石田衣良の小説「娼年」が、『愛の渦』の三浦大輔演出、松坂桃李主演での舞台化を経て、同コンビによりR18+作品として映画化された。“娼夫”として女性たちの奥深い欲望と向き合うことで、人として成長していくリョウの姿を描く人間ドラマ。松坂はいかにこの衝撃作に挑んだのだろうか?

舞台を経て映画で完成する“娼年”という物語

Q:舞台のあと「もう二度とできないと思うほど無の状態になった」そうですが、最初に映画化の企画を聞いたとき、どう思いましたか?

うれしかったです。あぁ、また大変なことをやるのか……とは思いましたけど(笑)。でも三浦監督が「映画化することで、ようやく『娼年』が完成する」とおっしゃっていて、確かにそうだと思ったんです。映像は舞台と違って細かい表情を捉えられるし、体でのコミュニケーションに関しても、より繊細な部分を描くことができます。僕自身もそこは、ちゃんとカタチにしたいという思いがありました。

Q:映画の撮影では、舞台とは違った大変さがあったのでしょうか?

舞台はひとつの方向からだけでなくあちらこちらから観られますし、物語の最初から最後まで、ノンストップの流れを作って演じますから、体力的な大変さがあります。でも映像の場合はもっと繊細な部分、奥深い部分を攻めていかなくてはいけません。見た目には静かな芝居の中で、内面的なものを掘り下げなくてはなりませんでした。シーンごとに動きがきっちり決まっていながら、針にぴゅっと糸を通すくらいの繊細な心情を表現することを要求されたわけです。そんなふうにずっと神経を使った状態で、精神的な疲労度は高かったです。

Q:全シーンに絵コンテが用意されていたそうですが、演じながら動きのアドリブが出ることもあったのでしょうか?

もちろんリハーサルと本番とでは間合いが違ったりしますが、大きな動きのアドリブというのは絶対にありませんでした。お芝居での動きはリョウの娼夫としての立ち位置と彼の心の広さや優しさ、だからこその動きということになるので、そこには入念な動きの確認があり、積み重ねがあったので。本番ではそこに彼の感情、熱量の部分を乗せていくという感覚でした。

女性との出会いを通して成長する青年

Q:リョウは客として多くの女性と出会いますが、彼女たちの欲望の奥深さをどのように感じましたか?

人それぞれに“柔らかい部分”、人には見られたくない、知られたくない、触れられたくない部分というのは隠し持っているものですよね。それは特殊な性癖だったり悩みだったり、女性によってその種類はいろいろだと思います。リョウを演じることでそれらに触れて、とても優しい気持ちになれました。もともとリョウは大きな優しさを持ち合わせていたけどそれに気づかず、女性と出会っていく中で、自身の器の大きさを理解していったのだと思います。

Q:肉体のコミュニケーションを重ねることで人の欲望に触れ、そこから何かを感じて成長することが現実にあると思いますか?

人によってはあると思います。例えばリョウは最初のうちは戸惑いながら、あぁこういう人もいるのか……と思いながら知っていくわけですよね。それによって、リョウ自身も自分の過去を人に打ち明けるようになるわけです。それもひとつの変化ですよね。自分の柔らかい部分をさらけ出すって、怖いことでもありますから。それができるようになっただけでも成長だし、彼にとってそれは出会った女性のおかげだったわけです。

Q:ご自身はリョウのように、女性のさまざまなカタチの欲望を、受け止められると思います?

う~ん……どうでしょう。もしそういう人と出会ったとしても、それで引くとかビックリするということはないかもしれないですね。へ~…みたいな感じかもしれません(笑)。

Q:リョウを演じる上で、特に意識したことは?

いかに女性の細かい変化をキャッチできるかということです。セリフのやり取りではなく、体でのコミュニケーションをするというお芝居なので、そこの繊細さを見逃さないようにすることを大切にしました。表情だったり、その熱量だったり。呼吸ひとつとってもそう。それによってこちらの表情も変わっていくので、そこへのアンテナの張り方に気をつけていました。

気まずい!試写室を借り切る

Q:できた映画を観た感想は?

今回の試写は、関係者の方と一緒に観るのが気まずい! それだと頭に入らない! と思って、試写室を借り切って、一人で観させていただきました。もちろん、そんなことは初めてです。観終わったとき、なんだか日本映画っぽくないと感じました。どこかフランス映画のような。妙な生々しさみたいなものがなくて、それがこの映画の絶妙なバランスを保っている大きな要因だと思います。

Q:お芝居について、改めて感じることはありましたか?

この作品の舞台もやっているので、ようやくこの『娼年』が完成したなという気持ちと、30歳になる前にこの作品をやれて良かったと思いました。30歳になったとき、この作品をやっていなかった自分とやった自分とでは、絶対に大きく違っていたはずです。いままで自分がやってこなかった作品の色に自分が染まるということは、それによって違う景色が見えたりする。その刺激は、きっと今後に活かされると思うんです。30代に入ったら、きっとその経験が活きてくるはずです。その作用は大きいだろうと思います。

取材・文:浅見祥子 写真:日吉永遠