今週末に公開される新作映画の中から、dmenu映画編集部がセレクトした作品を、予告映像とともにお届けする『週末シネマ☆PICKUP』。今週は、7月27日・28日公開分、そして少し先駆けて来週8月1日公開の新作も紹介! 見逃し厳禁な最新映画をお届けします。

劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命–(7月27日公開)

【あらすじ】
地下鉄トンネル崩落事故から3か月後、旅立ちの時が迫る藍沢(山下智久)たち。その旅立ちが「別れ」を意味することに気づきながらも、彼らは10年間を共にした互いへの思いを抱えたまま、日々を過ごしていた。しかしそんな彼らの思いに構うことなく、出動要請が入る。成田空港への航空機緊急着陸事故と、東京湾・海ほたるへの巨大フェリー衝突事故という、「空」と「海」を舞台にした未曽有の大事故が連続発生。史上最悪の現場に、彼らはいかに立ち向かうのか。そしてその先に、答えはあるのか――

2008年7月にフジテレビ系で1st Seasonが放送され、平均視聴率・最高視聴率ともに同クール連続ドラマ内第1位を記録した人気ドラマの劇場最新作。昨夏、7年ぶりの連続ドラマ最新作となった3rd Seasonも平均視聴率・最高視聴率ともに同クール連続ドラマ内で第1位を記録する大ヒットに。誕生から10年、多くの困難に立ち向かい互いを支え合ってきた藍沢ら5人が歩む、それぞれの旅立ちへの道が描かれる。メガホンをとるのは西浦正記監督。

【関連記事】
劇場版『コード・ブルー』は大ヒットに?共通点を持つ「月9→映画」ドラマ

ウインド・リバー(7月27日公開)

【あらすじ】
ネイティブアメリカンの保留地ウインド・リバー。その深い雪に閉ざされた山岳地帯で、ネイティブアメリカンの少女の死体が見つかった。第一発見者となったコリー・ランバート(ジェレミー・レナー)は、単身派遣された新米の女性捜査官ジェーン・バナー(エリザベス・オルセン)の案内役として捜査に協力することになる。事件当夜、この人里離れたトレーラーハウスで何が起こったのか。ウインド・リバーの静寂を切り裂く凄まじい銃声が鳴り響くなか、ついに明らかになる衝撃の真実とは――

第70回カンヌ国際映画祭<ある視点部門>監督賞受賞した、『ボーダーライン』脚本のテイラー・シェリダン監督作。世の中から忘れられたアメリカの闇を描いた、極上のクライムサスペンス。メガホンをとるのは本作が監督デビューとなるテイラー・シェリダン。

【関連記事】
口コミで公開館数が500倍以上に!アメリカの暗部を暴いた『ウインド・リバー』

「性別が、ない!」インターセックス漫画家のクィアな日々(7月28日公開)

【あらすじ】
新井祥、職業・漫画家。30歳まで女性として暮らしてきて、染色体検査でインターセックスと判明。自身は、男性でもなく、女性でもない何かと性自認し、自分の体に起きた劇的な体験をエッセイ漫画として飄々と描く。離婚も経験し、東京から名古屋へ引っ越し、専門学校の非常勤講師となる。そこで出会ったゲイの美青年、こう君をアシスタントにして、同居生活を送る。出会いから10年、こう君は漫画家デビューし、カミングアウトをする。カメラが二人の生活に密着し、新井の心の奥底を照射するとき、二人の関係は思わぬ方向へ――

セクシュアル・マイノリティの漫画家とそのアシスタントである美青年との心の交流を縦糸に、主人公・新井祥と周りのLGBTの人たちとの交友を横糸として紡がれる愛の物語。監督は渡辺正悟。ナレーションを小池栄子が担当する。

【関連記事】
男性でも女性でもない。“中性”で生きることとは?

インクレディブル・ファミリー(8月1日公開)

【あらすじ】
かつてヒーロー界のスターだったボブとその家族のもとに、復活をかけたミッションが舞い込む。だがミッションを任されたのは、なんと妻のヘレンだった! 留守を預かることになった伝説の元ヒーロー、ボブは、慣れない家事・育児に悪戦苦闘。しかも、赤ちゃんジャック・ジャックの驚きのスーパーパワーが覚醒し――

2004年公開の『Mr.インクレディブル』の続編となる、ピクサー・アニメーション・スタジオの長編20作目となる最新作。前作同様にブラッド・バードが監督をつとめる。愛すべきヒーロー家族の物語が、幕を開ける!

【関連記事】
『インクレディブル・ファミリー』全米で記録破りのヒットの理由!
ピクサー史上、最強のほんわか度?肉まん息子の物語

センセイ君主(8月1日公開)

【あらすじ】
告白7連敗中の佐丸あゆは(浜辺美波)は、恋に恋するパワフル女子高生。ある日、クラス担任の代理でやってきた、イケメンだけど冷徹でヒネクレ者の数学教師・弘光由貴(竹内涼真)に恋をしてしまう。どんなにバカにされても「絶対に先生をおとしてみせます」と大胆発言!「そこまで言うならおとしてみなよ」―ここからあゆはの全方向に間違った恋の猛アタックが始まる――

幸田もも子の人気コミックスを実写映画化! 監督は『君の膵臓をたべたい』の月川翔。ちょっぴり“禁断の恋”をハイテンションでコミカルに描く、おもいっきりポップでキュート、ミラクルハッピーなラブコメディ。

【関連記事】
浜辺美波、『センセイ君主』の攻めた演技は竹内涼真のおかげ

猛暑の夏、映画館でちょっぴり涼しげに

どれを観るのか? どれから観るのか? 迷うものばかり! 猛暑の中、涼しい映画館で話題の最新作とともに最高のひとときを。