公開中の『クレイジー・リッチ!』は、生粋のニューヨーカーで、ごく普通に恋をした大学教授レイチェルのシンデレラストーリーです。恋人のニックが実は大富豪の御曹司だったことを知ったことで、彼女は人生の大きな転機を迎えます。

劇中でレイチェルが彼の実家のことを知ったのは、母国シンガポールで行われたニックの友人の結婚式に、彼女が同行したことがきっかけでした。レイチェルは結婚前に行われる独身最後のパーティーに参加するのですが、そのあまりにセレブで、ド派手な様子に、彼女は圧倒されてしまいます。

ちなみに、このときレイチェルが参加したのは、花嫁が独身最後の夜を同性の友人と過ごす“バチェロレッテパーティー”でした。花婿が同じく同性の友人を集めるパーティーを“バチェラーパーティー”といいますが、独身最後ということで、どちらもかなりハメを外した内容になるようです。時には恋のさや当てが起きることも……。果たしてこれらのパーティーは一体どんなものなのか? 映画の中に探ってみたいと思います。

本当!? 新郎新婦がイタズラバトルで警察まで…

『バチェラー・パーティ』(1984年)は、監督ニール・イズラエルの兄弟のバチェラーパーティーで起きた、実体験を元にした作品です。映画で描かれたパーティーに実際に参加していた人が、エキストラとして出演しています。

アメリカ人にとって結婚前夜に行わるバチェラーパーティーは伝統のひとつです。当日は何をしても許されますが、同時に友人たちが花婿に試練を与える場でもあるそうです。パーティーには娼婦やドラッグなど、さまざまな誘惑が待ち構え、それに打ち勝つことで新郎は結婚する資格があると認められるとか。

この映画で新郎リックは新婦デビーに、娼婦はよばないと約束します。しかし、2人の結婚を快く思わない人物の策略により、デビーはリックがバチェラーパーティーに娼婦をよんだと勘違い。バチェロレッテパーティーに集まったメンバーを連れて、男性ストリップバーに繰り出してしまいます。

その後も新郎たちがデビーにイタズラを仕掛けたり、デビーも娼婦のふりをしてバチェラーパーティーに乱入したりなどやりたい放題。さらに、会場となったホテルには、バンドの生ライブを聞きつけた赤の他人が集まり、本物のロバが登場し、ついには警察がよばれてしまうのでした。

これらがすべて実話を元にしているというのが、“何をしても許される”というバチェラーパーティーの凄いところ。なんだか独身最後にどれだけハメを外せるか、新郎と新婦で競い合っているようにも見えますね。妻子や恋人をもつ参加者も、「この日ばかりは!」とばかりに大騒ぎします。

バチェロレッテパーティーは祝福ムードだけではない?

式を翌日に控えているからといって、関係者全員が結婚に納得しているとは限りません。同性ばかりが集まるからこそ、その幸せをやっかむ人が現れることもあるようです。

『バチェロレッテ -あの子が結婚するなんて!』(2012年)は、花嫁の高校時代の友人3人にフォーカスした作品。あまりモテなかった花嫁ベッキーに先を越されたことを、彼女たちは面白く思っていませんでした。そのため、アットホームなパーティーに男性ストリッパーをよぶなどして、ベッキーを怒らせてしまいます。その挙句、3人は花嫁抜きでバチェロレッテパーティーを始めてしまうのでした。

花嫁の前では良い友人を演じていましたが、いざ3人だけになると本音が顔をだします。大卒で医者の恋人もいるのに、なぜ結婚できないんだと愚痴る。大柄な新婦の体型に合わせたウェディングドレスを笑いものにするなど……。

同級生が集まると、つい精神年齢が若返ってしまうものですが、バチェロレッテパーティーはちょっとハメを外せる同窓会でもあるのかもしれません。さらに、劇中で元カレや元カノが再会するシーンがありますが、パーティーは出会いの場としても機能しているようです。

あの国民的キャラクターもバチェラーパーティーを!?

最近では日本でも、少しずつバチェラー&バチェロレッテパーティーを開く新郎新婦が増えているようです。『STAND BY ME ドラえもん』(2014年)では、しずかちゃんとの結婚を翌日に控えたのび太が、ジャイアンの家で出来杉、スネ夫などにパーティーを開いてもらいました。

普段は完璧な出来杉が酔ってクダを巻いた上、しずかちゃんからフラれた理由を打ち明けてしまうのは、ついついハメを外してしまうバチェラーパーティーだからこそ見られた姿かもしれません。「のび太のくせにー」というお決まりのセリフとともに、ジャイアンやスネ夫が彼を祝福する姿には、幼馴染だからこその温かさがありました。

『クレイジー・リッチ!』(c) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND SK GLOBAL ENTERTAINMENT

『クレイジー・リッチ!』で行われたバチェラー&バチェロレッテパーティーは、新郎新婦がセレブということで、その内容は主人公レイチェルの常識を遥かに超えたスケールでした。

バチュラーパーティーでは巨大なタンカーを丸ごと貸し切った会場に、ヘリで乗り込むことに。世界中のミスコンクイーンが華を添える会場で、DJのライブを聞きながらクラブにいるかのように一夜を踊りあかします。打ち上げられるのは花火、ではなく本物のバズーカ砲というところが、金持ちの恐ろしさといったところでしょうか。

一方、バチェロレッテパーティーは、プライベートな南の島が会場。砂浜ではラックにかかった洋服を、制限時間内に好きなだけ持ち帰られるゲームが行われ、参加者たちは大いに盛り上がります。

突如セレブな世界にデビューすることになったレイチェルが、ニックとの交際を快く思わない義母などを相手に立ち回りながら、本当の幸せを探す物語『クレイジー・リッチ!』。ド派手なバチェラー&バチェロレッテパーティーの様子とともに、そこでどんな女の戦いが繰り広げられるのか、ぜひ楽しみにしてください。

(文/デッキー@H14)