今週末に公開される新作映画の中から、dmenu映画編集部がセレクトした作品を、予告映像とともにお届けする『週末シネマ☆PICKUP』。8月3日・4日に公開される最新作を紹介! 見逃し厳禁な最新映画をお届けします。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(8月3日公開)

【あらすじ】
盗まれたプルトニウムを奪還するミッションを遂行中のイーサン・ハント(トム・クルーズ)は回収に成功するが、捕まった仲間の命と引き替えに、敵にプルトニウムを渡してしまう事件が起きた。イーサンとIMFチームは、標的となった3つの都市の“同時核爆発を未然に防ぐ新たなミッション”を受ける。猶予は72時間。手がかりは“ジョン・ラーク”という正体不明の男の名前のみ。タイムリミットが刻一刻と迫る絶体絶命の中で、チームの仲間や愛する妻の命まで危険にさらされるなど、いくつもの“フォールアウト(影響)”がイーサン・ハントに降りかかる――

トム・クルーズ主演の人気アクションシリーズの最新作。シリーズ6作目となる本作でも、イーサン・ハントを演じるトム・クルーズが危険なアクションシーンに挑戦。シリーズ最大級&最難関のミッションに挑む!

【関連記事】
今さら聞けない「M:I」シリーズを1から振り返り

スターリンの葬送狂騒曲(8月3日公開)

【あらすじ】
1953年、ソ連。“粛清”という名の大量虐殺による恐怖で国を支配した独裁者スターリン急死。次期<最高権力>の座を狙って色めきたつ、フルシチョフやマレンコフ、ベリヤら側近たち。おごそかな国葬の裏で巻き起こる、姑息で熾烈な頭脳戦はやがて――。

アーマンド・イアヌッチ監督がメガホンをとり、スティーヴ・ブシェミら個性派が、俳優生命を自ら危機に追い込むほどの熱演を披露。壮大なのに姑息、大真面目なのに可笑しくて、卑劣で残忍なのに惹きこまれる“偉人!?”たちの黒歴史を描く必見ブラック・コメディ!

劇場版 仮面ライダービルド Be The One|
快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film(8月4日公開)

【作品紹介】
今年で18年目を迎える、東映の夏の恒例2本立て『劇場版 仮面ライダー/スーパー戦隊』シリーズの最新作。

43年の歴史を持つ「スーパー戦隊シリーズ」テレビシリーズ史上初のダブル戦隊にして、戦隊同士の対決構造という斬新な展開が話題の「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」の初の映画作品となる劇場版。そして、平成仮面ライダーシリーズ第19作目にして、シリーズ史上最高のIQを誇る天才物理学者が仮面ライダーに変身、予想を裏切るストーリー展開で話題の「仮面ライダービルド」の劇場版。

【関連記事】
異色の戦隊モノ「ルパパト」が、親も子も魅了する理由
『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』犬飼貴丈&赤楚衛二インタビュー

2重螺旋の恋人(8月4日公開)

【あらすじ】
原因不明の腹痛に悩む25歳の女性、クロエ(マリーヌ・ヴァクト)。精神分析のカウンセリングを受けることで痛みから解放された彼女は、分析医のポール(ジェレミー・レニエ)と恋に落ち、同居を始める。そんなある日、クロエは街でポールそっくりの男を見かける。彼はポールの双子の兄で精神分析医のルイだった。なぜポールはルイの存在を隠していたのか? 疑惑にかられ、偽名を使ってルイのクリニックに通い始めたクロエは、優しいポールとは反対に傲慢で挑発的なルイに惹きつけられていく――

世界三大映画祭の常連であり、フランスを代表する映画作家のフランソワ・オゾン。常に新境地を切り開く鬼才オゾンが、4年の構想期間を経て放つ極上の心理サスペンス!

【関連記事】
“真の18禁”映画『2重螺旋の恋人』のヤバさ

バンクシーを盗んだ男(8月4日公開)

【あらすじ】
今なお正体を知る者はおらず、反権力的なメッセージをストリートで表現するアーティスト、バンクシー。彼が2007年に、パレスチナとイスラエルを分断する壁に描いたグラフィティアート「ロバと兵士」の壁画。パレスチナ人をロバとして描き貶められたと捉えた人々は壁画を切り取り、売り飛ばすことを決める。そしてそれは世界を巡り、思わぬ波紋を呼ぶことになる――

ナレーションをロック界の伝説イギ―・ポップが担当。覆面アーティスト“バンクシー”の行為は善なのか悪なのか? 彼の作品がもたらした光と闇に迫るドキュメンタリー映画。

【関連記事】
アートの価値や意義について改めて問う『バンクシーを盗んだ男』

まだまだ続く暑い夏!映画館でちょっぴり涼しげに

どれを観るのか? どれから観るのか? 迷うものばかり! 猛暑の中、涼しい映画館で話題の最新作とともに最高のひとときを。