俳優・堤真一が1月10日放送の「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)に出演し、16歳年下の妻との結婚のきっかけは、妻からのプロポーズだったことを明かした。「あんまりこうやって会うのも良くないかもしれんね」と、別れ話に近い話を切り出した堤に対し、妻は「私はあなたと結婚したいんですけど」告白。その場で「じゃ、結婚しよう」となり、その日のうちに入籍したという。女性側からのプロポーズで結婚した芸能人は、堤のほかにもいる。

元モー娘。の二人は普段の会話の中でプロポーズ

2014年に「バレンタイン婚」した高橋愛・あべこうじ夫妻は、ラジオ共演をした際に高橋があべに一目惚れ。のちに舞台で再び共演したことをきっかけに交際がスタートした。結婚会見でプロポーズについて問われると、電話の最中に結婚の話題になり、「じゃあ(結婚)する~?」と高橋からのプロポーズだったと回答。自然な流れで結婚にたどり着いたそうだ。

また、同じく元モーニング娘。で1月10日に第1子誕生を報告した吉澤ひとみも、吉沢からのプロポーズで結婚したそう。吉澤は、「私が『結婚したい』『家族が欲しい』とすごく言っていたら『すればいいじゃん』と言われた」そうで、「じゃ(話を)進めるからね」と返事をして、トントン拍子で結婚することになったと、2015年のイベントに登壇したときに語っている。

お酒の力を借りて失敗した鈴木奈々、公開プロポーズに挑んだmisono

プロポーズがスムーズにいかなかったのは、タレントの鈴木奈々。お酒のイベントでお酒の失敗談を聞かれた鈴木は、「お酒の力を借りて逆プロポーズをしました。そうしたら断られました」と告白。しかし、「俺のタイミングでプロポーズするね」と言われ、1年後に彼からプロポーズしてくれたと相変わらずのラブラブエピソードを披露した。

歌手のmisonoは、レギュラーを務める「音ボケPOPS」(TOKYO MX)に交際中だったNosukeが所属するロックバンド、HighsidEがゲスト出演した際、公開プロポーズをして番組を盛り上げた。はじめはNosukeが「結婚を前提に付き合っていただいていたと思いますけど、よかったら結婚してください」とプロポーズしたのだが、これにバンドメンバーや共演者がダメ出し。共演者からの提案でmisonoから「結婚しよ~!」とプロポーズすることになった。

女性から男性にするプロポーズの場合、あらたまった場所や言葉でするよりも、日常の会話の流れですることのほうが多いようだ。結婚に対しては、女性のほうが決断力も潔さもあるのかもしれない……?

(文/河村綾香)