株式会社カプコンは8月29日、2001年にPlayStation(R)2向けに発売され、全世界累計販売本数200万本を突破する人気アクションゲーム「鬼武者」を高解像度化し、12月20日にPlayStation(R)4、Nintendo Switch などの最新ハード向けに発売することを発表した。

 「鬼武者」は、戦国の世を舞台に、鬼の一族から鬼の篭手を与えられ“鬼武者”となった主人公・明智左馬介(あけちさまのすけ)と、謎の化物・幻魔との戦いを描いた作品。同社の人気ゲーム「バイオハザード」の操作感に近い、剣劇アクションが特徴で、左馬介のモデル・声優に俳優の金城武を起用したことでも大きな話題を呼んだ。

続きを読む