“警察小説×『仁義なき戦い』”と評された柚月裕子の同名小説を役所広司、松坂桃李といった日本映画界を代表する豪華キャスト陣で映画化した『孤狼の血』が、5月12日(土)に公開される。舞台は昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島の架空都市・呉原。刑事、やくざ、裏社会に関わる強い女性らが、それぞれの正義と矜持を胸に、生き残りを賭けて戦う生き様を描いた衝撃作だ。本作のメガホンを取った白石和彌(しらいし・かずや)監督が、“狂犬”と称した尾谷(おだに)組の構成員・永川恭二を熱演した中村倫也(なかむら・ともや)にお話を伺った。

白石監督と作り上げていった“狂犬”永川

Q:本作で鬼気迫る演技を披露されていました。永川を演じるにあたり、どのようにしてご自身を追い込んでいったのでしょうか。

永川はこの映画の刺激物となる役でした。猛者たちの中にいて、自分の役者としての器でそういう存在感を出すにはどうすれば良いかと考えて。現場で演じたところ、白石監督がニヤッとしたので、“あ、これで良いんだな”と思い、そのまま演技を続けていきました。

Q:現場で役を作り上げていったのでしょうか?

白石監督が最初の登場シーンの撮影時、“ちょっとここで耳を食ってみようか”みたいなことを言って。“耳ですか!?”と僕が答えて。食べた後に監督が“食べて、まずい耳じゃのうって言ってみようか”と。現場でそのようなことをやりとりしながら、監督と一緒に役を作り上げていきました。

Q:監督は永川を狂犬と称していました。

永川はやくざの世界に憧れや夢のようなものなどを抱いて飛び込んだけれど、上からいろいろとブレーキをかけられて、鬱憤がたまっていると感じました。脚本を読んだ後、いつの時代も若者はある種、狂犬に成り得るのかなと。現代社会で企業に勤める若者もきっと、社会に出ていろんなことを試したりやってみたいことがあったりするけれど、なかなかさせてもらえない。そういう状況で上が成功体験を教えても突き破りたいと願う、そういう若者はたくさんいると思います。正しいか間違っているかということは別として、そこは永川に通じるところかもしれません。そして、鬱憤が爆発したときに狂犬になる、牙を剥くのではないかと。僕も、永川の鬱憤がたまっている様子は理解出来ました。そして、まっとうな正義感を持った日岡とアウトローなりの正義を掲げている永川は同世代なので、ふたりの対比も役作りのヒントにしました。

肌で感じた、撮影現場の張り詰めた緊張感

Q:尾谷組の若頭・一之瀬を演じた江口洋介さんとは3度目の共演だそうですね。

僕が若い頃に、江口さん主演のTVドラマ「トライアングル」に、刑事役で出させていただいたのが最初の共演。2度目はNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」で江口さんが織田信長を演じたときで、僕は織田信忠役で親子をやらせていただきました。こんなことを言うと江口さんに怒られるかもしれませんが、特に今回はあの江口さんですら、ピーンと張り詰めた緊張感で現場に入られました。江口さんは、映画の長い待ち時間に、その張り詰めた緊張感が切れないようにもされていて。江口さんにここまで準備させる作品なんだと改めて刺激を受けました。

Q:役所広司さんと共演して、俳優として刺激を受けたことは?

役所さんはとても偉大で、推し量れない存在です。横にいる桃李がひたすら羨ましかったですね。彼は同じ事務所の後輩ですが、“そこ代われ!”とずっと思っていました。

Q:怒りのテンションが高いという点では、永川とTVドラマ「ホリデイラブ」で中村さんが演じた井筒渡は通じるものがあると思いました。こういった役を続けて演じることで、私生活の感情に影響を受けたことは?

よく心配されるんですが、全くないですね。カットの声がかかった瞬間、自分に戻ります。

Q:ご自身に、ドSなところは?

ドSでもMでもないです。女の子が照れていたり、動揺していたりする顔を見るのは、すごく好きです。

Q:オフになったら、したいことは?

洗濯ですね。たまっているんです。

Q:キレイ好きですか?

掃除が好きなんです。部屋をキレイにすると、心、感覚や脳みそまで整理整頓したような、スッキリした気分で台本を読むことが出来ます。部屋が散らかっていると、考え事をしようとしても考えられないです。渡っぽいでしょ(笑)?

Q:確かに(笑)。この映画のどのようなところに注目して欲しいですか?

こういう人たちが実際にいたかもしれないと思えるような、ダイナミズム溢れる映画です。登場人物たちの生き様を近くに感じながら映画を観ると、より楽しめると思います。

(C) 2018「孤狼の血」製作委員会

映画『孤狼の血』
5月12日(土)より全国にて公開。
公式サイト:http://www.korou.jp/
配給:東映
(C) 2018「孤狼の血」製作委員会

ヘアメイク/松田陵(Y’s C)
スタイリスト/戸倉祥仁(holy.)
取材・文/田嶋真理 撮影/横村彰