子どもから大人まで、世代を超えて愛される国民的アニメ「それいけ!アンパンマン」は、30周年を迎え、映画『それいけ!アンパンマン』も第30作品目となる。最新作『それいけ!アンパンマン  かがやけ!クルンといのちの星』は、6月30日の公開から好スタート発進。30周年作品ということもあり、「アンパンマンのマーチ」の歌詞“なんのために生まれて、何をして生きるのか”というアニメシリーズの原点とも言うべきキーワードに着目したストーリー。好奇心旺盛でちょっと不思議な子・クルンとアンパンマンたちが、いのちの星の故郷を救うために奮闘する姿を描いている。本作のゲスト声優として、クルンを元気いっぱいに好演した女優の杏さんにお話を伺った。

クルンの魅力は屈託がないところ

Q:声優のオファーを受けた時のお気持ちを教えてください。

オファーをいただいた時期と、子どもたちがアンパンマンに興味を持ち始めたのがちょうど同時期だったので、すごくうれしかったです。

Q:お子様に、劇場版へ参加されることを伝えましたか?

2歳になったばかりなので、まだ参加することはわからないと思うのですが、映画のチラシを見せたら「かかが出てる!」と、びっくりしていました!

Q:まわりの方々の反応はいかがでしたか?

同世代の子どもがいる友達が、「観に行くね!」と言ってくれました。

Q:杏さん演じるクルンについてお聞かせください。

好奇心旺盛な子・クルンは、ある日突然ばいきんまんの前に現れ、自分は一体何者なのかと悩む、謎の多いキャラクターです。アンパンマンやばいきんまんをはじめ、様々なキャラクターに「何のために生きているの?生まれたの?」と問いかける重要なキャラクターでもあると思っています。

Q:クルンの好きなところは?

屈託がないところです。わからないことを「わからない」と素直に言えるってすごく素敵なことだと思いました。

Q:好きなシーンは?

ばいきんまんのアジトやアンパンマンたちのいるパン工場で、みんなにかわいがられているシーンです。ばいきんまんは悪役のイメージがありますが、クルンと一緒に遊ぶシーンもあって、楽しかったです。

Q:クルンとほかのキャラクターの違いは?

食べ物以外のキャラクターもいるのですが、食べ物のキャラクターが多いアンパンマンの世界の中で、星のキャラクターであるクルンは人間でも、妖精でもなくすごく興味深いキャラクターだと思いました。また、ビジュアルも星型のような頭の形や、星のイヤリング、目の中も星が入っていてキラキラとしていて可愛いですね。

Q:実際にクルンに会ってみていかがでしたか?

一目見たら、「わ!可愛い!」と思わず言ってしまうような、かわいいキャラクターの声を務めることができて改めて幸せだなと思いました。

クルンを演じたことで、声優の難しさを実感

Q:役作りとして、どのようなことを?

私は声優としての経験値があまりなく、どう予習してアプローチしたらいいのかわかりませんでした。正解が分からない状況の中、監督やスタッフの皆さんとお話し、アドバイスをいただいてアフレコをしたときに初めてクルンというキャラクターが生まれたと感じました。普段、ドラマや映画では「・・・」という部分は何も言わないことが多いのですが、今回はその部分にも声を入れることも多く、リアクションもひとつひとつ声に出しました。落ち込んでいる箇所も声を張って、客席に届けるように演じてくださいと言われて。ただリアルにするだけでなく、映画を観てくれるお客さんに届くように、客席に投げかけるように心掛けました。

Q:以前、バラエティ番組でレギュラー声優さんたちとご共演されましたね。その際にいただいたアドバイスがあれば教えてください。

番組内で「何種類の声を声優さんは出せるのですか?」という質問があったのですが、戸田さんが「一人の人間から出てくる演技の声」だとおっしゃっていて、なるほど、と思いました。さらに今回のアフレコで、自分とは全く違うビジュアルのキャラクターに声をあてることで、さらにその言葉の意味がよくわかりました。

Q:杏さんとアンパンマンとの思い出を教えてください。

20代半ばにラジオ番組を持っていた頃、歌を歌うコーナーがあって。その時に、「アンパンマンのマーチ」をカバーさせていただきました。大人になってから聞いても素敵な歌だと思います。

Q:好きなキャラクターはダテマキマンだそうですね。その魅力は?

いなせなところです。さらに言えば、昨今、男女差をなくす傾向がある中、アンパンマンワールドで女性を大事に守ってくれるキャラクターの最たるものかなと。ちょっと行き過ぎかなと思うほどで、おやつを食べるシーンで女の子が先に食べるんだと、男の子のキャラクターを止めることもあるんです。

Q:映画の見どころについて教えてください。

ばいきんまんのアジトから始まり、アンパンマンたちのいるパン工場へ行き、そして宇宙へ行くという大きな場面転換が3つもあるので、どんどん変わってゆくストーリーが見どころだと思っています。そして、全編通してクルンがいろんな疑問を持って、いろんなキャラクターに問いかけをしながらお話が進んで行きます。

いろんな疑問というのも、大人が問いかけられても即答できないような難しいものだったりするので、お子様は単純に「面白いな、楽しいな」と楽しむこともでき、大人は、「そういえば、考えたことなかったな」という視点に気づかされるような作品になっていると思います。公開されたら、子どもたちと観に行きたいです。

Q:最後に、この映画を楽しみにしている親子へメッセージをお願いします。

映画『それいけ!アンパンマン』は、映画館デビューされる方が多い作品です。私と同世代の子どもを持つ友達も、「映画館へ連れて行って大丈夫かな」と、一瞬憶するんです。憶する気持ちはすごくわかりますが、この猛暑の中、涼しい映画館で子どもたちと安全に座って楽しめます。子どもたちが立ったり歩いたり泣いたり声を出したりしても大丈夫。最後まで観ることを目標にせず、大きなスクリーンで歌やいろんな映像を楽しむ、そんな素敵な機会になりますので、今夏、ぜひ映画館へ足を運んでいただきたいです。

(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2018

映画30周年記念作品『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』
6月30日(土)より大ヒット公開中!
配給:東京テアトル
公式サイト:http://anpan-movie.com/2018/
公式Twitter:@anpanman_movie
(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2018

取材・文/田嶋真理