前作の公開から約4年、ジャッキー・チェンが『ポリス・ストーリー』に帰ってきました!

11月23日(金・祝)公開の『ポリス・ストーリー/REBORN』は、『ポリス・ストーリー』ユニバースでは記念すべき10本目となる作品。第1作目となる『ポリス・ストーリー/香港国際警察』(1985年)の公開以降、同ユニバースでは時に主人公が変わり、ジャッキー以外が主役を演じることもありました。

とはいえ、『ポリス・ストーリー』と聞いて思い出すのは、やはりジャッキーのド派手なアクションですよね! そこで、今回はジャッキーが主演した『ポリス・ストーリー』ユニバース作品から、必見の名アクションシーンを紹介したいと思います!

ジャッキーの名ダイブ!実は○○恐怖症

『ポリス・ストーリー/香港国際警察』でジャッキーは、麻薬組織に奪われたカバンを取り返すシーンで、地下1階から地上3階まで垂直に伸びるポールに飛び移り、30メートル超を一気に滑り降ります。それも、ポールに這わされた電飾をちぎり、火花を散らしながら。最後はガラス天板の上にダイブしました。

このシーンはカメラ12台によって撮影され、いろいろなアングルからジャッキーの雄姿を観ることができます。当時、ジャッキーは31歳の若さ! まさにアクション俳優として脂がのった年齢で、格闘シーンでの動きのキレも抜群でした。

『ポリス・ストーリー3』(1992年)でもジャッキーは高所からのダイブに挑んでいます。麻薬王を追いかけて、7階建ての建物の屋上からヘリがぶら下げた縄ハシゴにダイブするシーンです。何とかつかまえるも、最後は地上を走る貨物列車へと、ダイブするハメになります。

ヘリは時速100km以上のスピードで飛んでいたそうで、ヘリが方向を変えるたびにジャッキーは、空中で身体がほぼ真横になるほどに振り回されていました。もちろん命綱なんてありません。スタントなしのシーンであることを強調するため、顔が正面から映るように苦労して撮影していたそうです。

『ポリス・ストーリー3』DVD映像特典でのスタンリー・トン監督へのインタビューによると、実はジャッキーは高所恐怖症なのだとか。なお、ジャッキーは『ファイナル・プロジェクト』(1996年)でも、崖からヘリに飛び移っています。

21世紀になっても、ジャッキーのアクションは健在

『香港国際警察/NEW POLICE STORY』(2004年)の公開当時、ジャッキーは50歳でしたが、ビルから垂れ下がるロープに手錠をかけて壁面を駆け降りる。さらには、走行中のバスの屋根から、ほかの建物に飛び移るなど、年齢を感じさせない機敏な動きを見せています。

中でもすごかったのが、香港コンベンションセンターでのシーン。ニコラス・ツェー演じるシウホンが、帽子のつばのように半円形に宙に突き出す屋根から滑り落とされたのを、ジャッキー演じるチャン警部が自ら屋根を滑り落ち、落下スレスレのところで彼を足で蟹ばさみにしてキャッチ。柱にぶら下がって助け出すのです。

この後で、ジャッキーがちょっと逆ギレしながら「あれは本当にしんどいんだぞ!」と叫びますが、その言葉はセリフそのままだったのか、あるいは本音だったのか。コミカルな表情が笑いを誘いました。

ジャッキーはカーアクションもすごい!

香港名物といえば大型の二階建てバス。『ポリス・ストーリー』シリーズでもたびたびその姿を見かけますが、ジャッキーが登場すると、このバスも危険なアクションの舞台へと変わります。

『ポリス・ストーリー/香港国際警察』では、犯人の乗り込んだバスをジャッキーが走って追いかけます。傘の柄をバス後部に引っ掛けてぶら下がり、そのまま地面を引きずられながらもバスに乗り移る。2階席の窓枠に傘の柄を引っ掛け、後部から乗り移ろうとするも急カーブで振り回されるなど、息もつかせぬアクションを繰り広げるジャッキー。ついには犯人に見つかり、宙づりのまま戦闘が始まってしまうのでした。

『香港国際警察/NEW POLICE STORY』では、二階建てバスが暴走。ジャッキーは暴走を食い止めるためにバスの屋根に飛び移るのですが、そこに街の看板が迫ってくるのです。そこからはハラハラの連続。最終的には、乗り込んだバスが歩道橋にぶつかり、2階席が大破……と、いくら命があっても足りないほどの壮絶なシーンが続きます。これらが、すべて走行しているバスの上で行われているのですから、ジャッキーはカーアクションもまさに命がけですよね。

最新作のジャッキーはいかに!?

『ポリス・ストーリー/REBORN』/(c) 2017 HEYI PICTURES CO., LTD., PERFECT VILLAGE ENTERTAINMENT HK LIMITED, DADI CENTURY (BEIJING) CO., LTD., MANGO ENTERTAINMENT, CHEERFUL LAND PICTURES CO., LTD., YOUKU PICTURES (HK) CO., LIMITED ALL RIGHTS RESERVED

最新作『ポリス・ストーリー/REBORN』でジャッキーが演じる国際捜査官リンの前に立ちはだかるのは、なんと人造人間たち。ある目的から娘のナンシーを拉致しようとします。果たして、リンは娘を守ることができるのでしょうか?

本作でも最大の見せ場となるのが、シドニー・オペラハウスの屋上での格闘戦。急角度な屋根を足場に、ロープ1本でぶら下がり、ジグザグにそびえる屋根の谷間を飛び移ります。香港での公開時には63歳を迎えていたジャッキーですが、そのアクションは迫力満点。ぜひ、その雄姿を映画のスクリーンで見届けてください!

(文/デッキー@H14)