サッカー・W杯・ロシア大会が6月14日に開幕。日本テレビ系では、NEWSの手越祐也がメインキャスターを、TBS系ではメインキャスターを加藤浩次、スペシャルサポーターを竹内涼真が担当。また、テレビ朝日系ではサッカー中継プレゼンターを関ジャニ∞の村上信五が務める。彼らはサッカー愛があるのはもちろん、キャスターに起用されるのも納得の実力や知識を持っていることを知っているだろうか。

野村周平、五輪も夢じゃなかった? 芸能人のウィンタースポーツ伝説

忙しいアイドルが週2~3回はサッカーの練習をしている!?

サッカー番組「サッカーアース」(日本テレビ系)のMCを務める手越は、幼稚園からサッカーを始め、現在も週2~3回練習するほどのサッカー好き。業界人で行われるフットサル大会「音蹴杯(おんしゅうはい)」でチーム優勝やMVPを獲得したことがあり、専門誌『ワールドサッカーキング』など有名サッカー雑誌で連載を持っていたこともある。

手越とは「サッカーアース」で共演し、柏レイソルU-18や明治大学体育会サッカー部で活躍した日本テレビの山本紘之アナウンサーは、「手越さんはサッカーのことにすごく詳しい」と絶賛。さらに、「かつてサッカー選手だったのかと思うほどマニアックで、『そこまで見ているのか!』と驚きます」と、その知識をベタ褒めしている。

また手越は、海外でも活躍し現在鹿島アントラーズに所属する内田篤人と一緒に出かけるほど仲が良いことを5月17日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)で明かすなど、数々の有名選手とプライベートで交流がある。

本気でプロを目指していた実力派・竹内涼真

現在放送中の日曜劇場「ブラックペアン」(TBS系)に出演中の竹内涼真は、5歳からサッカーを始め、高校時代にはJリーグ下部組織の東京ヴェルディユースに所属してプロを目指していた本格派だ。5月12日放送の「炎の体育会TV」(TBS系)では、制限時間内に20枚あるパネルを何枚シュートで打ち抜けるかという「100秒サッカー」にチャレンジ。FCバルセロナのメッシやガンバ大阪・遠藤保仁など有名サッカー選手にも劣らない「15枚抜き」という好記録を達成した。

また、2016年12月17日放送のスポーツ番組「中居正広 本気の5番勝負!侍ジャパン&メダリストと夢試合」(日本テレビ系)では、試合でファインプレーを連発しSNSなどで「かっこいい!」と話題に。プロサッカー選手を目指していたというだけあって、技術も知識も申し分なく、ワールドカップのスペシャルサポーターに選ばれたのも納得だ。

芸能界でも屈指のサッカー好きとして知られるメインキャスター・加藤浩次とは、誕生日が同じという竹内。相性バツグンだという二人の掛け合いにも注目したい。

関ジャニ∞の村上信五は、学生時代はバスケ部だったものの、現在はフットサルチームを持つサッカー好き。2012年8月に開催された関ジャニのファン向けイベント「∞祭~ボクらも8っちゃい、8っちゃけまつり~」で、メンバーそれぞれが私物を使ったブースを作った際、ユニフォームやスパイクなどサッカー用品ばかりを展示し、ファンの間で話題になったこともある。また、2012年の「UEFA EURO2012」や2014年のW杯ブラジル大会ではTBSで中継キャスターを務めていて、トーク力を生かしたレポートも好評だった。

サッカー好きやその実力を買われてキャスター、スペシャルサポーターに抜擢されたイケメンたち。自分たちの知識や経験を生かして、どんなレポートをしてくれるのか楽しみにしたい。

(文/河村綾香)