4月から放送中のドラマ「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」(TBS系)。本作でF4の道明寺司に憧れ、C5を結成した神楽木晴役を演じているのが、平野紫耀。5月23日にCDデビューしたジャニーズグループ・King & Princeのメンバーの一人です。神楽木は道明寺のようになりたいと思いながら、実はヘタレで天然男子という役回りですが、それを演じる平野にも、数々の天然エピソードがあるのをご存じでしょうか。

ドッキリなのに…別のことが気になっちゃう、天然キング

4月26日放送の「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」(TBS系)では、平野の前に“実は超能力を持っている”という設定の子どもが登場します。子どもが「花が落ちる!」と発言すると、まもなく部屋に飾ってあった花が一輪落ちたり、驚いた表情の平野の絵を描くと、突然電話が鳴って絵の通りに平野がびっくりして飛び上がったりと、予言どおりの事態が起きます。これはすべて番組の仕組んだドッキリ。しかし、それに対して平野の反応はちょっと独特。

花が落ちたことに関しては、落ちる前に予言したのにもかかわらず、「(子どもの)視野が広いんだ。馬と一緒ですね!」と言い、絵に関しては、小道具としてつけていた高級時計を壊していないかをチェック。予知については完全スルーでした。

番組としては、子どもの“超能力”に驚いてほしかったはずなのに、思っていたような反応は得られず……。スタジオでVTRを見ていたハリセンボン・近藤春菜らが、その言動や行動に思わずツッコむ場面もありました。

今なお語り継がれる“エリンギプール”事件!?

平野に天然エピソードが豊富なのは、ファンの間では有名なところ。特に、2013年5月22日放送の「まいど!ジャーニィ~」(BSフジ)での、“エイプリルフール”を“エリンギプール”だと思い込んでいた話は、語り草になっています。今年も4月1日には“#エリンギプール”がTwitterでトレンドワード入り。今後も毎年トレンド入りしそうな勢いです。

また、2017年5月7日放送の「シブヤノオト」(NHK総合)では、同じグループの永瀬廉、髙橋海人から暴露話が。片手を拳にし、もう一方の広げた手の上で回す「ゴマすり」ポーズ。平野はこの拳を回す動作について、「摩擦でやけどできたらすごくね?」と語り、実際にやって「アチッ!」と叫んでイスから転げ落ちたそうです。

さらに、サングラスをして歩いていた際、自分が電柱に近づいているとわかっていたのにもかかわらず、そのままぶつかってしまったこともあったのだとか。ケガには気を付けてほしいものです。

「平野紫耀は天才」と中川大志に言わしめた演技にも注目!

「花のち晴れ」で馳天馬役を演じる中川大志は、第1話で平野に想像をはるかに超えた芝居を見せられ、「平野紫耀、天才だ!」と番組公式サイトのインタビューで語っています。

かつて「まいど!ジャーニィ~」で、“生まれつき”を“生まれたて”と言い間違えていた平野。「花のち晴れ」ではヘタレの天然キャラですが、それはもちろん“生まれたて”のものではなく、しっかり役と向き合って作り出した神楽木晴としての姿。撮影前には、事務所スタッフを通じて先輩・松本潤からメッセージをもらい、それを励みに演技に取り組んでいるそう。ストーリーが進展を迎える中、平野演じる晴たちの関係がどうなるのか、今後も楽しみです。

(文/北舘和子)