『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』(10月12日より公開)。長い、というだけに留まらず、なかなかに刺激的なタイトルである。 

鬼才・三木聡監督、久しぶりの新作の主演は阿部サダヲ。相変わらず唯一無二、不滅の存在感でロックスターを快演している。「グループ魂」として音楽活動も続けている阿部だけに説得力がハンパないが、ヒロインを演じる吉岡里帆がそんな阿部を前に、負けず劣らずのインパクトある芝居を見せている。映画女優として、完全脱皮したと言えるだろう。 

これはメモリアルな転機だ

演技に対する情熱は人一倍ある吉岡だが、これまでは可憐なルックスのためか、観る側はついその愛くるしさに目がいっていたように思う。本作では極端な役どころに扮したことで、“女優・吉岡里帆”が持つオリジナルのパッションが鮮やかに表出することになった。

演じ手には、節目や飛躍を意味する作品が必ずあるものだが、吉岡にとって本作がまさにそれだ。この映画は奇っ怪とも言えるタイトルに反して、純朴な心根のある作品で、観た人にとっては大切に仕舞っておきたくなる物語だけに、のちのち「あの時の吉岡里帆、良かったよね」と多くの人が反芻するに違いない。

(C)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会

4オクターブもの声域を誇る超人気ロックスターのシンと、声がものすごく小さいストリートミュージシャン・明日葉ふうかの物語。立場どころか、生き方そのものがまるで違う二人が出逢い、あまりに破天荒な逃避行を繰り広げることになる。

シンの驚異的な歌声は「声帯ドーピング」なる禁断の方法で維持されてきたもの。長年にわたって酷使してきた副作用で喉は限界に近づいている。そんなシンが、表現の道を選びながら、どうにも一歩踏み出せずにいるふうかに目を止め、彼なりに叱咤激励していくという展開だ。 

こう書くとシリアスで真っ当な感動ストーリーだが、三木監督らしい過激なまでに脱力しきったコメディセンスは従来通り爆発しており、二人を取り囲む多種多様なキャラクターたちの「意味がなさすぎてクセになる」発言の数々には唖然とせざるを得ない。だが、そうした緩みに緩みまくった細部の描写が、逆にシンとふうかの絆を際立たせてもいる。

そこで感じ入るのが、吉岡里帆の芝居力なのだ。

(C)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会

素地が頑丈な、隠れタフネス

ヒロインのふうかは声が小さい。が、それをコンプレックスにも思っていない。これはこれで個性だ、くらいに思っていたりもする。声が小さいからと言って、極端に人見知りなわけでもないし、シャイなタイプでもない。むしろ、はっきりマイペースだと言ってもいいだろう。このニュアンスを吉岡里帆は巧みに表現している。

ミュージシャンにとって声が小さいということは、歌のみならず、表現そのものの「音量」の欠落を意味する。言ってみれば、やる気が感じられないのだ。だから、シンは「それでいいと思ってんじゃねぇぞ」と言葉のムチで鼓舞するのだが、人間、そんなに簡単に変わるはずもない。このあたりの、ふうかの、華奢に見えて案外頑丈な性格描写が素敵だ。 

(C)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会

これは歳の離れた男女の一種のコンビものとも言えるが、グイグイ引っ張っていくシンに対して、ふうかは必ずしも振り回されているわけではない。話の成り行きはまさに翻弄されているような状態だが、吉岡里帆の演技を見ていると、実はふうかは、シンの「余計なお世話」をしっかり受けて立っていることが感じられる。

声は小さいけれど、実は逞しい。簡単になびいたりはしないけれど、ほんとうに心が動いた時は躊躇なく前に進むことができる。そんなキャラクターとして体現しているのだ。

つまりふうかは、シンと出逢って成長したのではなく、もともとの素地があって、開花するべき時を待っていた。そんな風に映る。のほほんとした風情で生きているふうかの、眠れる根性がふと目を覚ましただけ。そんな素っ気ない表現で、吉岡里帆は怒涛の後半をドライブしていく。

そこで発揮されるのは、ドライビングテクニックではなく、ハンドルを握る握力のような何か。しっかりハンドルを握っていれば、あとはなんとかなるでしょ。そんな無責任なことさえ思わせる吉岡里帆の芝居はとても頼もしく、勇ましい。

(C)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会

今後、役のテリトリーは間違いなく広がるだろう。吉岡里帆もまた、もともとこうした素地があり、あとは開花するだけ、という状態で「待っていた」のだと思う。

(文/相田冬二@アドバンスワークス)