第70回カンヌ国際映画祭 批評家週間に選出され、日本人監督として10年ぶりの快挙を果たした『オー・ルーシー!』。平凡で地味な中年女性が、英会話教室のアメリカ人講師に恋をし、彼を追いかけて行った先で起こる珍騒動を描いた本作の魅力とは一体なんだろう。破天荒なストーリー、寺島しのぶが好演したイタイ中年女性の狂いっぷり、そして新進気鋭の監督・平柳敦子に注目し、その魅力にせまってみた。

アラフォーの生々しい孤独と欲望を描いた問題作

(c) Oh Lucy,LLC

さえない日々を送る43歳独身OL・節子(寺島しのぶ)。お金に困った姪・美花(忽那汐里)の代わりに受講した怪しげな英会話教室で、アメリカ人講師・ジョン(ジョシュ・ハートネット)と、日本人受講生のトムと名乗る男性・小森(役所広司)と出会う。

節子はジョンから金髪のウィッグとルーシーという名前を与えられ、教室では「ルーシー」になりきるようにと言われる。自然に交わされるハグ、自らが演じる陽気なルーシー。節子のなかで眠っていた感情が目を覚まし、いつしかジョンに恋心を抱いていく。

楽しい時間もつかの間、実はジョンは美花の恋人で、2人はアメリカへ行ってしまう。納得のいかない節子は、ジョンを追いかけて単身アメリカへ発つと決意するが、仲の悪い実姉(実花の母親でもある)の綾子(南果歩)も行くと言いだし、節子は綾子とともに日本をあとにする。そこから怒涛の騒動が巻き起こっていく。

コミカルな演出にリードされ、笑いの絶えない映画ではあるが、物語の本質は、「孤独」「欲望」「蔑み」「裏切り」など、人間の厭な部分を露わにしたトラジカルな内容になっている。ハッピーエンドなのか、そうではないのか。これは、観る人によって結末が変わる、混乱必至の問題作なのだ。

恋は盲目。節子のここがイタイ!

(c) Oh Lucy,LLC

本作の魅力は、キャラクターの個性なしでは語れない。とくに主役である節子のイタさ加減は、ため息ものだ。節子はどんな女性なのだろうか?

まず、節子は「いい人だよね」と言われるような女性ではない。部屋はゴミとモノだらけ。長きに渡る独り者の性分か、ひねくれていて他人に好かれない。実姉の綾子に男を取られてからは恋もできず、ただひとり老いていく地味な女性だ。しかしジョンとのハグで世界は一転、一気に“こじらせおばさん”になっていく。

節子の行動を平常心で受け止めてみると、かなりイタイ。

たとえば、ジョンが姪の彼氏であるとわかっていながら、アメリカまで追いかけてしまうあたりがそうだ。そして、ジョンに半ば強引に肉体関係をせまり、無邪気に告白するも断られてしまうくだり。中年女性の激しい欲情と乙女のようなかすかな期待。そこには「もう、やめなよ節子さん」と思わずにはいられない滑稽さがある。

しかし、もはや節子に諦念はない。なんと、ジョンを想って愛のタトゥーを入れてしまう! しかもそれを見たジョンは興醒めするという始末……イタイ、イタ過ぎる! のである。

新人監督、平柳敦子が投げかける“問い”

(c) Oh Lucy,LLC

本作は、第67回カンヌ国際映画祭シネフォンダシオン部門(学生部門)で2位に入賞した同名の短編映画(主演は桃井かおり)に、新たに物語を加えて製作した、平柳敦子初の長編映画である。

平柳敦子は17歳で渡米し、サンフランシスコ州立大学で演劇を学ぶ。30代になってからニューヨーク大学大学院映画制作学科シンガポール校に進み、卒業。監督業に転身した。現在41歳、サンフランシスコ在住。既婚者であり母でもある。

20代の頃は俳優を目指していたという彼女。しかし30代になり出産を経験し、我が子のピュアな目を見ながら「自分が今本当にやりたいこととはなんだ?」と自問した結果、映画監督だと気づいたという。

本作を観ていると、監督が自身に投げかけた問いは、主人公・節子にも向けられているように感じる。「愛されたい」、ただその一心で走り出す節子を通して平柳監督が伝えたかったのは、“自分に素直になること”ではないだろうか。

節子のキャラクターと、絶妙なさじ加減のユーモアによる立体的な物語で、鑑賞者に強いインパクトを残す『OH LUCY!』は、4月28日(土)より順次公開。登場人物たちと笑い、泣くことで、きっと私たちは、随分と生きやすくなるはずだ。

『オー・ルーシー!』
4月28(土) ユーロスペース、テアトル新宿 他にてロードショー
配給:ファントム・フィルム
(c) Oh Lucy,LLC

(奈良田ナオコ@YOSCA)