今年9月に引退することを発表している歌手の安室奈美恵。2月から5大ドームツアー、3月にはアジアツアーも行うなど、ラストに向けて精力的に活動している。そんな安室には芸能人のファンも多く、「安室奈美恵になりたい!」という熱狂的な人も。安室に憧れる芸能人ファンとは?

イモトアヤコは安室になりたくて上京!?

熱狂的な安室ファンといえば、真っ先に思い浮かぶのがテレビでもたびたびファンであることを公言しているイモトアヤコ。2009年11月10日放送の「ウチくる!?」(フジテレビ系)のスペシャルに出演した際には、故郷の鳥取から上京したのは安室のようになりたかったからで、「(珍獣ハンターをしている)今は若干、方向性がちがうんですけど……」としながらも、「遠回りしつつ、いろんな経験もしつつ、最後は安室さんに」と語っていた。

また、昨年11月に行われた安室の企画展を訪れたことが話題になったKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔は、2012年10月19日の「笑っていいとも!」(フジテレビ系)のテレフォンショッキングにて、「初恋の人は安室奈美恵」と答えるほどの大ファン。

2016年6月15日の「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」(日本テレビ系)に出演した際には、もし生まれ変わったら、女性になってチェックのミニスカートにニーハイブーツを合わせた“アムラーファッション”を着こなしたいと発言。さらに、男性を誘惑した後に「女ってそんなに簡単じゃないから」と突き放してみたいとまで語り、ファンを驚かせた。

安室に真似されたアノ芸人とは?

9歳からファンだという香里奈は、2017年3月の雑誌イベントで「安室奈美恵さんが20歳で結婚したので20歳で結婚しようって思ってた」と語ったことがあるほど筋金入りのアムラーだ。

「安室ちゃんとともに人生があった」とまで言い切る彼女は、2017年9月25日放送の「キャッチ!」(中京テレビ)で「(2018年9月以降は)一個人の安室奈美恵になる。その部分をメディアは追わないでほしい」とコメント。安室本人を思いやる言葉は、まさにファンの鑑だ。

安室になりたいと憧れる芸能人が多い中、逆に安室に真似してもらえたと喜ぶのが平野ノラ。平野が鉄板ネタとしてたびたびテレビで披露している“舘ひろしポーズ”を安室とダンサーたちが真似た写真が公式SNSにアップされたのだ。これには平野も「アムラーだったからこれにはくりびつ、てんぎょー、いたおどろ!いつまでも安室ちゃんはスーパーウーマンだよねー」と喜びを爆発させた。

刻々と迫る安室奈美恵の引退の日。ファンとしては寂しいが、誰もがこれまでの功績をたたえ、感謝し、今後の彼女の人生が幸せであることを願っている。安室奈美恵の生き方に憧れるファンだからこそ、彼女の「引退」という決断も理解できるのだろう。

(文/河村綾香)