歌手の平井堅が30日、都内で行われたフジテレビ系10月期ドラマ「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~」(10月11日スタート、毎週木曜夜10時~)制作発表会にサプライズ登場し、役者陣を驚かせた。この日は、佐々木蔵之介、中山美穂、ジャニーズWESTの藤井流星、黒木瞳も出席した。

 弘兼憲史の人気漫画「黄昏流星群」の第1集「不惑の星」をベースに、人生の折り返し地点を通り過ぎた男女の運命の恋、その恋を取り巻く大人たちの人間模様を描いた本作。佐々木は主人公のエリート銀行員・完治、中山は妻・真璃子、藤井は婚約者の母である真璃子に惹かれていく弁護士・春輝、黒木は完治が恋に落ちる栞を演じる。

 主題歌を担当する平井が現れると、キャスト一同はびっくり。そんな中、平井は「黒木瞳さんとは某音楽番組で司会をされているときにチラッとお会いして、お三方は初めましてです」と関係を紹介。しかし、佐々木は「服屋さんで一度お会いしています」と告白。「本当ですか?」と驚く平井に、佐々木は「あぁ、(服を)選んでいらっしゃるな……」と遠目に見ていたことを明かして、会場の笑いを誘った。

 主題歌のラブバラード「half of me」については、「10年ほど前に作った曲で、ライブでは歌っていたけど発表はしていなかった」とのこと。また、脚本を読んだ際に「登場人物の誰もが心に空白があって、それを埋めようともがいている感じ」が楽曲にぴったりだと思ったことからプロデューサーに提出したところ、気に入られたという。

 佐々木は本楽曲を聴いたときに「一気にその世界に浸って、平井さんの声がしみわたって、あぁ、ありがたいなぁ」と思ったことを回顧。さらに、心の穴を埋めてくれる感じもあったそうで、撮影中に励みになったことを伝えると、平井は「うれしいです。微力ですがドラマを盛り立てられたら」と感激していた。(取材:錦怜那)

「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~」は10月11日フジテレビ系にてスタート(毎週木曜10時~、初回15分拡大)