作である『ぼくの名前はズッキーニ』は、2016年のアヌシー国際アニメーション映画祭で最優秀作品賞および観客賞の2冠を手にし、フランスのアカデミー賞と言われるセザール賞では最優秀長編アニメ賞と最優秀脚色賞を受賞。第89回アカデミー賞長編アニメーション部門にもノミネートされたほか、アメリカの映画評価サイト「ロッテントマト」で奇跡の100%を達成するなど、世界各地で観る者を魅了している。上映時間66分の、手作り感満載のストップモーション・アニメ(手作業で1コマずつ人形を動かして撮影する)は、なぜこんなにも愛されているのだろうか。

泣いて、笑って、怒って、困って、許して、許されて…

『ぼくの名前はズッキーニ』
2018年2月10日(土)より新宿ピカデリー、YEBISU GARDEN CINEMA他、全国ロードショー
(c)RITA PRODUCTIONS / BLUE SPIRIT PRODUCTIONS / GEBEKA FILMS / KNM / RTS SSR / FRANCE 3 CINEMA / RHONES-ALPES CINEMA / HELIUM FILMS / 2016

主人公のイカールは9歳、酒浸りのママとふたり暮らし。ママがつけてくれたニックネーム“ズッキーニ”がお気に入りだ。けれどある日、不慮の事故でママが死んでしまう。やさしい警官のレイモンに連れられて孤児院に行ったズッキーニは、それぞれ背景こそ違うものの自分と似た痛みを抱えた子どもたちと出会い、心の中にくすぶり続けている「ママの死は自分のせいではないか」という罪悪感から少しずつ解放され、ひとりぼっちの孤独感を埋めていく。

ズッキーニに遅れて孤児院にやって来たカミーユへの恋心、そのカミーユの一大事に立ち向かう子どもたち、一見いじめっ子のようで実は繊細でやさしく頼もしいシモンとの友情など、泣いて、笑って、怒って、困って、許して、許されて……いつしか、豊かな表情で動き回る人形たちが、現実世界の子どもたちのように思えてくる。それは、手足はもちろん目の動きのひとつまで、手作業で根気強く動かされている人形に“人の思い”が宿るからではないだろうか。観ているうちに募っていく人形への親近感は、物語を一層リアルなものにもしてくれる。

子どもたちにとって“善き大人”であれ、というメッセージ

『ぼくの名前はズッキーニ』
2018年2月10日(土)より新宿ピカデリー、YEBISU GARDEN CINEMA他、全国ロードショー
(c)RITA PRODUCTIONS / BLUE SPIRIT PRODUCTIONS / GEBEKA FILMS / KNM / RTS SSR / FRANCE 3 CINEMA / RHONES-ALPES CINEMA / HELIUM FILMS / 2016

本作は、子どもたちが大人から受ける虐待や暴力といった身勝手から目をそらしていない。が、同時に、そんな悲劇的な体験をした子どもたちであっても明るい未来を手にすることはできるし、そのためには私たち大人が“善き大人”となって子どもたちをサポートしなければならないことを教えてくれる。

好奇心旺盛な子どもたちが、セックスへの興味をさっくりユーモラスに口にするシーンには、一瞬驚いた後、思わず笑ってしまう。だが劇中、彼らが慕う孤児院のポール先生と園のお姉さん的な存在であるロージーが子どもを授かるに至って、“子どもは愛し合うふたりから生まれくる愛の子である”と伝えてくれる展開は、なかなか粋で気が利いている。「自分は生まれてくるべきじゃなかった」なんて悲しいこと、彼らに思わせたくはない。

キャラクターの感情を豊かに伝える、細やかな演出

「僕が子どもの頃、『アルプスの少女ハイジ』を読んで心が揺さぶられた時と同じような揺さぶりを、この映画を観た人たちに感じてもらいたいのです」

先日来日したクロード・バラス監督は、『この世界の片隅に』の片渕須直監督が教えている日本大学芸術学部のアニメーションの授業に特別講師として参加し、こんなふうに語った。演出面では、人形たちにリアクションとしての感情を演じさせること、声優(子ども役はアマチュア役者、大人役はプロ役者が演じている)たちに声を当ててもらうだけではなく“きちんと演技してもらうこと”を特に意識したという。さらに音にも配慮。「常に音が鳴っていることでアニメーションの印象が薄くなることがあるから」と、音のある部分とない部分のバランスには気を遣ったとも話している。

特別授業を行ったクロード・バラス監督と、片渕須直監督

本作の制作は15の撮影スタジオを使い、10人のアニメーターによって進められた。1人が1日に撮影できる長さは、最大でもたった4秒だという。66分の本作を撮るには、ざっと計算したところ最短でも約100日分の作業が必要なわけだ。人形の大きな目は演出的に意図されたもので、まさに「目は口ほどにものをいう」とばかりに、キャラクターたちの感情の機微をつぶさに伝える。マグネット方式で微妙な動きが出せるようになっている眉毛や口の表情も実に細かい。

人形の動きを決めるためにアニメーター自身が動いて動作を確認したり、長回し撮影のためにリハーサルを入念にしたり、準備3年、撮影3年の計6年が本作には費やされた。ちなみに、ストップモーション・アニメにおける長回しとは、人形を動かさないこと。本作でいうと例えばズッキーニが施設に入った夜のシーンなどがそれに当たる。彼はベッドに寝ているだけだが、周囲の物音や他の子どもの声で主人公の感情を表しているのだ。

実写でもアニメでも表現できない何か

『ぼくの名前はズッキーニ』
2018年2月10日(土)より新宿ピカデリー、YEBISU GARDEN CINEMA他、全国ロードショー
(c)RITA PRODUCTIONS / BLUE SPIRIT PRODUCTIONS / GEBEKA FILMS / KNM / RTS SSR / FRANCE 3 CINEMA / RHONES-ALPES CINEMA / HELIUM FILMS / 2016

監督は、ストップモーション・アニメを「実写と、いわゆるアニメーションの中間に位置するもの」と説明していたが、特別授業を聴いていて、ふと思った。本作が実写であったなら、子どもたちが抱えたトラウマや痛みは、観る者に生々しく迫りすぎたかもしれない、と。あるいは逆に、本作が現実とはかけ離れたアニメーションであったなら、どうだろう。この二頭身に近い愛すべき人形たちを知ってしまった今は、彼らにしかこの話は語れなかったと思える自分がいる。

そして、何もかもが便利で簡単になった現代において、時代遅れにも見えかねないストップモーション・アニメが、育児放棄や児童虐待といった現代にはびこる社会問題に斬りこんでいること、そこで翻弄される子どもたちに手を差し伸べ、明るい未来を指し示すのに有効であったことに、ちょっとした感動を覚えている。