文=木俣冬/Avanti Press

中尾明慶のジミー大西が似ている! お笑い芸人ジミー大西は、「やってる! やってる!」や「おまえも頑張れよ」などのフレーズで人気を博した後、画家になって一時期芸人を引退。近年復帰し、多彩かつ波乱万丈な人生を送っている人物だ。

明石家さんまが企画・プロデュースした「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」(7月20日からNetflixで配信)は80年代、まだ何者でもなかった男を、明石家さんまが見出し、売れっ子にしていく“ジミーちゃん”ことジミー大西の芸人黎明期を描いたドラマ。

Netflix オリジナルドラマ 明石家さんま企画・プロデュース「Jimmy ~アホみたいなホンマの話~」
(c) 2018YD クリエイション 7月20日(金)よりNetflixにて全世界190カ国独占配信

少々変わり者で社会生活を営むことが困難であった大西(中尾)は、吉本興業の舞台進行の見習いとしてなんば花月で働くことになる。何かと行動がエキセントリックな大西に、面白さを見出したさんま(玉山鉄二)は、まず自身の身の回りの世話をさせ、あるとき大西を吉本新喜劇の舞台に立たせる。言動が予想を超える面白さであることは、危うさと紙一重だということでもあり、やがて舞台でとんでもない失態をしでかす。それでもさんまは自らの進退をかけて彼をかばい、“芸人”ジミー大西としてさらに売り出していく。

キャスティングにも注目! さんま縁の俳優続々

さんまはもともと、自分では巧くアピールできない人たちの面白さをうまく引出し、その人の武器に変える、そういうタイプの笑いをやって来た。本作でも、不器用でうまく生きられないジミーを、「ミジメな過去は笑い飛ばせ」と励まし、ジミーの生きる道に光をともす。

Netflix オリジナルドラマ 明石家さんま企画・プロデュース「Jimmy ~アホみたいなホンマの話~」
(c) 2018YD クリエイション 7月20日(金)よりNetflixにて全世界190カ国独占配信

ジミーちゃんのみならず、さんまがこれまで面白がっていじってきた村上ショージ(尾上寛之)やMr.オクレ(六角慎司)などの個性派芸人たちも登場し、日常会話でも隙あらば面白い話に転がしていこうとする芸人たちの、職業意識が描かれる。80年代というとお笑いブームが起きた頃で、ノリに乗っているスター、さんまを頂点に、笑いを追求していく若き芸人たちの青春群像劇という感じで楽しめる。

Netflix オリジナルドラマ 明石家さんま企画・プロデュース「Jimmy ~アホみたいなホンマの話~」
(c) 2018YD クリエイション 7月20日(金)よりNetflixにて全世界190カ国独占配信

ジミーのマネージャー役の木南晴夏、ジミーの想い人役の徳永えり、お茶子のおばちゃん役の濱田マリなど関西出身の俳優が集まっていることにも安心感がある。大竹しのぶ役に池脇千鶴が扮するのも刺激的なキャスティング。さんまと縁の深い木村拓哉が出演していることにも注目だ。

赤塚不二夫と明石家さんまの意外な共通点

最初に書いたが、中尾がジミー大西の特徴をよく捉えている。独特のリズムに、ああジミーちゃんだとくすりとなる(ジミー大西を知らない人にも親しみを感じさせるいい塩梅)。一方、玉山鉄二が演じる明石家さんまはさんまの形態模写を選択しているようには見えず、彼の本質(面倒見のいい兄貴分的なところや、カリスマ性)に寄り添っている印象だ。もっとも、もともとさんまはシュッとした二枚目顔であり、唯一、突出した歯並びによって芸人としてのキャラを保っている節もあるので、玉山の選択には納得できる。

Netflix オリジナルドラマ 明石家さんま企画・プロデュース「Jimmy ~アホみたいなホンマの話~」
(c) 2018YD クリエイション 7月20日(金)よりNetflixにて全世界190カ国独占配信

玉山は現在、NHKの土曜ドラマ「バカボンのパパよりもバカなパパ」で赤塚不二夫を演じている。赤塚と明石家さんまというカリスマ的存在をふたりも演じているのだ。本来「Jimmy~」は1年前に配信される予定であったが、さんま役を演じた小出恵介の不祥事によって配信は休止。キャストを玉山に代えて再撮影を行った。これによって偶然、放送(配信)時期は重なったのだが、玉山演じる赤塚とさんまには共通点が……。

誰かの才能を見出し、輝かせるところである。赤塚不二夫が亡くなったときタモリが、「私もあなたの数多くの作品のひとつです」と弔辞を読んだが、ジミー大西も明石家さんまの作品のひとつなのかもしれない。「Jimmy~」はジミー大西がとてもチャーミングに見えるドラマ。代役を立てて撮り直しをし、1年遅れで配信にこぎつけたところにも、さんまのジミーちゃん愛を感じる。この不屈の精神は「ミジメな過去は笑い飛ばせ」という精神にも繋がっているだろう。

*         *

Netflix オリジナルドラマ 明石家さんま企画・プロデュース「Jimmy ~アホみたいなホンマの話~」
(c) 2018YD クリエイション 7月20日(金)よりNetflixにて全世界190カ国独占配信

全9話。観る人を選ばない、誰もが楽しめる極めて良質なコメディ。といっても優等生では決してなく、下ネタをはじめ、とことんおバカさんな描写もある。でも登場人物が皆、愛らしい。人間の面白さを、そのまんま生でまるごと出すのではなく、手間隙を惜しまず、美味しいところを鋭い包丁で削りだし、最高のシチュエーションで客に出す。こういうよく練られた人間喜劇は最近少なくなっている気がするので、大いに歓迎したい。