今週末に公開される新作映画の中から、dmenu映画編集部がセレクトした作品を、予告映像とともにお届けする『週末シネマ☆PICKUP』。見逃し厳禁な最新映画を、今週もお届けいたします

空飛ぶタイヤ(6月15日公開)

【あらすじ】

ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、車両の欠陥に気づき、製造元である大手自動車会社のホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)に再調査を要求。同じころ、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査を開始する。それぞれが突き止めた先にあった真実は大企業の“リコール隠し”――累計180万部を突破した池井戸潤による大ベストセラーが、本木克英監督のメガホンで遂に映画化!

【関連記事】

・長瀬智也、島耕作から異例の応援メッセージ!
・長瀬智也×ジャニーズJr.阿部顕嵐の場面写真が公開

ゆずりは(6月16日公開)

【あらすじ】

水島(滝川広志)は、葬儀社・安宅の営業部長。彼の務める会社に茶髪でピアスの若者・高梨(柾木玲弥)が面接にやって来た。一見、軽薄に見える高梨だが、実は、御遺族にしっかり向き合い、自然体で心に寄り添う豊かな感受性の持ち主であった。ある日、高梨はいじめを苦に自殺した故人に想いを寄せるあまり、参列者を罵倒するという騒ぎを起こしてしまう――ものまね芸で知られるコロッケが、本名の滝川広志で初主演をつとめる話題作。メガホンをとるのは加門幾生監督。

ワンダー 君は太陽(6月15日公開)

【あらすじ】

10歳のオギー・プルマン(ジェイコブ・トレンブレイ)は、普通の子には見えない。遺伝子の疾患で、人とは違う顔で生まれてきたのだ。27回もの手術を受けたせいで、一度も学校へ通わずに自宅学習を続けてきたオギーだが、母親のイザベル(ジュリア・ロバーツ)は夫のネート(オーウェン・ウィルソン)の「まだ早い」という反対を押し切って、オギーを5年生の初日から学校に行かせようと決意する――全世界で累計発行部数800万部超えるR・J・パラシオのベストセラー小説を原作に、スティーヴン・チョボスキー監督が映画化!正しさよりも優しさを選ぶ、ただそれだけで自分も世界もハッピーに変えられると教えてくれる感動の物語。

【関連記事】

天才子役ジェイコブ・トレンブレイが再来日!撮影裏話を告白

メイズ・ランナー:最期の迷宮(6月15日公開)

【あらすじ】

迷路<メイズ>を攻略し、新たな<砂漠の迷宮>も生き延びたはずだった。しかし彼らには、最大にして<最期>の試練が待ち受けていた―予想を超えて展開する空前のアクションに、謎を解いて進むサバイバル、人類の運命を託されたヒーローの使命、そして仲間との熱き友情……。全世界が見守るファイナル・ミッション――2014年の第1作以来、全世界を騒然とさせた「メイズ・ランナー」シリーズが遂に完結!メガホンをとるのはウェス・ボール監督。

【関連記事】

須藤凜々花「人生で一番迷ったこと」を明かす

ニンジャバットマン(6月15日公開)

【あらすじ】

現代の犯罪都市ゴッサムシティの悪党たちがタイムスリップし、群雄割拠する戦国時代の日本。絶望的な乱世で、最狂の愉快犯<ジョーカー>による歴史改変を阻止するため、<バットマン>はすべての武器を失い、それでもなお立ち向かう――DCコミックスを代表する人気ヒーロー“バットマン”の最新アニメは、日本のアニメ・クリエイター陣による戦国タイムスリップ・アクション・エンタテインメント。「アフロサムライ」の岡崎能士がキャラクターデザイン、「天元突破 グレンラガン」の中島かずきが脚本を手がけ、アニメーション制作と監督はそれぞれ神風動画と水崎淳平が務める話題作。

週末は映画で最高のひとときを!

どれを観るのか?どれから観るのか?迷うものばかり!週末のひとときに、話題の最新映画で最高のひとときを。