2015年の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(エピソード7)以降、毎年新作が公開されている「スター・ウォーズ」シリーズ。『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016年)に続くアナザー・ストーリー第2弾は、人気キャラクター、ハン・ソロの若き日を描く、その名もズバリ『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』だ。

若き日のハン・ソロを演じるのは、オーディションを勝ち抜いたオールデン・エアエンライク。本作で世界中にその名が知られることになった彼が、世界中から愛される役にどう立ち向かうのか……。ハリソン・フォードが演じたハン・ソロというキャラクターの魅力と、オールデンが演じる新しいハン・ソロへの期待、そして最新作の注目ポイントをご紹介!

シリーズ№1の人気キャラクター

(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

ハン・ソロは、「スター・ウォーズ」シリーズで最も愛されているキャラクターと言っても過言ではない。2015年にローリング・ストーン誌が行った「『スター・ウォーズ』キャラクターランキングベスト50」でも、ダース・ベイダーを抑えて見事1位を獲得。まさに、「スター・ウォーズ」シリーズにおいて絶大な人気を誇るキャラクターである。

そんな世界的人気のキャラクター、ハン・ソロを演じたのが、名優ハリソン・フォード。彼はまだ俳優として駆出しだったころ、大工をしながら生計を立てていた。その大工仕事を通じてジョージ・ルーカスの関係者と出会い、ルーカスの監督作品『アメリカン・グラフィティ』(1973年)に出演する。そこでの演技への姿勢が、同作のプロデューサーだったフランシス・フォード・コッポラにも評価され、コッポラ作品『カンバセーション…盗聴…』(1974年)への出演を果たす。その後、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977年)のオーディションを受けて、見事ハン・ソロ役を勝ち取るのだ。

彼が演じたハン・ソロは、ジェダイでもなければ、フォースを使えるわけでもない。しかし、銀河をまたにかける“愛すべき悪党”は、冒険活劇としての「スター・ウォーズ」において絶対に欠かせない存在になると同時に、ハリソン・フォードの大きな当たり役となった。

3,000倍のオーディションを勝ち抜いた男

(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

世界一有名なSF映画のヒーローであるがゆえに、最新作の制作が発表されてからというもの“誰がハン・ソロを演じるのか”という点にも大きな注目が集まった。

そんななか開催された3000人以上のオーディションを経て大抜擢されたのは、コーエン兄弟監督作『ヘイル、シーザー!』(2016年)で注目された、28歳の俳優オールデン・エアエンライク。

彼が14歳のころに友人と撮った映像が、スティーヴン・スピルバーグの目に留まったことでエージェンシーを紹介され、その後、フランシス・フォード・コッポラ監督作品『テトロ 過去を殺した男』(2009年)で映画初出演を果たした経歴を持つ。デビュー前から、ハリソン・フォードになじみの深いスピルバーグに見出され、そしてハリソン同様に、コッポラ作品に出演している共通点があることは、実に興味深い。

(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

ちなみに、ハン・ソロを初めて演じた年齢は、ハリソンが35歳、オールデンが28歳。若き日のハン・ソロを演じるにあたってはちょうどいい年齢だが、高齢とはいえ、まだまだ現役で活動しているハリソンの若き日を演じるということで、キャスト発表後は、「ハリソンに似ていない」と、ファンの間で賛否両論が巻き起こった。

しかし、当時のハリソンも決して有名ではなかったし、『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』(1989年)で、若き日のインディを演じたリバー・フェニックスも、おせじにもハリソンに似ているとは言えない。オールデンは、撮影前にハリソンと一緒にランチをし、繰り返し映画を観て、彼の動きを研究したという。あまりにも偉大な先人によるハン・ソロだが、時代は変わり、求められるヒーローも変化している。重圧にとらわれすぎることなく、彼にしかできない新しいハン・ソロの魅力を見せてほしいところだ。

最新作の注目すべきポイントは?

(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

今作では、若きハン・ソロがいかにして『エピソード4』に登場した、“後のハン・ソロ”になったのかが描かれる。

そこでまず注目すべきポイントは、ハン・ソロの相棒チューバッカとの出会いについてだろう。『エピソード4』登場時は、すでに心から信頼する相棒だった2人だが、いかにして固い絆で結ばれたのかは、これまでほとんど描かれていないため、重要なシーンになることは間違いない。

そしてもう一つの注目ポイントは、代表的なセリフ「嫌な予感がする」だろう。この台詞は、「フォースと共にあらんことを」と並んで「スター・ウォーズ」シリーズの登場人物がたびたび口にする“お約束”なのだが、これをシリーズで最も多く発したのが、実はハン・ソロなのだ。最新作の予告編で、オールデン演じるハン・ソロがこの決め台詞を逆手に取って、「イイ予感がするぜ」と発しているのがおもしろい。

「嫌な予感がする」という“お約束”が、新しいハン・ソロからいつ発せられるのか。そして、新たなる名言は登場するのか。全世界注目のシリーズ最新作は6月29日(金)より公開!

 

文=SS-Innovation.LLC

 

【特集記事】ハン・ソロを200%楽しめる、魅力を解説!『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』

「スター・ウォーズ」シリーズのアナザー・ストーリー2作目となる最新作は、シリーズ屈指の人気を誇るハン・ソロを主人公に据えた、その名も『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』。

愛機ミレニアム・ファルコンで銀河を疾走し、その名を馳せた伝説の運び屋にして反乱同盟軍のアウトロー、ハン・ソロ。彼はいかにして“愛すべき悪党”になったのか? ハン・ソロの知られざる過去が、ついに明かされる!

特集記事では、キャストやキャラクターにまつわる過去のエピソードなど……ハン・ソロを200%楽しむための魅力を大解剖!!