1月18日、「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)の人気コーナー「グルメチキンレース・ゴチになります!」の新シーズンとなる“パート19”が開幕。旬の女優・橋本環奈、人気アイドルグループ・Sexy Zoneの中島健人が新メンバーとして発表された。

ネットには、「新レギュラー美男美女だ!」や、初戦から1位であった中島に「初回で1位のケンティーすごい!」「『サンキューデリシャス』の台詞には笑ったわ」などの声が沸き起こった。これまでにも、多くの人気者たちが登場した同コーナー。その歴史を振り返ってみよう。

モデル出身タレントが多い? 美女たちのキュートな制服姿

「ゴチになります!」は、高級レストランにてメンバー各々が値段を見ずに料理を注文し、“設定金額”との差が最も大きかった者が全員分の食事代を自腹で払うルールで繰り広げられる人気企画。1998年のスタート以来、多くのタレントたちが学生の制服風衣装に身を包み、バトルに挑んできた。

同コーナーのレギュラー陣には、モデル出身のタレントが少なくない。2006年(パート7)に、“元祖癒し系”グラビアアイドルとして人気を博した優香を皮切りに、2007年(パート8)には井上和香、2008年~2009年(パート9~10)にはセレブな出自のファッションモデル・森泉と続く。さらに2010年~2011年(パート11~12)には女性ファッション誌の専属モデルや、グラビアでも活躍し、現在は女優業に大忙しの佐々木希がレギュラーに。ミニスカートから覗くすらりとした脚線美に男性視聴者は釘付けとなった。

さらに同コーナーは、バラエティ番組には珍しい女優たちのレギュラー出演も。2012年(パート13)には杏が登場。自身が実際に着用していた中学時代の制服や、アニメ「エヴァンゲリオン」のキャラクター・綾波レイを模した“制服コスプレ”が大きな話題に。2016年〜2017年(パート17〜18)には、女優・二階堂ふみも登場。80年代風のセーラー服に“聖子ちゃんカット”の出で立ちが「清楚!」「ピュアでかわいい」と反響を呼んだ。

非情なクビレース!“ガチ涙”を見せた卒業生たち

“笑い”そして“萌え”まで詰まった同コーナーだが、メインはあくまで“ガチンコバトル”。過去には、戦いに破れ“ガチ涙”を見せたメンバーも多い。

同コーナーでは2002年(パート3)から、年間自腹総額が最も多い人物がレギュラーを“クビ”になる厳しいルール「クビレース」がある。2007年(シーズン8)では、井上和香が年間自腹総額トップとなり、「クビは嫌だ~!」と顔をくしゃくしゃにして大号泣。2015年~2016年(シーズン16~17)では、俳優・柳葉敏郎がクビに。「楽しかったことしか思い出せない。たった2年間なんですけどね……」と目尻の涙を拭った。

そして、コーナー発足19年以来の無敗神話を誇った“ミスター・ゴチ”ことTOKIO・国分太一も、2017年12月21日放送のパート18の最終戦で、ついにクビとなった。「19年いたってことは、卒業しなきゃいけないのかなっていつも思ってもいました。もう43っす。(中略)次のステージでまた頑張っていけたら」と目を潤ませた。

メンバー全員の食事代は、時には数十万にもおよぶ。ルールとはいえ、敗者は本当に自腹を切っているのか? そんな声がネット上でたびたびささやかれてきたが、佐々木希は自身のブログで「いやぁ、前回ついにやってしまったからね(泣)自腹金額約23万円」「かなりイタいよ」「よく取材などの質問で『本当に自分で払うんですか?』って聞かれるけど、本当ですよー」と“やらせ疑惑”をきっぱり否定。勝てば“タダ飯”で万々歳だが、その分負けたリスクは大きいようだ。

(文/ナカニシハナ)