町田康の同盟傑作小説を、主演・綾野剛、脚本・宮藤官九郎、監督・石井岳龍という濃厚なメンバーで実写映画化する『パンク侍、斬られて候』が6月30日より公開となる。爆裂ワールドで極限の個性を爆発させた本作に出演する、豪華キャスト人たちが監督の意外な人物像を明かした。

破天荒、だけど繊細

本作のメガホンを握った石井岳龍監督は、学生時代に制作した8mm映画が注目され、その独特な世界観から日本のみならず、世界からも注目される監督。

そんな監督を、超人的な剣術の腕を持ちながら、超テキトーなプータローという破天荒な侍という主人公の掛十之進を演じたの綾野剛は、「クランクインする前に、監督から『今回は宇宙と戦ってもらう』と言われたんです。僕はそんなことを嘘なく言える人を他にしらない。でも時にホントにパンクなことを言われ過ぎて何言ってるんだろう?と思う事もありました」と語る。また、謎の猿将軍・大臼延珍を演じた永瀬正敏も「毎作品、自分の想像を超えたことを仰るんですよ。でも言われる度に、これぞ石井組! と思ってしまうんです」と明かす。

一方、謎の美女・ろんを演じた北川景子は、本作が石井監督と初仕事となったが、「ご一緒できると聞いたときはとても楽しみで、今回ろん役に選んで頂いたことがとても嬉しかったです。現場でも最初から役者を信頼して自由に演技をさせて頂き、そしてその演技に対して繊細に演出して頂きました。作品はかなり突き抜けた世界観ですが、本当に1シーン、1シーン丁寧に作り上げていらっしゃいました」と、破天荒でありながら繊細というまったくの両極な印象を語る。

キャスト陣を魅了する「人たらし」

両極端なイメージは、とっつきにくそうな感を持つ人も少なくないが、石井監督に関していえば、キャストたちは口をそろえて“人たらし”だという。

“宇宙と戦ってほしい”という無茶ぶりを受けた綾野も、「石井さんが喜ぶ姿を見たくて、石井さんが笑っている姿を見たくて、そしてあの『よーいカット』が聞きたくて、自分は最後まで走り抜けました。本当に人たらしなパンク監督です。他の共演者の方も皆そうおっしゃいます」と語り、永瀬も「作品は本当にエネルギッシュですが、とてもおだやかな人なんです。でも、監督の『よーい』が聞こえただけで、みんなが『よし、やるぞ!』と感じるんです。監督の掛け声に思いが凝縮している感じがします。日本一の『よーい、スタート!』じゃないですかね(笑)」と監督の掛け声一つで場の空気が変わることを明かした。

名優が語るカリスマの秘密は「信頼関係」

監督のどんな人をも引き付けてしまうカリスマ的魅力の秘密は、“信頼”にあると本作で腹ふり党の首領茶山を演じた浅野忠信は語る。

「『きみならどう演じる?』という監督の遊び心みたいなものが常に現場にあって、でもそこにはいい加減さではなく、厳しさがあるんです。監督は常に本質的な叫びが欲しいわけで、きちんと演じている中でアドリブが出れば、監督はそれを期待しているんです。僕らに任せてくれるということは、やはり信頼関係なんだと思います」(浅野忠信)

二度と集まれないかもしれないキャスト達が、稀代のストリーテラー宮藤官九郎の脚本と、不出世の鬼才石井岳龍監督による爆裂ワールドで極限の個性を爆発させる『パンク侍、斬られて候』は6月30日(土)より爆夏ロードショー!!

【特集記事】『パンク侍、斬られて候』特集。前代未聞の爆裂映画、徹底解剖!!

芥川賞作家の町田康が、2004年に発表した傑作時代小説『パンク侍、斬られて候』。今もなお、熱狂的なファンを生み続けている作品が映画化された見どころを、徹底解剖!! 「なんじゃ、この世界!?」と驚くこの夏の爆裂映画。あらすじから監督、脚本、キャスト、音楽……など、さまざまな角度から魅力を紹介!