先日発表された第60回ブルーリボン賞で、『ミックス。』の演技が高く評価され主演女優賞を受賞した新垣結衣。今年6月で30歳を迎えるとは思えないほど圧倒的な透明感を放ち、映画やドラマ、CMと大活躍。変装しないと外出できないのでは? と思うが、実は変装をしなくてもプライベートでは全く気付かれないという。今回は芸能人のプライベートでの服装にまつわるエピソードを紹介しよう。

高校の制服姿のまま竹下通りを歩いて気付かれなかった広瀬すず

2016年11月12日放送の「王様のブランチ」(TBS系)のコーナー「買い物の達人」にゲスト出演した際、新垣は渋谷や表参道でショッピングすることが多いと語り、周囲にバレないのかと問われると、「全然バレないです。表参道の有名なパンケーキ屋さんの行列に普通に並んで、普通に食べて、普通に帰りました」と語った。新垣のように変装をしない人気者は意外にも少なくないようだ。

数多くのCMや映画に出演し、3年ぶりの連続ドラマ主演となる「anone」(日本テレビ系)に出演中の広瀬すずは、高校時代、変装をせずに制服で竹下通りを歩いたことを2017年2月20日放送の「しゃべくり007」(日本テレビ系)で告白。その際にヘアサロンから「カットモデルどうですか? 事務所に入られていますか?」とスカウトを受けて、「すみません」と断ったところ、さらに追いかけられたが、最後まで広瀬すずだと気付かれなかったという。

また、ナインティナインの岡村隆史は、“開き直って”全く変装しないのだそう。2010年3月11日放送の「ナインティナインのANN」(ニッポン放送)で、ゲスト出演した博多大吉に「普段から全然変装しない」と暴露された岡村は、「どうせ身長でバレるから、剥き出しで行く」と語った。

綾瀬はるかはオリジナルな変装方法で多部未華子からダメ出し!?

女優の綾瀬はるかは、2016年3月16日に「スタジオパークからこんにちは」(NHK)に出演した際、VTR出演した友人の多部未華子に、変装にまつわる恥ずかしいエピソードを暴露された。初めて二人で食事に行ったとき、綾瀬はストールで目を除いて頭部全てをぐるぐる巻きにして登場。あまりにも怪しい風貌だったため、理由を聞いたところ、「メガネも帽子も忘れちゃったので変装してる」と答え、「逆に目立つからやめたほうがいい」と提言されたという。

また、アイドルクループ嵐の櫻井翔は、2017年11月16日放送の「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)で、出前を取ったときに自分とバレないように瞬きを多くして、「すごく瞬きする奴」になると告白。独特の変装方法を明かした。これには司会の有吉も思わず「バレてんだから」とツッコミ。スタジオの笑いを誘った。

他にも、マツコ・デラックスは2017年11月6日放送の「しゃべくり007」(日本テレビ)に出演した際、女装してなきゃバレないだろうと素の状態で旅行に行っていたと告白。街で声をかけられても、近所に相撲部屋があったため体型を利用して「新弟子のふりをしていた」と語った。

人気芸能人は、人目を忍んで行動しているという先入観があるため、変装をしていなくても意外と周りからは気付かれないのかもしれない。普段からアンテナを張り巡らせて街を歩けば、憧れの芸能人に遭遇できるかも?

(文/小澤裕)