3月17日に公開される『ちはやふる -結び-』は、“競技かるた”を題材にした少女コミックが原作です。2016年には「上の句」「下の句」と2作が実写映画化されています。

このシリーズでは激しい競技かるたの世界で活躍する選手を熱演した、広瀬すずや野村周平、新田真剣佑ら若手俳優たちが話題となっています。今回はシリーズ完結編となりますが、一体どんな演技を見せてくれるのか楽しみです。そこで、彼らの演技と演じたキャラクターの魅力を、これまでに公開された映画や原作、その中で存在感を放った名台詞に振り返ってみたいと思います。

『ちはやふる -結び-』/2018年3月17日(土)全国公開/(c)2018映画「ちはやふる」製作委員会 (c)末次由紀/講談社

かるたに情熱を注ぎすぎる“無駄美人”…千早(広瀬すず)

広瀬すずが演じるヒロインの千早は、情熱の全てを競技かるたに捧げる“かるた馬鹿”とよばれる人物です。ルックスは美人の部類に入るものの、話すとかるたのことばかりで残念な感じがするため、“無駄美人”ともよばれています。

“かるた”というとインドアで落ち着いたイメージですが、本作で描かれる競技かるたは他のスポーツに負けないほど激しい競技です。試合後の消耗も激しく、試合を終えた千早がその場で力尽き、白目をむいて寝てしまうほど。映画ではそんな激しい試合とその後の一幕までを、広瀬すずがコミカルに演じています。

「下の句」では松岡茉優が演じる、かるた界最強のクイーンでライバルキャラクターの詩暢が登場しました。千早はかるた部創部の立役者ですが、彼女との勝負にとらわれ、一時はチームで勝つという目標を乱してしまいます。

原作には「正々堂々とやって負けて、かっこ悪いことあるかーー!!」(コミックス1巻)という、彼女の熱い青春を感じさせる名台詞がありました。かるたに没頭できるのは千早の強さですが、裏を返すと周りが見えなくこともあるわけです。

詩暢との勝負にとらわれ、チームメイトの助言に対しても、感情むき出しで激しく声をあらげる千早。そのときの睨むような広瀬すずの表情が、いつも明るくポジティブな彼女が、強大な敵に囚われていく焦燥感を伝えています。

万能キャラの繊細な心の内とは?…太一(野村周平)

野村周平が演じる太一は、千早のチームメイトでかるた部の部長。チームにとってはなくてはならないバランサーです。しかし、実は彼が競技かるたを続けているのは、幼い頃から恋する千早のため。そのことに負い目を感じ、さらに千早をめぐる恋のライバルである新のかるたの才能にも引け目を覚えています。

太一は見た目がイケメンで、実家は金持ち、成績優秀という万能キャラです。しかし、その外見からは見て取れない彼の内面のギャップこそが、太一の人間臭い魅力を感じる部分ではないでしょうか。

映画版では「上の句」で師匠である原田先生に、「青春をすべてかけても新には敵わない」と弱音を吐くシーンがありました。いつもの冷静な様子からは一変し、うっすらと悔し涙を浮かべ、苦悶で表情を歪めながら自分の心情を伝える野村周平の演技が、みんなが思う万能キャラからは想像がつかない太一のコンプレックスを巧みに表現しています。

千早はかるたの強い新に子供のころから憧れと思慕の情を無意識に抱いており、かつて新に嫉妬した太一は彼のメガネを隠したことがありました。それは高校生になった今でも彼の心に暗い影を落としています。かるたの試合の局面では運の強さも大事となるだけに、幼い日の嫉妬が原因で神様に見放されたと嘆くことも。

そんな太一の心情は、原作の「先生おれはA級になるより逃げないやつになりたい」(コミックス18巻)というセリフにつながっていきます。試合で負けた際に「泣くな。おれはまだ泣いていいほど懸けてない。“悔しい”だけでいい」(コミックス5巻)というセリフからは、過去の自分と向き合い、もがく太一の心情が強く感じられました。

離れていても、かるたを通じて伝わる気持ち…新(新田真剣佑)

新田真剣佑が演じる新は、千早と太一がかるたを始めるきっかけを作ったキャラクターでした。永世名人の祖父をもち、幼い頃から1人でもストイックにかるたに打ち込んできたため、かるた界では名前が広く知られる実力者です。かつて、師匠である祖父の介護や死によって、新は一時かるたから離れたことがありました。しかし、千早や太一が離れた場所で奮闘していることを知り、再びかるたに対する情熱を取り戻します。

「下の句」では、千早たちの奮闘を見て「個人戦なのに、離れているのに皆の気持ちが繋がっている」と感動するシーンがありました。負けるとわかっていても、次に戦う仲間のために少しでも相手を消耗させようとする姿勢に対する思いを、新田真剣佑は驚きと感動が入り混じった表情で表現しています。

これまで、常に1人でストイックにかるたと向き合うしかなかった新は、離れた場所にいる千早たちが作り上げたかるた部というチームの絆の強さを感じます。それにより、自分と同じようにかるたに情熱をかける千早とは、離れたところに住んでいてもかるたを通してつながっていけると再確認するのです。

新も太一と同様に千早のことを想っています。しかし、千早は太一と付き合っていると勘違いしていたため、「上の句」では連絡先を直接千早にではなく太一に渡す一幕もありました。このシーンは朴訥な新のキャラクターを伝えています。その後、新は太一から千早と付き合っていないことを知らされますが、新田真剣佑が演じた安堵の表情は、千早に対する感情を如実に物語っています。

『ちはやふる -結び-』/2018年3月17日(土)全国公開/(c)2018映画「ちはやふる」製作委員会 (c)末次由紀/講談社

「上の句」はかるた部の全国大会出場をかけた戦いを描くスポ根もの。一方の「下の句」は、全国大会という大舞台を前にそれぞれが抱える葛藤と向かい合い、それを乗り越えるという作品でした。最新作の「結び」では、前作から2年の時が流れています。その間に千早は詩暢へのリベンジを誓い、新はチームを率いて大会に出場し、その一方で太一が部を辞めてしまいます。

3人は高校生活最後の大会を迎えますが、それぞれの物語がどのような結末を迎えるのか? 3人の恋の行方も含めて、ぜひ注目してみてください。

(文/Jun Fukunaga@H14)