負けん気の強い女子高生・つくしと大財閥の跡取り息子・道明寺の恋模様を描いた2005年放送のドラマ「花より男子」(TBS系)。その新章となる「花のち晴れ~花男 Next Season~」(同系)が、今年4月よりスタートします。「花より男子」といえば、高視聴率を獲得し、映画や舞台化もされた大ヒット作品。今回は、再び注目を集めている本作にまつわるエピソードをご紹介しましょう!

キンプリ平野紫耀「花晴れ」で見せるド天然は、リアルも同じ!?

「花より男子」は嵐・松本潤や小栗旬の出世作!?

アイドルグループ・嵐のメンバーの松本潤や、俳優の小栗旬など、人気者たちが出演していた「花より男子」。松本は、態度は高慢ながらもピュアな性格の道明寺司を、小栗は、クールだがつくしが困っているときには手を差し伸べてくれる御曹司・花沢類を演じ、女性たちをときめかせました。

デビュー当時から活躍していた二人ですが、本作の出演が、さらなる飛躍のきっかけとなりました。2018年1月8日放送の朝の情報番組「ビビット」(TBS系)では、松本が同ドラマについて語っています。

この日、番組のコーナー「月刊太一」にゲスト出演した松本。MCを務めるTOKIOの国分太一から、役者としての転機について問われると、「花より男子」への出演が転機となったことを認めたうえで、「本当に感謝しています」とコメント。「この前も小栗くんといた時、間違いなく俺らはあの番組に出ていなかったら今こうなっていないって話しました」とも語りました。

また、本作での共演以降、松本と小栗はプライベートでも交流するようになったそう。国分から「小栗くんが仲良いのかな、役者の中では?」と質問されると、松本は「そうですね。久しぶりではあったんですけど、この間二人でご飯を食べにいきました」と最近の交流について明かしました。

ドラマに舞台、アニメ、映画…名だたる俳優が参加

ドラマ「花より男子」では松本&小栗以外にも、松田翔太、阿部力がF4のメンバーとしてブレイクしています。原作コミックは累計発行部数6,100万部を超えた超人気作品。ドラマ以外にも、さまざまなメディアミックス作品が制作されてきましたが、実はそこにも人気俳優たちが参加しています。

例えば、1993年に発売された『花より男子』のCDブック。ラジオドラマ風に仕立てた本作品では花沢類が主役となっていますが、その花沢の声を元SMAPの木村拓哉が演じています。ちなみに本作が木村にとって初声優作品となっています。

牧野つくし役を内田有紀が演じた1995年の実写映画版では、谷原章介が道明寺司役を、藤木直人が花沢類役を演じています。2人は本作が俳優デビュー作品となっています。

また、1996年にテレビアニメ化されたときは花沢の声を俳優・山本耕史が担当。意外なところでは、現在は名バイプレーヤーとしても知られる八嶋智人が、声優として様々な役を演じています。

日に日に高まる「花のち晴れ」への注目度

今回、新章となる「花のち晴れ」には、今春CDデビューするジャニーズのアイドルグループ・King & Princeのメンバー、平野紫耀が出演します。平野が演じるのは、道明寺に憧れ、“庶民狩り”を行う5人組「C5」を結成する御曹司・神楽木晴。神楽木は、ジャニーズ事務所の先輩である松本が演じた、道明寺の後継者ともいえる存在なため、後輩の平野がどう演じるのか、早くも注目が集まっています。

社会的なブームを巻き起こしただけでなく、数々の俳優たちの登竜門ともなった「花より男子」。自ずと続編である「花のち晴れ」への注目度が高まっていますが、伸び盛りの若手俳優が出演するとあれば、新たな快進撃が期待できそうです。

(文/おがたま)