「強面のマッチョが、かわいい動物が好きだった」「スリムなのに食べっぷりが良かった」……など、思いもよらぬ男性の姿に、意図せずキュンとした経験のある女性は少なくないはず。イメージと正反対の行動をとられ、ドキッとしてしまう“ギャップ萌え”が、これでもかと盛り込まれた映画が、3月31日公開の『honey』です。

絶対近寄りたくない…! 入学式でもケンカ上等な赤髪ヤンキー

映画『honey』は、目黒あむの同名人気コミックを実写化した青春ラブストーリー。平祐奈演じる不良が大の苦手な女子高生・小暮奈緒と、注目のジャニーズグループ・King & Princeの平野紫耀扮する鬼瀬大雅の恋愛模様が描かれます。

この鬼瀬ですが、真っ赤な髪の毛と鋭い眼光から“超不良”として学校中で恐れられる存在。入学式の日にいきなり上級生とのケンカに明け暮れるような荒くれ者です。雨が降りしきる中、相手に強烈な蹴りをかましながら「来いよ!ゴラァ!」とメンチを切ったり、腰の入った強烈なパンチを相手にお見舞いしたりと、とにかく凶暴! 同じ学校にいたら、関わりたくないと思ってしまうほどの迫力がスクリーン越しにヒシヒシと伝わってきます。

花束持参でプロポーズ? ギャップありすぎの言動が可愛すぎる!

そんな怖~い鬼瀬に関わらないように過ごしていた奈緒ですが、ある日、彼から体育館の裏に呼び出されてしまいます。ビビりまくりの奈緒を待っていたのは、なんと鬼瀬からの突然のプロポーズ!

彼はバラの花束を持参し「俺と、結婚を前提に付き合ってください!」と、今の若者からは想像もできない真摯な愛のメッセージを贈り、奈緒への気持ちをストレートに表現します。バリバリの不良である鬼瀬ですが、そう、実は根っこは超ピュアなのです。

(C)目黒あむ/集英社 (C)2018「honey」製作委員会

その後、鬼瀬のギャップ溢れる行動は、さらにエスカレート。昼休みには、恥ずかしそうに「小暮の分も作ってきた」と自作のお弁当を持参しますが、その中身は、イカつい彼の見た目からは想像もつかないほど、彩りも鮮やかです。おにぎりの上には薔薇をあしらったおかずが乗っているという一般人のレベルを超えた料理の腕前を披露します。

さらに放課後、メールのやりとりをしている時には、奈緒からの返信が遅いことにヤキモキして「メール来ない」と落ち込んだり、2人で道を歩くときは必ず車道側を歩いたり、不得意な勉強にも一生懸命取り組んだり……。

好きな子と仲良くなりたいという純粋な気持ちで行動する鬼瀬はとにかくキュート。不良らしからぬ姿には、劇中の奈緒同様に、思わず胸がキュンとしてしまうことでしょう。

映画初主演ながら、怖~い不良と、可愛らしいピュアな好青年を見事に演じ分けた平野紫耀。王子様オーラを封印した、ケンカのシーンではアイドルらしからぬ“本物感”をムンムンに出し、ギャップ満載の鬼瀬という役に説得力を持たせています。その壮絶なギャップには多くの女性ががっちりと心を掴まれるはずです。

(文/スズキヒロシ・サンクレイオ翼)