2000年生まれの現役高校生女優、浜辺美波。8月で18歳を迎える彼女は、ピュアな魅力の光る女子高生役が相次いでいます。しかし、竹内涼真との共演作『センセイ君主』(8月1日公開)では、これまでの清楚なイメージから一転、見たことのないハッチャけた言動を連発しています。正直「ここまでやる?」と驚いてしまう、彼女のコメディエンヌぶりに迫ります。

「東宝シンデレラ」発の正統派美少女として女優デビュー

長澤まさみや上白石萌音&萌歌姉妹ら、実力派女優を多数輩出する「東宝シンデレラ」オーディションをきっかけに、若干10歳で芸能界デビューした浜辺美波。ショートムービー『浜辺美波~アリと恋文~』(2012年)で活動をスタートさせると、実写テレビドラマ版「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」(フジテレビ系)や、NHK連続テレビ小説「まれ」などに出演し、徐々にその知名度を高めていきます。

そんな彼女が脚光を浴びたのは、興収35億円超えという大ヒットを記録した“キミスイ”こと映画『君の膵臓をたべたい』(2017年)でのヒロイン役でした。重い膵臓の病気を周囲にひた隠しにし、明るく振る舞うクラスの人気者・桜良に扮した浜辺は、透明感あふれる存在感と、独特の質感を持つ印象的な声色で一躍注目を集めます。

2018年4月に公開された映画『となりの怪物くん』では、菅田将暉演じる主人公・ハルに密かに想いを寄せる優等生の学級委員長・千づるを好演。こうした注目映画で等身大の高校生役が続いた浜辺は、色白&黒髪という素顔の美少女ぶりとも相まって、すっかり“清純派”なイメージが定着している感があります。

(c)2018「センセイ君主」製作委員会 (c)幸田もも子/集英社

変顔、モノマネで可愛さ封印!?最新作でコメディエンヌの才能が爆発

そんな浜辺にとってちょうど10本目の映画作品であり、コメディエンヌの才能を一気に開花させたのが『センセイ君主』です。

本作は『ヒロイン失格』(2015年)の原作者・幸田もも子による人気コミックを、実写映画化した学園ラブコメディ。竹内涼真扮するクールなイケメン数学教師・弘光由貴に猛アタックし、全力で恋する女子高生・佐丸あゆはを浜辺が演じています。

“恋に恋する”あゆはのパワフルなキャラクターは、本編の冒頭からさく裂! 通学中の電車の中で見染めた男の子に告白するも、あっさり撃沈……。告白の“連敗記録”を更新したにも関わらず、セーラー服姿のまま行きつけの牛丼屋でドカ食いするような女の子です。

弘光との出会いの場も、少女漫画の世界観に似つかわしくない牛丼屋。牛丼をペロリと食べ終えたあゆはが、財布にお金が全然入ってないことに気づき、慌てているところを「会計、一緒で……」と救ってくれたのが、弘光だったのです。翌日、クラス担任の代理教師として教室に現れた彼との再会に、運命を感じたあゆはの“暴走”が加速していきます。

(c)2018「センセイ君主」製作委員会 (c)幸田もも子/集英社

原作コミックを読み込み、くるくると無邪気に変化するあゆはの表情をとことん研究して、撮影に臨んだという浜辺。終始クールな弘光を笑わせようと、金八先生のモノマネをするシーンでは、台本になかった「人という字はぁ〜、人と人とがぁ〜」というあの名ゼリフをアドリブで引用し、女優魂を見せてくれます。

さらに、「先生と釣り合う大人の女性にならねば!」と、厚化粧&もりもりの胸パッドで登校したり、弘光の幼なじみで彼に想いを寄せる有名ピアニスト・秋香(新川優愛)に対して変顔で応戦したり、名作映画『ロッキー』(1976年)を彷彿させるランニングシーンに挑戦したり……。これまでの出演作では決して見せることのなかった振り切った演技と、喜怒哀楽を爆発させたような表情をノリノリで披露しているのです。

(c)2018「センセイ君主」製作委員会 (c)幸田もも子/集英社

こうしたハイテンションな演技について、浜辺本人は、本作の前に主演した2018年1月期のドラマ「賭ケグルイ」(TBS系)での経験が活かされていると明かしています。可愛らしさと狂気の二面性を持ち、生粋のギャンブル狂である夢子役を演じたことで、「こんなふうに演じていいのか!」と、彼女の中でリミッターが外れたのだとか(『センセイ君主』プレスシートより)。実際、同ドラマでギャンブルに熱狂し、陶酔するヒロインを演じた時の表情は、視聴者から“顔芸”と称されるほどの気合の入りようでした。

そして、『君の膵臓をたべたい』、『となりの怪物くん』に続いて、3度目のタッグとなった月川翔監督が、コメディエンヌとしての彼女の才能を見事に引き出したのは言うまでもありません。加えて、映画の冒頭から散々笑わせておいても、クライマックスでは説得力を持ってシリアスな演技ができるのは、彼女が実力派であることの何よりの証拠です。今後、彼女が女優としてどんな成長を見せてくれるのか、目が離せません。

(文/スズキヒロシ・サンクレイオ翼)

【関連記事】浜辺美波に辛口評価!? 俳優の「ダンス力」に熱視線!

現在公開中の映画『センセイ君主』。本作の主題歌「I WANT YOU BACK」を歌うTWICEとメインキャストの竹内涼真、浜辺美波らのコラボダンス動画が話題となりました。同動画は8月末時点で約1,300万回以上再生されており、その注目の度合いが伺えます。

アニメと実写を融合させた劇場版第3弾『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』で、山﨑賢人、斎藤工、武井咲ほか豪華キャストとともに実写パートに出演した女優・浜辺美波。本作以外にも数々のアニメの実写化作品に参加し、天使をイメージさせるような優しげな雰囲気の彼女は “2.5次元美少女”と呼ばれる、今最も注目を集める若手女優の1人です!