今週末に公開される新作映画の中から、dmenu映画編集部がセレクトした作品を、予告映像とともにお届けする『新作シネマ☆PICKUP』。8月10日・11日に公開される最新作を紹介! 見逃し厳禁な最新映画をお届けします。

オーシャンズ8(8月10日公開)

【あらすじ】
5年の刑期を終え、仮出所を果たしたデビー・オーシャン(サンドラ・ブロック)。かつて“オーシャンズ”を率いたダニー・オーシャンを兄に持つ彼女は、刑務所の中で考え抜いたプランを実行に移すべく、個性豊かな犯罪のプロたちに声をかけ“オーシャンズ”を新結成する。彼女たちのターゲットは、世界最大の祭典“メットガラ”でハリウッド女優(アン・ハサウェイ)が身につける1億5千万ドルの宝石。前代未聞で型破りな計画は果たして成功するのか――

個性豊かな一流のプロたちが型破りな強奪計画を企てる、犯罪ドリームチーム「オーシャンズ」たちを描いたシリーズを、オール女性メンバーで新たに描く最新作。ニューヨークのメトロポリタン美術館での2週間に及ぶ撮影や、高級ブランドとのコラボなど、異例づくしな内容に加え、新リーダーのデビーをサンドラ・ブロックが演じるほか、豪華キャストが集結。メガホンをとるのはゲイリー・ロス、そしてプロデューサーをこれまでのシリーズの監督であるスティーブン・ソダーバーグが名を連ねる。

【関連記事】
『オーシャンズ8』あらすじ&キャスト、見どころを紹介
意外と忘れてる!?『オーシャンズ』シリーズを振り返り!
『オーシャンズ8』は『ゴーストバスターズ』のカタキを討てるか?
オーシャンズが仕掛けた仰天トリックの数々をおさらい!

追想(8月10日公開)

【あらすじ】
1962年、夏。美しく野心的なバイオリニストのフローレンス(シアーシャ・ローナン)。歴史学者になることを目指しながら自由に暮らすエドワード(ビリー・ハウル)。2人はある日偶然出会い、一目で恋に落ちる。2人は、様々な困難を乗り越え結婚。2人が新婚旅行として向かったのは、美しい自然に囲まれたドーセット州のチェジル・ビーチ。幸せに満ち溢れた時間を過ごすはずだった……生涯忘れることのできない初夜。その一部始終がいま明かされる――

ブッカー賞作家イアン・マキューアンの小説「初夜」を、映画化した作品。新婚の若い男女が、幸せの絶頂を迎えるはずの初夜にある出来事が起き、運命が少しずつ狂い始めていく様を描く。本作が長編デビューとなるドミニク・クックがメガホンをとり、原作者のイアンが自ら脚本をつとめる。

【関連記事】
「初夜」に一体何が?6時間で破綻したカップルの物語

英国総督 最後の家(8月11日公開)

【あらすじ】
第二次世界大戦で国力が疲弊したイギリスは、植民地インドを去ると決定。マウントバッテン卿(ヒュー・ボネヴィル)は、主権譲渡のため新総督として任命される。その妻と娘は、首都デリーの壮麗なる総督官邸にやって来る。そこでは独立後に統一インドを望む国民会議派と、分離してパキスタンを建国したいムスリム連盟によって、連日連夜論議が闘わされた。一方、新総督のもとで働くインド人青年ジートと令嬢の秘書アーリア、互いに惹かれあう2人だが、信仰が違う上に、アーリアには幼いときに決められた婚約者がいた――

1947年、インド・パキスタン分離独立の前夜、混迷を深める激動のインドで、歴史に翻弄された人々を鮮やかに描いた感動のヒューマンドラマ。監督・脚本はグリンダ・チャーダ。

よるのたんけん(8月11日公開)

【あらすじ】
ドキュメンタリー映画や、『いぬごやのぼうけん』などのアニメ作品で知られる、みずもとひろゆき監督の最新ストップモーションアニメ映画。人形はすべて手作りで、8年の歳月をかけて制作した意欲作。手づくりならではのあたたかい旅立ちの物語。

夏真っ盛り!新作映画とともに涼しげに

どれを観るのか? どれから観るのか? 迷うものばかり! 猛暑の中、涼しい映画館で話題の最新作とともに最高のひとときを。