2017年12月31日の「第68回 NHK紅白歌合戦」で圧巻のパフォーマンスをみせた人気ロックバンド・X JAPAN。リーダーのYOSHIKIは、激しいドラムパフォーマンス等が原因で首に爆弾を抱え、昨年5月に頚椎人工椎間板置換の手術を受けたばかりだが、年末年始には紅白のほかにも多くの番組に出演した。猛々しいステージ上の姿とは一転、あまりに温和な人柄のYOSHIKIに対し「演奏中と別人!」「実はちょっと天然?」とネットは騒然。そんな彼の知られざる素顔とは……?

苦手なものは「卵」に「不気味な物」!?

2018年1月1日放送の「芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2018お正月スペシャル」(テレビ朝日系)に出演したYOSHIKI。正解を待つ部屋でお菓子を食べ続ける姿には「普通にお菓子とか食べるんだ」「間食なんて意外」と視聴者から驚きの声が続出。YOSHIKIの食べた商品を特定した一部視聴者からのアクセスが集中し、販売元のサーバーが一時的にダウンする事態となった。

そんな強力なインフルエンサーであるにも関わらず、バラエティ番組では飾らない素顔も覗かせる。2017年12月4日放送の「しゃべくり007」(日本テレビ系)では、「呉服屋の長男」「幼少期からクラシックに親しむ」「ロス在住」「自らワインをプロデュース」といったハイスペックぶりを明かした。

しかし、続くコーナーで「卵が上手く割れない」というあまりに凡庸な悩みをカミングアウト。「バッシャーンといっ(割れ)ちゃう」そうで、あるとき友達に卵を割るよう頼まれた際には「テンパった」という。また、「暗くして寝ない」と意外にも怖がりな一面を告白し、共演者を驚かせた。

小さなころから! YOSHIKIの仰天エピソード

2015年8月30日放送の「関ジャム 完全燃SHOW」(テレビ朝日系)に出演した際に披露したのは小学生時代の話。YOSHIKI少年は、給食のパンは焼いたほうが美味しいと思い、トースターを持参したそうで、さらに同級生も使えるようにと2台用意するやさしさ溢れるセレブっぷりを語った。さらにファンの間では伝説となっている、カレーとシャワーのエピソードについても言及。

過去にもテレビで披露された「カレーが辛い事件」は、ライブの前日にスタッフが買ってきたカレーが通常の数十倍も辛いカレーだったために辛さで血の気が引き、リハーサルをキャンセルして帰宅したというもの。また、水の調整ができずお湯しか出ないシャワーを浴びて軽い火傷を負った「シャワーが熱い事件」についても振り返り、番組内で大盛り上がりとなった。ちなみに、前者のカレー事件をもじって、後に「X JAPAN YOSHIKI伝説 キレ辛カレー」という名の限定グッズが誕生している。

その天然ぶりがたびたび話題になるYOSHIKIだが、今年1月9日放送の「マツコの知らない世界」(TBS系)では、かつて亡くなったHIDEとTAIJI の2人のメンバーについて「もちろんこの世には存在しないんですけど、気持ちのなかでは一緒にやってる」としみじみ語るシーンも。悲しみを乗り越え、前進し続けるX JAPANを支えるのは、YOSHIKIのそんな優しさなのかもしれない。

(文/ナカニシハナ)