山崎賢人主演で原泰久の大ヒットコミック「キングダム」を実写映画化する作品に吉沢亮、長澤まさみ、橋本環奈、本郷奏多、満島真之介、高嶋政宏、要潤、大沢たかおといったキャストたちが集結している。メガホンを取ったのは『GANTZ』『BLEACH』などの佐藤信介監督。今年4月に中国でクランクインし、国内でのロケ・スタジオ撮影などを終え、現在はCG作業などが来年4月19日の公開に向けて行われている。

 9日に都内で実施された製作報告会見に出席した山崎は、「天下の大将軍」としてその名を中国全土に響かせることを目指す主人公・信に共感する部分がたくさんあったと明かした。「信は戦争孤児で奴隷ですが、とにかく上にいきたいという気持ちを持って生きています。(僕も)過酷で辛いことがあっても乗り切れるという気持ちで(信を)演じました」とし、すでに終了した中国での撮影について「中国のセット、スケールがすごいです」と自信をのぞかせた。

 会見に参加した出演者たちはそれぞれの次のようにコメントしていた。

 <秦国の若き王・エイ政役の吉沢亮>もともと原作の大ファンでした。スタッフ、キャストと一つになって、全身全霊で撮影できたことはとても幸せでした。

 <信、政と行動をともにする河了貂役の橋本環奈>(オファーを受けた当初は)実写化はできないのではと思いましたが、今は「壮大な歴史的絵巻」になったと思っています。そうそうたるキャストの迫力ある役とはちょっと違ったマスコット的要素があって、衣装も重たい“みの”をしょってちょこちょこと歩いていて、違った雰囲気が出せるんじゃないかなと思います。

 <山の民の美しき王・楊端和役の長澤まさみ>今回は絶対的な強さを持つ王様という役でした。本格的なアクションをやるのは初めてだったので不安もあったのですが(主役の山崎ら共演者の)頑張り、本気の姿にいい影響をもらい、いま出せる力を出せたのかなと思っています。

 <政の異母弟・成キョウ役の本郷奏多>このようなすごく大きな作品に関わることができてすごく嬉しいです。(成キョウは)自分の部下や家臣を人間とも思っていないほど見下しているエゴイスティックな王族の役でした。まぁその辺の考え方は僕自身と似ているなと思いながら挑ませていただきました(笑)。

 <秦の六大将軍・王騎役の大沢たかお>(王騎は)見た目がほとんど人間じゃなくてどう演じるか不安でしたが、佐藤監督をはじめスタッフ、びっくりするほど素敵でチャーミングな情熱に満ちたキャストたちと仕事ができたことで、できる限りのことはやれたと思います。ファンの期待にも応えられる作品になっていると確信しています。

 原作は2006年より連載され、51巻まで刊行されている単行本は累計発行部数3,600万部を超えている人気作。古代中国の春秋戦国時代の秦国を舞台に、戦争孤児の少年・信が、後の始皇帝となる政と運命の出会いを果たし「天下の大将軍」という夢を胸に戦場に繰り出してゆく物語。(山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式表記)(取材:錦怜那、海江田宗)