文=河合宏之/Avanti Press

高校生たちの吹奏楽への情熱を描く人気シリーズ「響け!ユーフォニアム」。これまで2期に渡ってTVシリーズが製作されてきたが、今後、2本の映画化プロジェクトが進行している。その第1作は、鎧塚みぞれと傘木希美にスポットを当てた『リズと青い鳥』(原作:『響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』)。映画『聲の形』などを手掛けた山田尚子監督によって、儚くも美しい青春の一篇が描かれる。

鎧塚みぞれ(右)と傘木希美(左) 『リズと青い鳥』
2018年4月21日公開 配給:松竹
(c)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

本編とともに重要な役割を果たすのが、みぞれと希美がコンクールにむけて練習を重ねる自由曲「リズと青い鳥」。この曲に登場する“リズ”と“少女”の物語に、みぞれと希美は自分たちを重ね合わせながら、最後のコンクールに臨んでいく。

注目は“リズ”と“少女”の一人二役を、本田望結が演じていることだ。女優、フィギュアスケートにとどまらず、初の長編アニメーション映画声優デビューとなる本作は、表現者としての幅をさらに広げる挑戦といえる。さらなる飛躍が期待される彼女に、収録の裏側をお聞きした。

違うようでいて、本質は同じ

リズ(右)と少女(左) 『リズと青い鳥』
(c)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

――一人二役を演じるうえで、どんなお気持ちで臨みましたか?

アニメのお仕事自体は何度か関わらせていただいていますが、一人二役は初めての体験です。ただ、山田(尚子)監督からは「望結ちゃんの好きなように演じていい」ということでしたので、気持ちが楽になりました。

――役作りについては、どのように取り組みましたか?

自分の想像で色を付けるのではなく、大切なのは監督のイメージです。監督との打ち合わせで印象的だったのは、「2人の違いは曖昧な感じ」ということですね。リズと少女は別人のようでいて、2人とも主人公が想像で描いた存在に過ぎません。その曖昧な雰囲気を表現するために、まったくの別人を演じてしまうと世界観にそぐわないものになります。そう考えると、私が二役を演じたことも納得できます。

――リズと少女の演じ分けも、重要だったのではないしょうか?

そうですね。「曖昧でいい」とはいえ、2人とも同じように演じてしまっては、観ている方も戸惑ってしまいます。そこで声そのものを変えるというよりは、それぞれの性格をイメージして変化をつけました。リズは落ち着いた大人な女性で、少女は天真爛漫で喜怒哀楽が激しいタイプ。2人の性格付けについても「自由」ということでしたので、イメージをふくらませて楽しく演じることができました。

――実際にアフレコを終えて、どんなお気持ちでしたか?

いまだに不思議な感覚が残っていますが、演じた側もフワフワした気持ちを抱くぐらいが正解だったんだと思います。一方で演技はしっかりとした形を残せたと思いますので、観てくださった方がどんな印象をお持ちになるか楽しみです。

根底にあるのは表現者としての姿勢

写真:伊藤さゆ

――あらためて声優という仕事について感じたことは?

もともと表現することが大好きなので、声優も女優も「違う仕事」という感覚はありません。特に「声だけですべてを伝える」という声優の仕事は、非常にやりがいがあると感じますね。普段はナレーションの仕事が中心ですが、今回は物語に寄り添ったキャラクターです。一人二役ということも含めて、考えることは多かったと感じています。

――物語は吹奏楽部が舞台ですが、実生活との共通点はありますか?

フィギュアスケートはシーズンごとに曲が変わるのですが、毎回目標に向けて練習を積んでいく過程は似ています。私自身も曲の世界を深く想像するタイプで、取り組み方も近いかもしれません。たとえば「ロミオとジュリエット」を選ぶなら、どちらの人物に感情移入するのか、女性視点か男性視点かという点だけでも、表現方法は大きく変わりますからね。

――スケートと女優という「一人二役」に取り組むことの難しさは?

よく「大変でしょう?」と言われるのですが、「好きなことを同時にやらせてもらっている」という気持ちのほうが勝っていますね。両方とも完璧にこなせてはいませんが、この環境を与えてくれた家族、応援してくださっているみなさんには、本当に感謝しかありません。今は「楽しい」という気持ちが中心にありますが、いつか結果として残せたらうれしいです。

――望結さんが感じた作品の魅力をお聞かせください。

観終わった後に、自然と涙が溢れたり、ホッとした気持ちになる作品だと思います。きっと「明日から頑張ろう」という気持ちが湧き上がってくると思いますので、ぜひ観ていただけるとうれしいです。

写真:伊藤さゆ