「週刊少年ジャンプ」で連載され、コミックの累計発行部数が5,500万部を突破した空知英秋の人気コミック『銀魂』。パラレルワールドの江戸時代末期を舞台に、“万事屋(よろずや)銀ちゃん”を営む坂田銀時が主人公。彼の周りで起こる様々な事件を、SFと時代劇をミックスさせた、笑いあり、感動ありのドラマとして描く痛快アクションエンターテインメントだ。

2017年に公開された実写版『銀魂』は、原作の持つ世界観を忠実に再現。漫画やアニメを実写化した作品では賛否様々あることが多い中で、原作ファンや、原作を知らない層にも支持され、興行収入38.4億円(※)を記録。同年公開された実写邦画で、No.1の成績を記録する大ヒットとなった。そんな前作からわずか1年。早くも続編『銀魂2 掟は破るためにこそある』が8月17日(金)から公開される。

あらすじ

時は幕末。地球人と宇宙人・天人(あまんと)が共存する江戸・かぶき町で暮らす万事屋の銀時、新八、神楽。仕事がなく、金欠で家賃も払えない3人はある日、キャバクラ「すまいる」の店長から“幕府のお偉いさん”の接待を依頼される。だが、そのお偉いさんとは、時の征夷大将軍・徳川茂茂だった! 時を同じくして、攘夷浪士たちに囲まれ、剣を抜こうとする真選組鬼の副長の土方。しかしその瞬間、なぜか体が勝手に動き、気が付けば土下座! さらに、第2の人格=アキバ系オタク“トッシー”が現れてしまい……。土方がヘタレと化し、真選組存亡の危機が迫るなか、事態は将軍をも巻き込む大騒動に発展。この最大の危機に、万事屋、そして銀時はどう立ち向かうのか!?

「銀魂」史上最も“アツくて笑える”エピソードを実写化!

銀魂2 掟は破るためにこそある 解説

(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会

今回実写化されるエピソードは、『銀魂』史上、最もアツいと言われる「真選組動乱篇」、そして『銀魂』の隠れ人気キャラ“将ちゃん”こと、江戸幕府14代征夷大将軍が登場し、最も笑えると言われる「将軍接待篇」という2つのエピソードを融合させたハイブリッド作品。前作では「紅桜篇」と「カブト狩り篇」が実写化されたが、同作はそれぞれ独立したエピソードだった。マッシュアップした物語が、本作でどのように展開するかに注目が集まる。

銀魂2 掟は破るためにこそある 実写映画

(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会

また、今作では金欠でやる気のない銀時の姿を描いた物語が一転。近藤が仲間たちから刀を向けられる「真選組動乱篇」の緊迫感あふれるエピソードが展開する。鉄橋の爆破シーンやカーチェイスといったド迫力のアクションシーンが続き、銀時と人斬り万斉の戦いなど、原作を知っているファンからすれば、思わずニヤリとしてしまうシーンが連続するだけに、期待度は増すばかりだろう。

監督をつとめた福田雄一監督はシナリオについて、「1作目を観たお客さんの感想を読んだ時に、おもしろくてカッコよくて感動できるっていうのが『銀魂』に求められていることなんだと気づき、将軍を接待する話と『真選組動乱篇』を合体させることを思いつきました」とコメントしている。

超豪華キャスト陣が再集結!主題歌はback number

銀魂2 掟は破るためにこそある ネタバレ

(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会

続編でも邦画史上最高ランクのキャスティングが再び集結。

主人公の坂田銀時を演じる小栗旬をはじめ、志村新八役の菅田将暉、神楽役の橋本環奈、近藤勲役の中村勘九郎、土方十四郎役の柳楽優弥、沖田総悟役の吉沢亮、志村妙役の長澤まさみ、桂小太郎役の岡田将生、高杉晋助役の堂本剛、平賀源外役のムロツヨシ、役柄不明役の佐藤二朗ら、中心メンバーは欠けることなく全員が続投。

