仕事でミスをした、恋人にフラれた、試験に合格できなかった……。長い人生イロイロありますよね。考えすぎて一歩も進めなくなったり、クヨクヨしてしまったり。そんな時どうやって気分を切り替えていますか?

つらい時に見習いたくなるような姿勢が、随所に散りばめられているのが、紛争地帯で活動を続ける国際援助活動家たちを活写したヒューマン・ドラマ『ロープ 戦場の生命線』(2月10日公開)です。映画の登場人物たちは、常に命の危険にさらされるような“しんどい”どころではない過酷な日常でさえも、ユーモアでくるんでしまうのです。

地雷、武装勢力、国連…次々と立ちはだかる困難

(C) 2015, REPOSADO PRODUCCIONES S.L., MEDIAPRODUCCIÓN S.L.U.

舞台は1995年、停戦直後のバルカン半島のとある山岳地帯の村。主人公ら“国境なき水と衛生管理団”は、生活用水を供給する井戸に投げ込まれた死体を引き上げようと奮闘するものの、村で唯一のロープが切れて支援活動がとん挫してしまいます。死体の腐敗が進んで井戸水が汚染される前に、1本のロープを手に入れようと、彼らは危険地帯を奔走するのですが……。

停戦の合意がなされたものの、依然続く小競り合い。いつ銃弾が飛んできてもおかしくない状況の中、あちこちに埋められた地雷や野宿もやむなしの道路封鎖、そして武装勢力が彼らの行く手を阻みます。

外国人には頑なに物を売ろうとしない商店主や、非協力的な国連軍、銃を持った不良少年グループに、水ビジネスを企む武装勢力らとの対峙など、とにかく過酷な状況が主人公一行を襲いますが、彼らは、自らの命を顧みず活動を続けていきます。

過酷な状況を乗り切るユーモアあふれるやり取りにクスリ

(C) 2015, REPOSADO PRODUCCIONES S.L., MEDIAPRODUCCIÓN S.L.U.

死がすぐ隣にあるような、超過酷な状況下で、一行が大切にしているのがユーモアなのです。

紛争地域に初めて赴任してきた新人女性職員ソフィーとベテラン職員ビーが車で走っていると、道路の真ん中に牛の死骸が。深いことを考えずに迂回しようと提案するソフィーに向かって、ビーはこの牛が罠であり、牛の左右どちらかに地雷が埋まっているかもしれないと脅しをかけます。

右か、左か……。究極の2択で顔をこわばらせるソフィーを前に、“したり顔”で、かつて同様のケースに陥った際の対処メモを取り出すビー。新人いじりをかまし、妙に嬉しそうな表情のビーと、恐怖におののくソフィーの対比が笑いを誘います。

そんなお茶目なビーは “国境なき水と衛生管理団”のムードメーカー的存在です。陽気な村の人々を称して「赤ん坊も笑って生まれてくる」と軽口を叩いたり、言葉が通じない相手に対して、「ロープ」を説明するのに縄跳びをするマネをするなど、シリアスな場面でもどこかユーモラスな言動を連発します。

少し軽薄にも見えますが、実は死と隣り合わせの日常を送る活動家たちの心理を誰よりも理解しているビー。彼はユーモアで、戦場の悲惨さや不条理な出来事からくる虚無感を吹き飛ばそうとしているんです。

伊達男ベニチオ・デル・トロ×名優ティム・ロビンスらによる最高のアンサンブル

(C) 2015, REPOSADO PRODUCCIONES S.L., MEDIAPRODUCCIÓN S.L.U.

名優ティム・ロビンスが演じたビーと絶妙な掛け合いを見せるのが、ベニチオ・デル・トロ扮するリーダー・マンブルゥです。ボスニア紛争の悲惨な現実を目の当たりにし、ともすれば「理性」が吹き飛ぶような厳しい状況下でも、シリアスと笑いを違和感なく併存させる彼らの緩急の効いた演技は、さすがいぶし銀の魅力を放つ実力派俳優たちと言えるでしょう。

この2人に加えて、皮肉な笑いを提供する管理団のお目付け役・カティアに『007/慰めの報酬』(2008年)のオルガ・キュリレンコ、観客の目線の役割を果たす新人職員ソフィーに、『海の上のピアニスト』(1998年)のメラニー・ティエリーという一級スターが集結。

緊迫感溢れる彼女らの演技があるからこそ、マンブルゥとビーの笑える掛け合いが活き、最高のアンサンブルが実現します。最初は不協和音を奏でていた彼らが、使命感という崇高な志の下、次第に心を1つにしていく高揚感が伴う連帯感は絶品です。

(C) 2015, REPOSADO PRODUCCIONES S.L., MEDIAPRODUCCIÓN S.L.U.

戦争の残酷さに胸を焦がし、さまざまな理不尽や不合理に落胆しながらも、日々挑戦を続ける“国境なき水と衛生管理団”のメンバーたち。彼らのユーモアあふれる姿は、観るものを笑わせると同時に、ホロリと感動させ、そして勇気づけてくれることでしょう。

(文/足立美由紀・サンクレイオ翼)