スマホマガジン「Hot-Dog PRESS」で連載され、絶大な人気を誇ったオリジナル漫画「レオン」が同名タイトルで実写映画化された。地味でナイスバディな派遣OL・小鳥遊玲音(たかなし・れおん)と年商500億の女好きワンマン社長・朝比奈玲男(あさひな・れお)の心と身体が入れ替わり、会社乗っ取りの危機に立ち向かう痛快コメディだ。

本作が劇場長編映画初主演となる知英(ジヨン)が玲音役で捨て身のオッサン演技を披露。朝比奈役の竹中直人は乙女になりきって内股歩きで走り回り、観客を爆笑の渦に巻き込んでいる。

豪華キャスト陣による濃すぎるキャラクターたちに負けない輝きを放つのは、玲音の恋心を弄ぶプレイボーイ・日下(くさか)を演じた山崎育三郎だ。ミュージカル界のプリンスとして確固たる地位を築く一方、「あいの結婚相談所」(2017年/テレビ朝日系)で連続ドラマ初主演を務めるなど、美声と卓越した演技力で注目を集め続ける、山崎育三郎にお話を伺った。

ミュージカルの要素を取り入れて行った役作り

Q:日下は、常に薔薇を持ち、キレッキレに動く自信過剰のナルシストというかなり濃いキャラクターでした。どのような役作りをされましたか?

個性的な役ですから、セリフや薔薇を持って投げる仕草などをどのように表現していくか、じっくりと考えました。それから、塚本連平監督に実際の演技を見ていただいて、話し合いながら役を作り上げていきました。

Q:山崎さんはミュージカルのお仕事をされていることもあって、手足の使い方が大変美しかったです。

自分にしか出せない色を出したいという気持ちがあったので、体のキレやしなやかな動きなど、ミュージカルの要素を少し取り入れました。

Q:本作で共演した知英さん、竹中さんとは「オーファン・ブラック~七つの遺伝子~」(2017年/東海テレビ・フジテレビ系)でもご一緒されていますね。『レオン』を先に撮っていたそうですが、現場では山崎さんのナルシスト演技を見た、知英さんの笑いが止まらなかったとか。

知英ちゃんのツボに入ったみたいで、かなり笑っていましたね。僕は、照れなしに振り切って演じないと笑いにつながらないと思ったので、日下がすべての動きを本気でかっこいいと思っていると信じて、役に挑みました。僕自身は、竹中さんの演技がツボで(笑)。一緒のシーンで笑わないように気を付けました。

コミカルな悪役に挑み、新境地を開拓

Q:竹中さんの乙女な演技、面白かったですね(笑)。山崎さんも本作でコミカルな悪役を演じ、新境地を開拓されています。

これまでに、「お義父さんと呼ばせて」(2016年/関西テレビ・フジテレビ系)でコミカルな役、「あいの結婚相談所」でミュージカル調の役をやらせていただきました。しかし、映画でコミカルな悪役を演じるのは初めての経験で、自分にとって挑戦でした。楽しい作品だからこそ、真剣に挑まなければなりません。今回は、緊張感あふれる撮影現場の中で、自分を解放して表現することを学びました。

Q:日下は悪役ではありますが、憎めないキャラクターでした。

最悪な男ですが、キャラクターとして愛されるところを残して演じようと意識しました。本当に憎たらしくて悪い男だと、そこから笑いにつなげていくことが難しいと思ったので。

Q:もっとも印象に残っているシーンを教えてください。

日下が女性たちに囲まれ、責められるシーンがあるのですが、去り際にポケットの中に入った大量の薔薇の花びらを撒くんです。それを1回で決めなければならなくて。

Q:それはかなりのプレッシャーですね。

それが、1回でバサーっと上手く撒けたんです。あのシーンは頑張りました。すごく印象に残っています。

Q:カットの声がかかったときに、拍手喝さいだったのでは? 万が一、失敗していたら、お片付けも大変ですし(笑)。

拍手が起こっていたと思います。監督からも“キレイだった、良かった”と言われて、嬉しかったですね。

Q:山崎さんは、1月18日に32歳を迎えました。今年はどういう年にしたいですか?

昨年は、ミュージカルやCDのリリースのほか、連ドラ5本に加えて『レオン』を撮り、実写映画『美女と野獣』(2017年)で日本語吹き替えを担当するなど、いろんなジャンルのお仕事を一気にやらせていただきました。今年は、ひとつひとつのお仕事にじっくりと向き合う時間を持ちたいですね。いま、バラエティ番組「世界の村のどエライさん」(関西テレビ・フジテレビ系)でMCに初挑戦させていただいています。今年もいろんなお仕事をしながら、ミュージカル界を盛り上げ、役者としても幅を広げていきたいと思っています。

(C)清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会

映画『レオン』
2月24日(土)より新宿バルト9ほか全国公開
公式サイト:http://reon-movie.com/
配給/ファントム・フィルム
(C)清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会

スタイリスト/百瀬豪
ヘアメイク/福田純子(Nestation)

取材・文/田嶋真理 写真/横村彰