さらに、本作では新たに、松平片栗虎役に堤真一、伊東鴨太郎役に三浦春馬、河上万斉役に窪田正孝、徳川茂茂役に勝地涼、猿飛あやめ役に夏菜、お登勢役にキムラ緑子と、人気と実力を共に兼ね備えた、日本を代表する俳優陣が合流している。

監督は、前作に続き福田雄一が担当。前作では、「勇者ヨシヒコ」シリーズをはじめとする様々な作品で披露してきた笑いのテイストが、『銀魂』の世界観と見事にマッチし大評判となった。今作でも『銀魂』の持ち味である、“ギリギリを攻める下ネタ”や“パロディ演出”が発揮されることに期待が寄せられている。

主題歌を担当するのは、人気ロックバンドのback number。以前より『銀魂』の大ファンであることを公言しており、本作のために新曲「大不正解」を書き下ろした。主題歌についてメンバーでボーカル&ギターをつとめる清水依与吏は、「思えばジャンプで掲載されてから毎週『銀魂』に触れているわけですから、なんだか14年来の友人に友情をテーマにした曲を書くかのようなこそばゆさを感じつつも、純粋に嬉しかったし、楽しみながら作れました」とコメントしている。

原作者・空知英秋からの激励コメント

銀魂2 掟は破るためにこそある あらすじ

(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会

前作の公開前にも「メンバーが豪華だろうと、原作が原作ですから、基本泥舟」「ちょっと豪華なコスプレ大会」など、自虐とユーモアに満ちたコメントで実写映画化をサポートした空知。今回も続編に向け、「爆死確実と言われた超豪華俳優の無駄遣い、B級コスプレ映画、前作銀魂が予想を覆しまずまずのヒットを遂げられたのは、ひとえにコスプレを許してくれた生ぬるいファンの皆様の寛大な心」と感謝の意を表しながらも、「次こそ爆死だねって剛と2人で笑ってます」と、実に空知らしい公式コメントを寄せている。

dTVで映画と連動したオリジナルドラマを配信!

前作の公開時に配信され、好評を博した短編オリジナルドラマが今回もdTVで独占配信される。タイトルは『銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-』。眠れないループに入った神楽が、銀時を巻き込んでなんとかして眠る方法を模索する「眠れないアル篇」、全面禁煙となった世界で、土方が煙草を吸うために遠い宇宙に冒険の旅に出る「土方禁煙篇」、銀時と土方が大嫌いな歯医者で地獄の体験をする「幾つになっても歯医者は嫌篇」の3篇がドラマ化された。

シリアスな要素も加わる映画版とは違い、短編ドラマ版では、『銀魂』の真骨頂であるギャグが全編にわたりさく裂。ファンから熱く支持されている屈指のエピソードを、映画と同じく福田雄一が自ら監督を手掛けて描き出す。得意分野であるギャグの回だけに、興味深い内容になっていることは間違いなし!

また、ドラマ版だけに登場するキャラクターとして、『銀魂』を語るうえで外すことのできない“マダオ(まるでダメなおっさんの略)”こと、長谷川泰三が満を持して登場。アニメで同キャラクターの声優を務める立木文彦が、ドラマ版でもマダオ役を演じていることにも注目だ。

原作者からも皮肉と愛のあるサポートを受け、ストーリー、キャスト、アクション、ギャグのすべてがスケールアップした本作。邦画界の大注目作の、『銀魂』史上最もアツく、最も笑えるエピソードを、是非劇場で堪能していただきたい!

文=SS-Innovation.LLC

※…一般社団法人日本映画製作者連盟発表

【関連記事】アクションよりも笑いの方が疲れる 『銀魂2 掟は破るためにこそある』小栗旬インタビュー

昨年の実写邦画ナンバー1ヒットを記録した『銀魂』の続編となる『銀魂2 掟は破るためにこそある』。本作で再び主人公・坂田銀時にふんした小栗旬が、“文化祭の前夜”のようだという撮影現場の様子や、プライベートでも仲が良い共演者の菅田将暉、橋本環奈との関係を明かした。