中山美穂が5年ぶりに映画の主役を務め、韓国ドラマ「コーヒープリンス1号店」で知られる韓国イケメン俳優のキム・ジェウクと共演し、人生最後の愛の記憶をテーマに描かれた『蝶の眠り』が、5月12日(土)に公開される。監督・脚本を手掛けたのは、『子猫をお願い』が高い評価を得たチョン・ジェウン。本作では、遺伝性アルツハイマーに侵された人気作家・涼子と韓国人留学生・チャネが繰り広げる、病と年の差を超えた純愛物語を繊細に紡いでいる。ロケ地のひとつである山の上ホテルで、涼子役の中山美穂とチャネ役のキム・ジェウクにお話を伺った。

役として出会って、過ごして、今がある

Q:最初に脚本を読んだ時の印象を教えてください。

中山美穂(以下、中山):実際に自分が経験したことのない病ですから、演技に難しさを感じました。ただ、監督がどうしても私で撮りたい、私をイメージして脚本を書いてくださったと熱い想いを綴ったお手紙をくださり、難しい役でも挑戦してみようと思いました。

キム・ジェウク(以下、ジェウク):僕はもともとチョン・ジェウン監督のファンでした。彼女はここ10年、ドキュメンタリーしか撮っていなかったんです。久しぶりに劇映画を撮ることになり、脚本を僕に送ってくださった。しかも、全編日本語で芝居をし、撮影は日本で行う、僕以外の役者やスタッフもすべて日本人。映画やストーリーはもちろんのこと、そういった状況自体が興味深く、やらない理由はありませんでした。

Q:撮影前と撮影後で、お互いの印象は変わりましたか?

中山:変わらないです。最初から役として出会って、過ごして、今があるという感じです。ただ、撮影が終わって2年が経っていますから、久しぶりに彼とお会いした時、この2年間で何か変わったことがあったのかな? と思うほど、男らしさを感じました(笑)。

Q:ジェウクさん、何か男らしさに影響するような出来事があったのでしょうか?

ジェウク:何でしょうね(笑)。中山さんの印象ですが、中山さんは多くの韓国人が愛している日本の女優さんです。一緒にお仕事をする前は、どういう人なのかという好奇心よりも、本当に実在する人なのかなという気持ちのほうが大きかったです。撮影に入ると、中山さんがとても気さくでナチュラルな方だと分かりました。全く緊張したり、無理して気を遣ったりすることなく、楽しくお仕事が出来て嬉しく思いました。

Q:役作りとして、どのようなことをされましたか?

中山:アルツハイマーの資料を読み、知識を得ました。涼子は強い女性であって欲しいという監督の希望があったので、演じる時にそこを意識しました。それと同時に、どこでスイッチが入るのか分からないような奔放さも出して、面白い役にしたいなと思いました。

ジェウク:チャネは日本語を話す韓国人の役ですから、どこまで日本語を上手く話すべきか、そのバランスを監督と話し合いました。結果的には、努力して下手に見せようとはせず、素の自分のままで行こうということになりました。中には、もう少し韓国人っぽい日本語の喋り方のほうが良いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、映画を観れば、そのようなことは気にならなくなり、ストーリーに集中出来ると思います。この映画の設定自体が親切なので、やりにくさや演技の苦労は感じませんでした。日本語の言葉のリズムは意識しましたが、役作りとして特に準備したことはありません。カメラの前にいる時は、なるべく自然に振舞っていました。

ふたりの生活になくてはならないものは?

Q:涼子には愛用の万年筆があり、それがチャネとの出会いのきっかけになっています。おふたりの生活になくてはならないものは?

ジェウク:タバコです。

Q:ヘビースモーカーなのですか?

ジェウク:いいえ。多い時で、一日に一箱です。

中山:私は演じる時、役に合わせて香りを決めているんです。香水やアロマなど。

Q:今回はどのような香りに?

中山:リラックス系の香りをブレンドしたアロマにしました。

Q:最後に、映画の見どころを教えてください。

ジェウク:ただ、楽しんで観ていただきたいですね。

中山:先入観なく観ていただいたほうが、映画に入り込みやすいんじゃないかと思います。

ジェウク:僕は、アクション映画や軽い気持ちで幸せになれる種類の映画も好きで。そういう映画なら、このアクションシーンは良い、このコメディはウケるなどと説明したくなるんですが、『蝶の眠り』に関しては何も言いたくありません。ただ観て、感じていただければ、嬉しいですね。

(C) 2017 SIGLO, KING RECORDS, ZOA FILMS.

映画『蝶の眠り』

5月12日(土)より角川シネマ新宿ほか全国公開
公式サイト:http://chono-nemuri.com/
配給:KADOKAWA
(C) 2017 SIGLO, KING RECORDS, ZOA FILMS.

取材・文/田嶋真理 撮影/横村彰