今週末に公開される新作映画の中から、dmenu映画編集部がセレクトした作品を、予告映像とともにお届けする『週末シネマ☆PICKUP』。本日10月5日に公開される最新作を紹介! 見逃し厳禁な最新映画をお届けします。

パーフェクトワールド 君といる奇跡

【あらすじ】
インテリアコーディネーターの川奈つぐみ(杉咲花)は、高校時代の初恋の先輩・鮎川樹(岩田剛典)に久しぶりに再会する。しかし彼は、大学生の時に事故にあい、車イスに乗る生活を送っていた。最初は戸惑うつぐみだったが、建築士として前向きに生きる樹とふれあう中、彼への想いを再びつのらせていく。つぐみの、ひたむきでまっすぐな想いに、かたくなだった樹も心を開いていく。一緒にいる幸せをみつけた2人だったが、やがてある事件が起き――

インテリアコーディネーターとして働くヒロインが、事故で車イス生活となっていた初恋の相手と再会することから始まる純愛を描いた有賀リエの漫画を、岩田剛典と杉咲花のW主演で実写化!

【関連記事】
岩田剛典が語る「アーティスト」と「俳優」の共通点とは?
岩田剛典&杉咲花、運命のデート場面写真到着!

あのコの、トリコ。

あらすじ】
地味で冴えない男子高校生・鈴木頼(吉沢亮)は、東京の高校に転入し、幼なじみで初恋の“あのコ”立花雫(新木優子)と再会。女優を目指し真っすぐにがんばる雫にあらためて恋をした頼は、あるきっかけから、雫の付き人に。ランジェリー広告の撮影日、同じく幼馴染で今や人気俳優となった東條昴(杉野遥亮)が、アクシデントで帰ってしまい、雫は降板させられそうになる。そんな雫を助けるために頼はなんと昴の代役を引き受ける。そして、この広告が話題となり、頼と雫、昴の未来を変えていく。恋と夢が複雑に絡み合う、幼なじみ3人の想いの行方は――

累計発行部数100万部を突破する白石ユキの同名コミックを実写化。主演の吉沢亮が、冴えない地味男子を見事に演じ切り、新境地を切り開く。脚本は巨匠・浅野妙子。そして数々のドラマを手掛けた期待の新鋭・宮脇亮が満を持して映画初監督。ドキドキの恋とキラキラな夢を追いかける、シンデレララブストーリー。

【関連記事】
吉沢亮、佐野勇斗、中川大志…イケメン演じる「ヘタレ男子」の魅力!

あの頃、君を追いかけた

【あらすじ】
水島浩介(山田裕貴)は、クラスメイトの仲間たちとつるんではバカなことばかりをし、さしたる夢や目標も分からぬまま、お気楽な高校生活を送っていた。浩介の態度に激怒した教師が、クラス一の優等生・早瀬真愛(齋藤飛鳥)を浩介のお目付け役に任命するまでは。真面目でお堅い真愛を疎ましく思う反面、胸がザワつき始める浩介。彼と仲間たちにとって、彼女は中学時代からの憧れだったのだ。やがて、教科書を忘れた真愛のピンチを浩介が救ったことで、2人の距離は一気に縮まっていく――

台湾で200万人を動員し、ほぼ無名のキャストながら空前のヒットとなった同名作品を、日本に舞台を移してリメイク。主演に山田裕貴、ヒロインに乃木坂46の齋藤飛鳥を迎え、旬の若手俳優たちにより現代の物語として新た生まれ変わらせる、全ての人の“あの頃”に捧げる愛おしくて切ないラブストーリー。

【関連記事】
『あの頃、君を追いかけた』山田裕貴インタビュー
「坂道シリーズ」のユニークな映画展開から目が離せない!

フィフティ・シェイズ・フリード

【作品紹介】
全世界での原作累計発行部数1億冊以上、巨大企業の若き起業家にしてCEO、女性ならば誰もが憧れずにはいられない超絶イケメンのグレイ(ジェイミー・ドーナン)と、彼に会うまで恋さえも知らなかった純粋なアナ(ダコタ・ジョンソン)の、特異な恋愛模様を過激な描写で描き、世界中の女性を虜にしたELジェイムズのデビュー小説であり、世界中で空前の社会現象を巻き起こした「フィフティ・シェイズ」シリーズの最終章。

【関連記事】
ついに結婚!『フィフティ』シリーズの衝撃的な愛の遍歴

イコライザー2

【あらすじ】
マッコール(デンゼル・ワシントン)の現在の“表”の職業はタクシードライバー。CIA時代の元上官である親友スーザン(メリッサ・レオ)が何者かに殺害され、マッコールは極秘捜査を開始。そして、スーザンが死の直前まで手掛けていた任務の真相に近づくにつれ、彼の身の上にも危険が迫りその手口から身内であるCIAの関与が浮上。相手は自分と全く同じ特殊訓練を受けたスペシャリストだった――

アントワーン・フークア監督がデンゼル・ワシントンを主演に、世の悪人を葬るロバート・マッコールという新たなダークヒーローを誕生させた『イコライザー』の続編。〈イコライザー〉VS〈イコライザー〉の正義と悪の壮絶な闘いが展開していく、デンゼル初のシリーズ作。

【関連記事】
デンゼルとフークア、2人の男の過去と未来

芸術の秋はやっぱり映画!

どれを観るのか? どれから観るのか? 迷うものばかり! 秋が深まる中、映画館で最新作と最高のひとときを。