今週末に公開される新作映画の中から、dmenu映画編集部がセレクトした作品を、予告映像とともにお届けする『週末シネマ☆PICKUP』。見逃し厳禁な最新映画を、今週もお届けいたします。

パンク侍、斬られて候(6/30公開)

【あらすじ】

ある日、とある街道に一人の浪人があらわれ、巡礼の物乞いを突如きりつける。自らを“超人的刺客”と表すその浪人の名は掛十之進(綾野剛)。掛は「この者たちは、いずれこの土地に恐るべき災いをもたらす」と語るが――芥川賞作家、町田康が2004年に発表した傑作小説を原作に、監督・石井岳龍、脚本・宮藤官九郎、主演・綾野剛で映画化!北川景子、東出昌大、染谷将太、そして村上淳、若葉竜也、近藤公園、渋川清彦、浅野忠信、永瀬正敏、國村隼、豊川悦司と、超豪華キャストが集結して爆発的な世界観を作り上げる。

【関連記事】『パンク侍、斬られて候』特集。前代未聞の爆裂映画、徹底解剖!!

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(6/29公開)

【あらすじ】

「スター・ウォーズ」シリーズ屈指の人気キャラクターであるにもかかわらず、ダース・ベイダーやルーク・スカイウォーカーのように特別な力(フォース)を持つわけではない。だが、予測不可能な大胆さで、あらゆる世代を魅了し続ける男、ハン・ソロ。時代を超えて愛され続ける<永遠のヒーロー>の条件とは……? 若き日のハン・ソロを演じるのは新星オールデン・エアエンライク。メガホンをとるのはロン・ハワード監督。シリーズ屈指の人気を誇るハン・ソロは、いかにして愛すべき悪党<ハン・ソロ>となったのか!?

【関連記事】ハン・ソロを200%楽しめる、魅力を解説!

宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド(6/30公開)

【あらすじ】

ハミィが強盗!? そして指名手配!? ドン・アルマゲとの激闘から4年、平和な日常を過ごしていたキュウレンジャーたちに激震が走る。ハミィが突如、リベリオンを襲撃し、新たに開発された“ネオキュータマ”を盗み出したというのだ。悪用を恐れ、事態を重く見た宇宙連邦大統領のツルギは、ハミィを全宇宙に指名手配することを決意する。「お前はハミィを信じないのか!」激昂したラッキーは、同じくハミィを信じる仲間と共にツルギらと対立。その埋めがたい溝は、彼らの袂を分かつ。そこへ、宇宙を超えてやってきた2人の男。十文字撃、またの名を宇宙刑事ギャバン。烏丸舟、またの名を宇宙刑事シャイダー。キュウレンジャーの前に現れた彼ら“スペース・スクワッド”の目的とは? そして、“内部崩壊”したキュウレンジャーを待ち受ける、驚愕の結末とは!?

【関連記事】東映版アベンジャーズ!? ヒーローと戦隊がコラボした「スペース・スクワッド」とは?

ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷(6/29公開)

【あらすじ】

自らの不遇を高名な霊媒師に相談したサラ(ヘレン・ミレン)は、一族の身に起こる不幸は全てウィンチェスター銃によって命を落とした亡霊たちによる仕業であり、彼らを閉じ込めるべく屋敷を拡大し続ける必要があると告げられた。妄信的に増改築を続けるサラ。彼女のもとに送り込まれた精神科医のエリック(ジェイソン・クラーク)が意識を調べると――『ジグソウ:ソウ・レガシー』のスピエリッグ兄弟がメガホンをとり、カルフォルニア州サンノゼに今も実在する世界的に知られた幽霊屋敷「ウィンチェスター・ミステリーハウス」の忌まわしき実話を描く。

【関連記事】世界一有名な幽霊屋敷「ウィンチェスターハウス」を元にしたホラー映画3選

アイ・アム・タレント(6/29公開)

【あらすじ】

タレント・ビエラは18歳の誕生日を目前に、“大人になったら”何になりたいか決断の時を迎えていた。8歳の時、初めて手にしたスケートボードが、彼に混乱した家庭からの逃げ場と自分自身を表現する手段を与えてくれた。そして仲間に出会う道を示し、彼らとファミリーを作らせてくれた。それ以降、スケートボードは彼の人生の原動力となり、ダーバンの路上で暮らす彼の尊厳を守ってくれた――ホームレスの少年タレント・ビエラが、南アフリカのストリートからカリフォルニアまでスケートボードと向き合いながら可能性に向かってチャレンジするドキュメンタリー。

【関連記事】スケートボードで人生を切り開く!どん底にいたストリートチルドレンの成長記

週末は映画で最高のひとときを!

どれを観るのか? どれから観るのか? 迷うものばかり! 週末のひとときに、話題の最新映画で最高のひとときを。