俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーが現地時間26日、2019年公開予定の『ターミネーター』シリーズ最新作で共演するリンダ・ハミルトンとの2ショットを、Instagramに投稿した。

 投稿日の9月26日は、リンダの62歳の誕生日。アーノルドは「お誕生日おめでとう、親愛なる友人リンダ・ハミルトン。私の大好きな共演者の一人で、とても悪いヤツでもあり、素晴らしい方です。再び一緒に(シリーズに)戻ってこれて興奮しています」とコメント。

 二人は1991年公開の『ターミネーター2』以来、28年ぶりにシリーズで再共演。投稿された2ショットには、若かりし日の二人が同じポーズをとった写真が並べられており、20年以上経っても変わらぬ彼らの絆がうかがえる。

 新作は、シリーズの生みの親であるジェームズ・キャメロンが製作を担当し、『デッドプール』などのティム・ミラーが監督を務める。キャメロンは以前、 The Hollywood Reporter のインタビューで「新作は『ターミネーター』と『ターミネーター2』から続く物語です。私たちは、その他のシリーズ作品は悪夢、もしくは別のタイムラインで起こった作品と思っています」と本作が『ターミネーター2』の正統な続編となることを明かしていた。

 その言葉の通り、新作にはリンダが人類を導くリーダー、ジョン・コナーの母親サラ・コナー役として、そしてアーノルドは殺人機械ターミネーター、T-800役としてカムバック。キャメロン監修のもと、ミラー監督がオリジナルキャストを迎えてどのような物語を描くのか、更なる情報に期待したい。本作は2019年11月15日全米公開予定となっており、日本でも2019年公開予定。(編集部・倉本拓弥)