2017年末に公開された映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』に出演、2018年3月公開の映画『曇天に笑う』では主演を務める俳優・福士蒼汰。さわやかなイケメン俳優として人気の福士には、あるギネス記録を達成した過去がある。彼のように、芸能人が達成した意外なギネス記録を集めてみた。

映画イベントで行われたギネス記録への挑戦!

福士が持っているギネス記録は、「最大のだるまさんが転んだ」。2014年、主演を務めた『神様の言うとおり』のイベントで、同作のキーとなるゲームである「だるまさんが転んだ」を、360名の女性ファンと共に行ったことが当時のギネス記録に認定された。ゲームに参加していない人やルール違反の人がいると認定されないため、参加者全員が真剣に取り組み、無事ギネス記録認定となった。

また、香取慎吾は2015年に『ギャラクシー街道』の公開直前イベントで、観客と共に「同時に食べさせ合ったペアの最多組数」に挑戦した。これは、二人一組で同時にパートナーに一口食べ物を食べさせ合う人数の世界記録に挑戦するというもので、香取と共演者の綾瀬はるかを含む244組、488人が同時にハンバーガーを食べさせ合うことに成功。見事ギネス世界記録樹立となった。

ちなみに、香取は2007年に「笑っていいとも!」(フジテレビ系)で「ミルクセーキの早飲み」のギネス記録で世界一になったものの、一瞬でタカアンドトシのタカに破られてしまったことがあることも同イベントで語り、「僕が世界一になったんですが、一瞬でした」と当時をふりかえっていたが、その悔しさがあるだけに記録達成の瞬間の喜びもひとしおだったようだ。

シングル首位連続からレモンの早食いまでさまざまな記録が

これまでに取り組んできた仕事がギネス記録に認定された芸能人もいる。KinKi Kidsは「デビューからのシングル首位連続作品数記録」を持っている。2017年に発売したシングル「The Red Light」で初登場1位を獲得し、ギネス記録も38作連続へ伸ばした。

ちょっと変わった企画でギネス記録に挑戦したのは劇団ひとり。「笑っていいとも!増刊号」で「レモン3個早食い」に挑戦し1分33秒で認定。はじめは「レモン1個早食い」で世界記録を出したのだが、数日後にギネスマニアの外国人に抜かれてしまったため、3個にも挑戦したのだとか。また、劇団は「1分間ニンニク早食い」でも12個という記録でギネスに認定されているが、こちらも同じマニアの外国人に抜かれ、再び劇団が抜き……といった攻防を繰り広げていることを、2009年12月放送の「嵐の宿題くん」(日本テレビ系)にて語っている。

真面目なものからおバカなものまでさまざまなギネス記録を持っている芸能人たち。今後どんな記録が生まれるのか楽しみだ。

(文/河村綾香)