アメリカはホリデーシーズン真っ盛り! パーティや旅行にと、飲酒の機会も増えてくる時期だが、お酒の誘惑が多いであろうハリウッドセレブの中には、様々な事情から、きっぱりと断酒をした人も多い。時にお酒がきっかけのトラブルでキャリアを失ったり、命取りになりかねない“容姿”が大きく変化したりと、彼らにとって悪影響を及ぼすことがわかっていても、厳しい世界を生き抜くプレッシャーから“依存症”になることがあるのも現実。そんなセレブたちの様々な“断酒理由”を探ってみた。

プライベートの充実は必須!? 離婚騒動で断酒を決意!

Photo/Getty Images ブラッド・ピット

お酒が問題で離婚騒動にまで発展したスターといえば、記憶に新しいのはブラッド・ピット。昨年9月に突如アンジェリーナ・ジョリーから三下り半を突き付けられた彼は、「離婚原因の一つに飲酒問題があった」と認めている。

アンジェリーナから不定期に飲酒チェックを強要されていたという話もあるが、6人の子どもたちに会うために自ら断酒を決意。「大学時代から毎日お酒を飲んでいたが、もうお酒に飲まれる人生は終わらせたい」と、施設の力も借りながら禁酒を続行しているようだ。

また、ニコール・キッドマンの2度目の夫で、カントリー歌手のキース・アーバンも、ドラッグ及びアルコール依存症に悩まされた一人。キャリアの行詰まりなどからリハビリ施設に入ってもなかなか効果がなかったようで、2006年にニコールと結婚したものの、わずか4か月後には離婚の危機が訪れたことを認めている。しかし、2人の娘の父親となったキースは、ニコールの助けを借りながら約11年間断酒に成功しているという。

断酒を決意した理由は様々だが、過去に何度かリハビリ施設に入所しながらも断酒をすることができなかったセレブに、ジョニー・デップやベン・アフレックがいる。しかしベンは、前妻ジェニファー・ガーナーや子どもたちと良い関係を築くために、今年3月にリハビリを終えたとか。しかし、外来患者として現在もロサンゼルスの治療センターに通い続けるそうで、断酒がそう容易ではないことは明白。スターといえど、良くも悪くもパートナーとの関係が、人生に大きく影響を与えているといえそうだ。

大失敗をきっかけに断酒したセレブたち!

Photo/Getty Images ブラッドリー・クーパー

アルコール及び鎮痛剤の依存症と闘ってきた名優、ブラッドリー・クーパーは、29歳の時に、“泥酔してコンクリートに頭を打ち付けた”という現実的な理由で断酒に至ったとか。「お酒を飲まないほうが良い決断を下せるし、自分らしくいられる」と話し、断酒後はアカデミー賞に3度もノミネートされるなど、キャリアも右肩上がりだ。今では、イレーナ・シェイクとの間に授かった一児の父親として、公私ともに充実した日々を送っており、決断は正しかったと確信しているという。

また、子役俳優の典型的なパターンで、8歳からドラッグに手を染め、1年間刑務所に入っていたことがあるロバート・ダウニー・Jr.も、アルコール依存症に陥った人物の一人。しかし、2003年に映画プロデューサーのスーザン・レヴィンと再婚した際に断酒、断薬を決意。それ以来意志を貫いており、2008年には『アイアンマン』で40代としては初となるスーパーヒーローを演じ、大ブレイクを果たした。

さらに、「ハリー・ポッター」シリーズで、11歳にして一躍時の人となった重圧から、お酒に逃げてしまい、危うくイメージダウンするところだったダニエル・ラドクリフ。「お酒を飲むと人が変わってしまってコントロール不能になった」というダニエルは、同シリーズ撮影中は依存症に苦しみ、ファンと夜な夜な飲み歩いては泥酔していたそう。だが、今後のキャリアを見据えて、シリーズ最終章の撮影後に断酒宣言。誘惑に負けることもあったようだが、その欲求はランニングやジムでのトレーニングで克服し、約5年間の断酒を継続しているという。

スーパーモデルとしても知られたナオミ・キャンベルも、2005年までの約17年間にわたってアルコール依存症に悩んでいたそうで、暴行事件や酩酊状態での奇行が度々報じられた過去がある。「飲み過ぎで死を覚悟した」というナオミだが、2012年に飲酒問題を解決することを目指した自助グループに入会して断酒に成功。「今の方が、エネルギーにあふれていて楽しい。やめるのはタバコより簡単だったし、今ではアルコールアレルギーになってしまった」と言う通り、最近、母親と一緒にレッドカーペットに登場した際には、「90年代に活躍したスーパーモデルの中で一番若々しい!」「以前より若返った」と絶賛の声を浴びた。

仕事に対するプロ意識が成功へとつながるカギに!?

Photo/Getty Images ジェニファー・ロペス

トラブルが原因で必死に断酒をするセレブがいる一方で、仕事への高いプロ意識から自ら断酒を決断し、成功を手に入れているセレブたちもいる。

2度の離婚歴があり、現在は二児の母親でもあるジェニファー・ロペスは、48歳とは思えない美しい肌とナイスボディの持ち主。パーティは大好きなようだが、アルコールやカフェインがお肌に悪く、加齢を加速させると聞き、2008年に双子の男女を出産してからは、乾杯の席以外では一切アルコールを口にしなくなったとか。

もちろん、エクササイズにダイエットなど、多方面からの努力の賜物なのだが、断酒が大きな効果を発揮。元ニューヨークヤンキースの主砲アレックス・ロドリゲスとの交際も順調で、GUESSの広告塔としても、加齢と共に美ボディに磨きがかかったことを証明して見せた。

Photo/Getty Images クリスティン・デイヴィス

また、依存症で悩んでいたクリスティン・デイヴィスは、22歳の時、女優を志してとったクラスでうまくいかなかったため、「飲酒が自分の俳優としての志しに良くない影響を及ぼす」と一念発起。「友人がアルコールを飲んでいるとうらやましいと思う」と、素直な気持ちも吐露しているが、以来禁酒を継続し、見事「セックス・アンド・ザ・シティ」シリーズのシャーロット役を手に入れた。

サイモン・ペッグは、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(2011年)の撮影中に断酒を決意。肉体的に追い込まれたこともあるが、プロ意識が高い彼は、同作で共演した自制心の塊のような俳優トム・クルーズに感化されたようだ。他にも、日本ツアーを控えている歌手のケイティ・ペリーは、キャリアに集中するために2010年に断酒を決意。クリスティーナ・リッチも約20年間の断酒に成功するなど、多くのセレブたちが仕事への高いプロ意識から断酒を決断し、その結果キャリアだけではなく私生活での成功を手に入れている。日本は忘年会シーズン真っ盛り! 断酒は難しくても、失敗してしまうほどの飲み過ぎにはご注意を!

文=JUNKO/SS-INNOVATION.LCC