2011年に全米で放送開始されて以来、年々評価が高まっている海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」。2016年のエミー賞ドラマ部門では、2年連続で作品賞を受賞し、史上最多となる12冠を獲得した。世界中のドラマファンや映画ファンを熱狂の渦に巻き込み、放送日には各地でウォッチ・パーティが行われるなど、アメリカを中心に社会現象を巻き起こしている。日本ではまだ認知度が低い印象もあるが、観た人は「観ないと人生損している!」と口々に話す注目作だ。

予算も世界観も映画なみの超ド級のスケール!

Game of Thrones © 2013 Home Box Office, Inc. All rights reserved.
HBO® and related service marks are the property of Home
Box Office, Inc. Distributed by Warner Home Video Inc.

物語は、夏と冬が不規則に訪れる架空の大陸にある七王国を舞台に、一つの玉座を巡って複数の名家が熾烈な覇権争いを繰り広げるというもの。原作は、ジョージ・R・R・マーティンの長編小説「氷と炎の歌」シリーズで、その壮大な世界観ゆえに、長年にわたり映像化は不可能と言われていた。

しかし、アメリカの大手ケーブル局HBOが、1話につき製作費約1000万ドル(約11億円)もの巨額を投じて見事に映像化。中世イギリスを彷彿とさせる世界観はケタ違いのスケールで描かれ、緻密に作り込まれた衣装や建築、風景の美しさに思わず酔いしれてしまう。

また、本作にはドラゴンや怪物、魔術といったファンタジー要素も登場するが、細部に渡るまでリアルに映像化されており、RPGの世界観が好きな人はハマること間違いなし。そして、特に圧巻なのが戦いのシーンだ。何百もの矢が降り注ぎ、馬が倒れ、容赦なく兵士の首が飛ぶ。当時の戦における力と力のぶつかり合いを最高のクオリティで活写していることも、本作が「映画を超えるドラマ」と名高い理由の一つだろう。

推しキャラが決まればもっとハマる! 主人公不在の濃厚な群像劇

Game of Thrones © 2013 Home Box Office, Inc. All rights reserved.
HBO® and related service marks are the property of Home
Box Office, Inc. Distributed by Warner Home Video Inc.

100人を超える登場人物の多さも話題だ。覇権を巡る確執や陰謀といった愛憎渦巻く人間ドラマが壮大なストーリーに深い奥行きを与え、セックスやバイオレンスといった過激な描写と共に映し出されるそれらが、本作をファンタジーの枠を超えた“大人向けの歴史スペクタクル巨編”にしている。そんななか、異なる場所で多数のキャラクターによるドラマが同時進行で展開されていく。

だが、お気に入りのキャラクターが見つかっても、本作は一筋縄ではいかない。重要人物が容赦なく次々と最期を迎えるなど、TVシリーズの常識を覆す衝撃の展開が連続する。登場人物それぞれの動きから一時たりとも目が離せなくなり、複雑な人間模様にどんどん魅了されていく。

勇敢な男たちの姿はもちろん必見だが、強くたくましく生きる女性たちにも注目したい。女王や王妃として君臨するデナーリスやサーセイ、女剣士のブライエニー、賢く野心あふれるマージェリーなど、多数の魅力的な女性キャラが、中世の男性中心社会のなかで荒波に揉まれながらも活躍する。善良な者から悪役、中庸に立つ者まで、個性豊かなキャラクターたちの中に、あなたの推しキャラが見つかれば、もっと本作に夢中になるはずだ。

2019年、シリーズはついに最終章へ!

Game of Thrones © 2017 Home Box Office, Inc. All rights reserved.
HBO® and related service marks are the property of Home
Box Office, Inc. Distributed by Warner Bros. Entertainment Inc.

本作は第8章で最終章を迎えることが発表されている。現在撮影が行われ、今年の夏頃まで続く予定だとか。米Varietyによると、第8章の製作費は全6話で約130億円になるとも言われ、尺もこれまでより長くなると言われている。放送時期は明らかになっていないが、HBOの番組編成を担当する責任者・ケイシーブロイスは、放送が2019年になると言及している。 

玉座を巡る覇権争いが大局を迎えるだけでなく、“ホワイトウォーカー”と呼ばれる怪物との戦いも絡み合い、七王国を揺るがす死闘が始まる。物語の世界観にのめり込んでしまうほどの美しい映像と、怒涛の展開で見る者を釘付けにする「ゲーム・オブ・スローンズ」。第7章までは、DVD&ブルーレイで発売中だ。 まだ未見の人も、これまでのドラマや映画では味わえない興奮と感動を体験してみてほしい。

文=大原真理子/ss-innovation.LCC