台湾ドラマ「アニキに恋して」「僕らのメヌエット」の監督が描く純愛

ネット作家・我和你の小説が原作の中国ドラマ「アイ・ライク・ユー」シリーズ。「シーズン1」では海辺の小さな町を舞台に、親の再婚により姉弟になった外科医とサーフィン選手ら5人の男女の絡み合う感情が綴られた。今回の「シーズン2」のテーマはずばりBL! 男同士の揺れる思いがせつなくも甘酸っぱく描かれる。主演は棒棒堂の第7代メンバー・小楽としてデビューし、最近は「華麗なるスパイス」などで新人俳優として人気急上昇中のベン・ウー。

相手役には、ピーター・ホーの弟分として日本でも知られるアイドルユニットAKのクリス・シェン(ドラマ「泡沫の夏」など)が扮し、新鮮な大人の魅力を初披露している。これは真実の愛なのか。それとも友情なのか…。宝石会社を舞台に繰り広がられる物語。相手の気持ちを思いやるがゆえに葛藤、苦悩する2人の姿に萌えが止まらない! ヒロインを演じるのは「アニキに恋して~愛上哥們」のケイティ・チェン。台湾の北川景子と呼ばれるその美貌にも注目。

注目の新人イケメン俳優ベン・ウーが小悪魔風キャラで男を惑わす

(c)PPLIVE CORPORATION
ベン・ウー(左)&クリス・シェン(右)

「本当に君が好きなのか確信が持てないんだ」と言いながら、同棲中のヨウニンにバックハグして甘えるのが大好きなティエンチー。ある意味、罪なイケメンだが、演じるベン・ウーのピュアな雰囲気と清潔感が、このキャラ設定を可能にした。エンディングテーマ「不放手」も担当。第3話の中にこの曲を歌うシーンが出てくるので必見。

大人の男を演じるクリスがイケメン男子に直球な愛でアタック!

美少年コンテスト出身で現在25歳。ほかの作品ではまだ誰かの弟役を演じることが多いクリスが、今回はなんと大人の男の役に初挑戦! 理知的なジェントルマンになりきって「君は俺のすべてだ。手放すものか」と直球ラブなセリフを口にするのが新鮮。ソファに押し倒す、耳にキスなどのザ・BL的な攻めの仕草もたまらない。

(c)PPLIVE CORPORATION

ティエンチー<ベン・ウー>(左)
宝石会社のマーケティング部長。女性不信でヨウニンと同棲中。

ヨウニン<クリス・シェン> (右)
経済番組の司会者。知性溢れる優しい青年。ティエンチー命。

チン・イー<ケイティ・チェン> (中)
広告会社のアートディレクター。美人だが男まさりで気が強い。

STORY
ティエンチーは、叔父の願いよって宝石会社を継ぐことになる。同棲相手のヨウニンはティエンチーを深く愛してサポートするが、そんな二人の前に、広告代理店の美女、チン・イーが現われて……。

アイ・ライク・ユー(2016・中国)
監督:陳戎暉
出演:ベン・ウー(ティエンチー)、クリス・シェン(ヨウニン)、ケイティ・チェン(チン・イー)
あじどらはんにて、5月18日配信スタート! 毎週金曜0:00~1:00。リピート配信は5月26日より毎週土曜13:30~14:30

文:Mitoshi Mochizuki/制作:キネマ旬報社